« 黒山健一/BETA MOTOR | トップページ | ユーノス ロードスター Jリミテッド »

2006年1月 9日 (月)

コンレロ アルファ・ロメオ1150スポルト ルマン/スタンゲリーニ1100S(1960 ConreroAlfa-Romeo1150Sport LeMans/1946 Stangurllini 1100S)

ミッレミレアに数多く出場していた小型のスポーツレーシングカーは、バルケッタ/シロールに分類され活躍していました。主なメーカーは「OSCA」、「Straguellini」、「Cisitalia」、「SIATA」、「Moretti」、「Conrero」、「Bandini」、「ERMINI」、「SIGHINOLFI」、「Gilco」などがあります。先日N氏から頂いた写真にコンレロとスタンゲリーニがありましたので 紹介致します。

PB2700611 右側が、コンレロ アルファロメオ1150スポルト ルマン。実際のルマンでは、1960年のジュリエッタ用の1300ccエンジンのボアを縮小し110HP/7000rpmの出力、車重580Kg、最高速度171Kmをマーク、ミケロッティのデザインで車両はCORNAが製作しました。

フィアットがトリノで自動車の生産を開始した時から、モデナでフィアットの代理店を開いたのがスタンゲリーニ。1930年年代からフィアットを使ってレース活動を行なっていました。この左側の車両は、スタンゲリーニ1100Sportです。ファイアットの量産サルーンのバリッラエンジンを使用しています。

この写真は、関東在住のN氏から掲載許可を頂いて掲載しています。

|

« 黒山健一/BETA MOTOR | トップページ | ユーノス ロードスター Jリミテッド »

コメント

この辺りはサイズも形も好ましくて良いですね。
この美的感覚は過去の歴史あればこそでしょう、日本では到底真似出来ない。

で、今調査頂いている車ですが、先日トヨタ博物館の学芸員の方にも聞いてみたのですが、判らないとの事。おそらく戦後車ベースのカスタムであろうとの事なのですが(以下の車です)
http://blog.so-net.ne.jp/987/2005-05-31

投稿: gop | 2006年1月10日 (火) 06時53分

おおお、コンレロ・アルファ!! (喜)
この辺の古いのとかアバルトあるいはジネッタも含めて、チビ車に心を魅かれるのはどうしてなんでしょうね? (笑)

投稿: 117おやじ | 2006年1月10日 (火) 10時05分

>gopさん

私も、芸術の歴史の違いと思います。真似も出来ず、重みも違う。これが文化の違いなんでしょうね。

石油産油国は、ピニンファリーナに一品物を製作依頼しますので凄い国です。ただ今、別ルートにて確認を致しております。


>117おやじさん

それは、公道を走ることが出来る競技車両に憧れた世代だからだと思います。ミッレ・ミリア、タルガ・フローリオ、マン島TTを走るクルマにね。

という私は、サーキットという道を選ばす、オフロードで車もバイクも競技車両に乗っているわけです(笑)。

投稿: イノウエ | 2006年1月10日 (火) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/8073644

この記事へのトラックバック一覧です: コンレロ アルファ・ロメオ1150スポルト ルマン/スタンゲリーニ1100S(1960 ConreroAlfa-Romeo1150Sport LeMans/1946 Stangurllini 1100S):

« 黒山健一/BETA MOTOR | トップページ | ユーノス ロードスター Jリミテッド »