« FLATOUT | トップページ | 117クーペ »

2005年8月17日 (水)

サバンナRX-7

初代RX-7(SA22C)が発売された時のときめきは忘れられない。次のFC3S、ポール・フールのドライビングと解説がとてもマッチしていました。そして「ときめきのデザイン」のFC3Sへと続きます。そしてRX-7が製造中止となって3年、次期RX-7の話が絶えないのは復活に現実性が高いからだろう。きっと、NCロードスターのシャーシーをモディファイして登場するのだと思う。

写真はオートスポーツ1979年2月1日号の表紙。その表紙のクルマは、その年の2月に開催されるデイトナ24時間レースに出場するRX-7です。誌面ではRX-7のテストの模様がリポートされていました。

A_Img_3944 1/43のゼッケン7、77のRX-7。7号車のサインは寺田陽次郎さん。後にMAZDAとボンネット、ルーフ、トランクとボディ全体にデザインされたRX-7がデイトナ24時間レースを走りました。その理由は、「デイトナのバンクを走るRX-7が一目で分かるように」だそうです。

A_Img_3948 一番右端が最初のトミカのRX-7。真ん中の2台は、トミカとネコパプリッシングのコラボレーションで生まれたもの。最初のトミカとスポンサーのステッカーなど微妙に異なっています。

|

« FLATOUT | トップページ | 117クーペ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/5518858

この記事へのトラックバック一覧です: サバンナRX-7:

» SA22C型RX-7 [ARA!@hobby’s blog]
何気に立ち寄った模型屋さんで、私のハートをガッチリ掴むモノ発見! そのモノとは・ [続きを読む]

受信: 2005年8月20日 (土) 17時32分

« FLATOUT | トップページ | 117クーペ »