« MOTOR SPORT JAPAN 2006(1) ポルシェ962C | トップページ | ベルギーからの知らせ/トライアル世界選手権ベルギー大会 »

2006年9月24日 (日)

MOTOR SPORT JAPAN 2006(2) マツダ787B

テーマ展示「ルマン24HR」。ある意味マツダがルマンの道を開いて、自分で閉じちゃった感もする。次の世代で頑張ったのは郷さん。と思うのは私だけでしょうか。
トヨタ、ニッサン、ホンダも頑張った、がしかし「マツダ」、「チーム郷」と比べると「執念」がほんの僅か不足していたのではないだろうか。

0_39631990年マツダ787、惨敗のルマン。ローターリーのラストラン・ルマンチャレンジも終焉を迎えたと誰しも思ったに違いない。
0_3966ところが、どっこい生きていた。1991年787Bとなってサルテサーキットに戻ってきた。
本当のラストランで「優勝!」を勝ち取った。
TVに釘付けだった当時の夜のことを今でも鮮明に覚えています。

0_4156_13年前に見た55車と違って「化粧直し」してとても綺麗になっています。
もう走らないという噂は本当なのだろう、実車をみて確信しました。
優勝マシンじゃなくても良いから、数台あるレプリカ(当時の予備パーツで作ったものなど)の一台を走らせて欲しいと思うのは筆者だけじゃないだろう。

0_39611995年、3台体制でルマンに挑んだNSXです。
このマシンは、
高橋国光
土屋圭一
飯田章
の3名ドライバーで総合8位GT2クラス優勝しています。

0_3968_11986年ニッサンがルマンにGr.Cカー(R85V)を初めて持ち込みました 。
2台投入し1台は16位完走というリザルトを残しています。

|

« MOTOR SPORT JAPAN 2006(1) ポルシェ962C | トップページ | ベルギーからの知らせ/トライアル世界選手権ベルギー大会 »

コメント

以前、展示会でのヒトコマです。
後ろは縦野ドライバーです。
こちらのディーラーにエンジンレスの車が展示してあります。

http://album.nikon-image.com/nk/NK_ImageAlbum.asp?id=732745&key=107174&un=21638

投稿: ハッピーリバー | 2006年9月24日 (日) 05時29分

ハッピーリバーさん

レプリカが3台あると聞いているのですが、そのうちの一台があるのですね。
一台はルマンの博物館にあります。
(今年の春、友達が撮影して帰って来ました)
あとは、展示用に巡回(定着)しているようです。

部品が無くなって来たから走らないようですね。

ホンダは凄いですね、無い部品は作り、展示はマグネシュウム、走るのはアルミと区別、動態確認は必ず実施と。

6月にもてぎのレストアルーム見学させて頂いたので凄さが分かります。

投稿: イノウエ | 2006年9月24日 (日) 22時52分

787Bの現在の状態は知りませんが、2、3年前、筑波サーキットのイベントで走ってましたよ?
ロータリー特有の音でした。

投稿: とおりすがりのkeith | 2006年11月 4日 (土) 16時48分

情報ありがとうございます。
767Bは関東圏ではよく走っているのですが
787B、最近の日本では富士で2度走っているぐらいと思います。
どちらも行けなかっとたのでとても残念です。

投稿: イノウエ | 2006年11月 5日 (日) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/12010123

この記事へのトラックバック一覧です: MOTOR SPORT JAPAN 2006(2) マツダ787B:

« MOTOR SPORT JAPAN 2006(1) ポルシェ962C | トップページ | ベルギーからの知らせ/トライアル世界選手権ベルギー大会 »