« 2006 ルマン/24 Heures du Mans (2) | トップページ | 2006 ルマン/24 Heures du Mans (4) »

2006年6月20日 (火)

2006 ルマン/24 Heures du Mans (3)

今年のルマンの見所は、アウディ対ペスカローロ、コルベット対アストンマーチンの戦い。予想通りトップ10は、この戦いとなった。

・アウディ対ペスカローロ
アウディはとにかく強かった。クリステンセン組が乗るNo.7がトラブルで出遅れてもピエロ組のNo.8がレースを終始リードし24時間のチェッカーを受けた。

プライベータのペスカローロが総合優勝を狙えるチャンス(来年からレギュレーションが変更となる)でもあり、ディーゼルの怪物アウディの唯一のライバルでもあった。
残念ながらペスカローロの夢は4周届かなかった。

・コルベット対アストンマーチン
コルベットC6-Rは昨年のルマン24時間レース以降、出場したGT1クラス全てで優勝している。その中にはセブリング、プチ・ルマンも含まれている。その戦いの最大のライバルはアストンマーチンであった。
中盤過ぎまでアストンマーチンがコルベットをリードしていた。その後の展開はとコルベットが優勢となり最後は5周の差をつけて圧勝した。

|

« 2006 ルマン/24 Heures du Mans (2) | トップページ | 2006 ルマン/24 Heures du Mans (4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/10596981

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 ルマン/24 Heures du Mans (3):

« 2006 ルマン/24 Heures du Mans (2) | トップページ | 2006 ルマン/24 Heures du Mans (4) »