« 機械馬(人馬一体) 2 | トップページ | 機械馬(人馬一体) 4 »

2006年6月 9日 (金)

機械馬(人馬一体) 3

機械馬(人馬一体) 2にある117おやじさんのコメントのように、ロードスターはある意味「魔性を持ったスポーツカー」ですね。これは当時の開発者のひとりである立花さんの「自分で触れるところは触れるように作ってある」という言葉に合致します。
NAロードスターの「曲がる」味付けは、バイクでサーキット、オフロードを走りこむ立花さんならではと思います。

0_img_3115_1 軽量ライトウエイトは、リアにトラクションが掛かりにくいです。私のNAロードスターの重量配分を車検証から見てみみると、車重:950Kg、フロント:500Kg、リア:450Kg 前後重量配分は53:47です。これにトルク配分、FRだから0:100となります。ロードスターの不安定と感じる部分は、この数字を見れば理解出来ます。

ところで、私はもう一台ファミリアGT-Rに乗っています。実は人馬一体は、ファミリアGT-Rの方が強く感じます。フルタイム4WD、WRCのホモロゲモデルだから比べることが不自然とは思いますが。
1_img_0119 車重:1210Kg、フロント:750Kg、リア:460Kg、前後重量配分62:38、フロントヘビーだが、前後トルク配分43:57という理想的な数値もあり、実際に走らせれば「人馬一体」ターマークもグラベルも不安感無しで走ることが出来ます。

さて、私のNAロードスター、パワステ、パワーウインド、センターコンソール無し、ということでフロントが若干軽くなっています。これで前後重量配分が50:50に近づいていると思います。

|

« 機械馬(人馬一体) 2 | トップページ | 機械馬(人馬一体) 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/10463992

この記事へのトラックバック一覧です: 機械馬(人馬一体) 3:

« 機械馬(人馬一体) 2 | トップページ | 機械馬(人馬一体) 4 »