« SpringMeet2006(6)/フェラーリ(3) | トップページ | SpringMeet2006(8)/ライレー・ブルックランズと小林彰太郎 »

2006年4月22日 (土)

SpringMeet2006(7)/フェラーリ(4)

ある条件が整っても買えないフェラーリがある。例えば、市販台数は28台とも29台とも言われているFXXがある。それは、フェラーリから選ばれし者しか買うことが出来ない、そんな世界もある。

0_img_0858手前から
・288GTO Evoluzione
・F40LM
・F50GT
・FXX

0_img_0829 288GTO Evoluzione:Gr.Bの消滅とともに活躍の場を失ったEvoluzione、6台生産されたと言われる(4台、5台とも言われ実態は謎に包まれている)。尚、この車輌をベースにF40が作られた。

0_img_0830 F40LM:IMSA、LeMANで戦うために20台生産されたと言われている。

0_img_0796 F50GT:GT1用に開発されたがレースには参戦していない。生産台数は5台と言われている。そのうち3台が市販され、日本にあるこの車輌以外の2台はブルネイ、アメリカにあると言われている。

0_img_0832 FXX:公道ではなくサーキットを走るオーナーのために29台生産された800馬力のモンスターマシン。

|

« SpringMeet2006(6)/フェラーリ(3) | トップページ | SpringMeet2006(8)/ライレー・ブルックランズと小林彰太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/9714002

この記事へのトラックバック一覧です: SpringMeet2006(7)/フェラーリ(4):

« SpringMeet2006(6)/フェラーリ(3) | トップページ | SpringMeet2006(8)/ライレー・ブルックランズと小林彰太郎 »