« 相沢邦広・写真画展 (2) | トップページ | シアタ / SIATA »

2006年11月 5日 (日)

イタリアの虫

戦後のイタリアで数々の小型レーシングスポーツが誕生、親愛の情をこめて「イタリアの虫」とも呼ばれています。
この虫はレースでの活躍を夢見るクルマ好きが入手しやすいフィアツト製コンポーネントを流用しながら製作したもの。
ワンオフモデル製作メーカーからある程度の規模で製作するメーカーまでバラエティに富んでいました。

0_mushi  

 

 

 

そのメーカーの一例は
オスカーOSCA  
スタンゲリーニ Stanguellini
チシタリアCisitalia
モレッティMoretti
コンレロConrero
バンディーニBandini
エルミーニErmini
シギノルフィSighinolfi
ジルコGilco
シアタSiata
ジャウルGiaur
ロンバルトLombardo
です。

0_la_festa_mille_miglia_2006_151

ミッレミリアの主役は優勝することが宿命のアルファロメオ、ランチア、マセラッティ、フェラーリなど。
では、イタリアの虫は主役なれないのか。
ミッレミリアのリザルト見ると主役は小型レーシングスポーツの「イタリアの虫」だということが分かります。

「イタリアの虫」は、フィアットの先行モデルであったり、ポルシェ博士の設計事務所、ピニン・ファリーナが関わったりと半端じゃないのです。もちろんのことカルロス・アバルトも登場します。

|

« 相沢邦広・写真画展 (2) | トップページ | シアタ / SIATA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/12559924

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの虫:

« 相沢邦広・写真画展 (2) | トップページ | シアタ / SIATA »