« C2 コルベット スティングレイ | トップページ | 黒山健一/BETA MOTOR »

2006年1月 7日 (土)

ランチア・アウレリア B20S/Lancia Aurelia B20S

ランチア・アウレリア、天才的と評されるヴィットリオ・ヤーノが手がけたモデル。1950年代のヨーロピアン・スポーツカーを象徴する丸みを帯びたラインが特徴です。

PB2700561 室内にロールゲージを備えたヒストリックカーラリー仕様のアウレリアB20S。この車両は1955年式のシリーズ4「2500GT」の左ハンドル。アメリカへの輸出から、このモデルから左ハンドル車が設定された。

S:sinistar イタリア語で左を意味する。                       

                                          

この写真は、関東在住のN氏から掲載許可を頂いて掲載しています。

|

« C2 コルベット スティングレイ | トップページ | 黒山健一/BETA MOTOR »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/8049753

この記事へのトラックバック一覧です: ランチア・アウレリア B20S/Lancia Aurelia B20S:

« C2 コルベット スティングレイ | トップページ | 黒山健一/BETA MOTOR »