« 首都圏は雪/ミシュラン X-ICEの出番です(2) | トップページ | 鈴鹿1000km/1981 »

2006年1月27日 (金)

首都圏は雪/ミシュラン X-ICEの出番です(3)

117おやじさんが「スタッドレスについて」と書いて下さっているので是非読んで頂きたい。先ほど読んでいて、気づいたことは「自動車専門誌は、スタッドレスのタイアテストとして「雪」、「アイスバーン」のテストしか報告していないこと。

専門誌を非難するつもりは全くないが、「雪上」以外でスタッドレス使ったらどのようになるのか、是非伝えて頂きたいと思う。スタッドレスは万能タイアではないのだから。

1_Img_8584 スタッドレスは万能タイアではありません、雪がなくなったら「夏タイア」に履き替えましょう!安全のために。

日本でPL法が実施される前はオールシーズンタイアが市販されていたが、最近は全然見かけなくなった。しかし、ヨーロッパにいる友からは、冬はオールシーズンタイアが主流と聞く。この違いは何なのでしょうか。PL法に対する考えたの違いかな。

|

« 首都圏は雪/ミシュラン X-ICEの出番です(2) | トップページ | 鈴鹿1000km/1981 »

コメント

以前Michelin MXVのサイドウォールに「+S」の表記があるのを発見して感心した事があります。(最近のは未確認ですが、国産タイヤで表記されている場合も多かったと思います..)
この場合の「S」は「Snow」の意であり多少の圧雪路程度なら走れますよと言う意味だったと理解してますが、今カタログを確認してもそのような説明は一切無いですね。やはりヘタに表記して過信され事故につながる事を恐れたPL法対策なんでしょうか?

投稿: 117おやじ | 2006年1月28日 (土) 11時35分

>「雪上」以外でスタッドレス使ったらどのようになるのか、是非伝えて頂きたいと思う。

以前もお話ししたことがあるかも知れませんが、殆どの専門誌が夏タイヤと「遜色ない」か、「ドライグリップ性能の向上を求めたい」の、いずれかの記述になるんですよね。
イノウエさんもご存じの某誌の長期テスト記事でもうんざりするような記述がまま見られました。
元々のスタートラインが違うモノを同じ基準で評価するのはいい加減止めて欲しいものです。

"+S" の件は、結局馴染みがあるか否かの差ではないかと思っています。
確かに一般に売っていましたが、OEタイヤのリプレース用という位置づけではなかったかと。

あと、国内の積雪地では、スタッドレスす普及以前からオールシーズンはアテにされていなかったというのも大きな要因かと。

投稿: nan | 2006年1月28日 (土) 22時52分

nonさん始めまして。群馬の117おやじと申します。ちなみに生まれは海を渡った向こう側の津軽です。
+Sがリプレイスと言う件、初めて知りました。
この表記を久しぶりに気にしたのはサブのCD6アコードを購入した時の事です。この車種はアメリカ製のワゴンが大人気となりその標準タイヤがMXV4の+Sでした。私はセダンのSiRを購入したのですがそちらはヨコハマA200が標準であり、なんでミシュランじゃないのとゴネた記憶があります。(笑)
ところがよく見るとA200にも+Sの表記があり、ものの試しと思って思いっきり圧雪の峠道登りにチャレンジしてみたのですが、これがあっさりと登っちゃったんですよ。ドライ路面では結構なハイグリップタイヤだったんですけどね。
ふ〜む、やっぱ+Sだとそれなりの対策がしてあるのかなと感心したのですが、...違ってたみたいですね。すいません。(笑)

投稿: 117おやじ | 2006年1月29日 (日) 01時05分

>nonさん
>117おやじさん

某雑誌だけじゃないけども困ったものです。
JARIのサイトにスタッドレスは夏タイアに比べて30%停止距離が伸びるとリポートがありました。
各雑誌社はJARIにお世話になっているのだから、この情報は読者に伝えるべきですね。

http://www.jari.or.jp/ja/kohtsu/kohtsu04/kohtsu04-1.html

M+Sは見るのでずか「+S」って見たことないのですが・・・。

PL法以降、M+sの標記のタイアはスッドレスだけになったと思います。


投稿: イノウエ | 2006年1月29日 (日) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/8370796

この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏は雪/ミシュラン X-ICEの出番です(3):

« 首都圏は雪/ミシュラン X-ICEの出番です(2) | トップページ | 鈴鹿1000km/1981 »