« まつどクラシックカーフェスティバル 二日目 | トップページ | まつどクラシックカーフェスティバル / MG A 1600 »

2006年10月 9日 (月)

まつどクラシックカーフェスティバル / メルセデス・ベンツ300SL

0_4491メルセデス・ベンツ300SL。スポーツカーデザインのターニングポイントとも言える一台、設計したのはルドルフ・ウーレンハウト。

0_4185特徴あるガルウイング・ドア。
(この車両は1955年式)

0_4306自動車世界初のガソリン直噴エンジン。
直列6気筒SOHC
2996cc
215ps/5800rpm(DIN)
28.0kgm/4600rpm
最高速度260km/h

00_043451 運転席、タイトですが操作性はとても良いです。

0_4349ヴィトンの純正トランクです。

0_4177ガラス製ウォツシャタンクです。

|

« まつどクラシックカーフェスティバル 二日目 | トップページ | まつどクラシックカーフェスティバル / MG A 1600 »

コメント

ガソリンの直噴エンジンは、航空機で実用化された技術だそうです。
車のエンジンでは、後になってだそうです。
航空機では、高度が上がると空気が希薄になり、かつ気温が低下します。
過給する事で、地上並みの濃度に上げるのと、過給時に生じる発熱で、キャブレーターで気化するより、シリンダーに直接入れた方が、効率が良かったようです。
ディスク・ブレーキの技術も、航空機からの転用です。

投稿: ハッピーリバー | 2006年10月 9日 (月) 22時20分

ありがとうござます。
内燃機関、ブレーキ、空力など飛行機が先ですね。
ご存知とは思いますが、GDI発表後ベンツに世界初ではないと注意がありましたね。

投稿: イノウエ | 2006年10月 9日 (月) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/12215366

この記事へのトラックバック一覧です: まつどクラシックカーフェスティバル / メルセデス・ベンツ300SL:

« まつどクラシックカーフェスティバル 二日目 | トップページ | まつどクラシックカーフェスティバル / MG A 1600 »