« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

変貌する街 / 東京・丸の内

今年一年間ありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。

丸の内の変化を撮り始めて三年。
東京駅の建て替えが終わるまで続けたいと思っています。

さて、新丸ビルが姿を見せました。
24時間工事なので出来上がりが驚くほど早いです。
日々変化する丸の内、2006年12月をご覧下さい。

0_6039   

0_6057   

0_6060_1  

0_6082  

0_6064    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

富士山 / Mt.fuji

風がとても強いので富士山が見えそうだ!
いつもトライアルバイクで散歩している河川敷の「あの場所」なら
ロードスターと富士山が一緒に撮れる。
と行ったものの、駐車場の横からは車は入れないよう柵がありました。

失敗です、いつもバイクなので気づかなかった・・・
いい場所なのになぁ・・。

0_6137ということで、川から随分と離れてしまいました。

0_6127この場所は、堤防から内側へ3本目の堤防。水害からの被害を防ぐ人間の知恵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

東京・丸の内で見たイタリア車

CAR GRAPHICの表紙が丸の内となって久しい。
今月は、ここなんだ!と一人納得しています。

年末なので、ビジネス街にも珍しい車も訪れる、ローダウンな車2台を目撃しました。

Image1_1 アルファロメオ155
やや後方のリア・ウイング、特徴あるフロント・エアダムスカート。

0_6093フェラーリF50
シルバーのF50、先日は濃紺の612 Scagliettiを目撃しましたが目立たないです。

  


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

スカイライン スポーツ / SKYLINE SPORT

ミケロッティのスカイライン。
数年前、虎ノ門にあるK氏のオフィスを訪問したとき、先客がいらっしゃった。
「まだ、前のミーティングが終わってないんだ」と思っていたら「入っておいで」と・・・
通されると先客は「内田盾男」さん・・・色々と貴重なお話を伺いとても勉強になりました。
さて、なぜスカイライン スポーツで内田さんなのか。
答えは簡単です、内田さんは65年にミケロッティに入社されたデザイナーだったからです。(後にチーフ・デザイナーから副社長に)
その内田さんがスカイライン スポーツについて寄稿されているのが、2007年2月号のCAR GRAPHICです。カロッツェリアからみたスカイライン スポーツとても興味深いです。是非お読み下さい。

0_p1010034 スカイライン・スポーツ・コンバーテイブル

0_p1010031

    

0_6117内田盾男さんのミケロッティに関する寄稿です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月27日 (水)

フェラーリ250LM / Ferrari 250LM

フェラーリ250LM。
フェラーリがル・マン24時間レースで最後に勝ったのがクルマです。
CAR GRAPHIC 2007年2月号の
SPORTSCAR PROFILE SERIESⅢに
フェラーリ250LMのことが書かれています。
0_250lm_1アバルト美術館に展示されていた250LM。

250lm_eV型12気筒エンジン
3.3Lなので250ではなく275と呼ばれるべきなのだがそこには色々と理由があったようです。

0_6037スポーツカープロファイルⅢの始まりです。 

  

  

  

  

photo : CG CLUB FORUM ORIGINAL CD ROM

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年12月26日 (火)

アルファ ロメオ 1750 グランスポルト / ALFA ROMEO 6C 1750 GRAN SPORT (2)

11月2日の手記に「この1750GSはミッレミレアでヌボォラーリが優勝したマシンであろう」と書いています。http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2006/11/_1750_1__174c.html

現在、発売中の2007年2月号CAR GRAPHICに、そのことは事実であり、1750GSのことが詳細に書かれていました。

0_6034_1    

0_6035_1     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

マツダ CX-7 / MAZDA CX-7

CX-7。
SUVの新しいジャンルを切り開くマツダの提案。
1時間強の試乗してきました。狭い道、急な上り坂、アップダウンのワインディング・・・

0_5900首都圏、実は丘であり、それなりに密かに楽しむ道は多い。そんな道(点)を結んで走りました。
1時間の試乗時間があれば、クルマとの会話も出来るのです。

0_5902全幅1870mm。
この幅を感じさせず、とても運転が楽しいクルマです。
マツダがスポーツという意味が理解できます。
ハリアー、ムラーノにない走りがあります。
235/60 18というオールシーズンタイヤを履いていますが、市街地用に性格を振っているため特に問題はありません。
ブレーキは初期制動、タッチも良いです。
低速から効いてくるターボ、排気量不足をターボで補完しています。

0_5906アイシン製の6ATとのマッチングも良いですが、お薦めはアクティブ・マチックというシーケンシャルのマニュアルモード。押してシフトダウン、引いてシフトアップ。バイク乗りの筆者にとっては違和感無しに(シフトミスしない)操作できるので楽しみ倍増です。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

Wish ~Merry X’mas for you~

星が降る夜には願いをかけよう
この世で一番 素直なMerry X'mas for you
ほほえみも 涙も両手に集めて
あなたと二人で叶える夢を見よう
(露崎春女 Wish (TKCA-71252 TOKUMA JAPAN 1997))

0_5968TY-175

EUNOS ROADSTER
J-LIMITED

0_59291997年から私のクリスマス・ソングの定番、
露崎春女「Wish」。

2001年から「Lyrico」として活躍されています。

1996年だったかな、新幹線の指定席、隣が露崎春女さん。
そのとき、モバイルで使っていたレッツ・ノート・ミニにサインして頂きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

東京国際フォーラム / クリスマス・イルミネーション

東京国際フォーラムのクリスマス・イルミネーション。
今年はミレナリオが開催されないため、「HARMONIA(ハルモニア)06-07」が2007年が開催されています。

0_5872    

0_5864     

0_5865       

0_5869      

0_5882       

0_5879    

0_5890       

0_5895    

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

トヨタ2000GT / TOYOTA2000GT

コールドのトヨタ2000GTは、生産台数が4台と希少な車です。
(この車両は、その希少なコールドに塗り替えたものです)
オリジナルのゴールドモデルは、静岡のヤマハ本社にあります。

0_002_036生産台数337台
近年、ヤマハ製ということが問題無く語られるようになった。
ある意味、いい時代となりました。
photo:murakami

0_2000gt_1知人の2000GTを自分の車のように乗る筆者。
当時、S30Zと乗り比べる機会があり、2000GTの方が乗りやすかったのを覚えています。

  

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

いすゞ フローリアン / FLORIAN

1966年東京モーターショーに「117スポーツ」、「117セダン」としてプロトタイプが登場、
117スポーツは「117クーペ」、117セダンは「フローリアン」として市販された。
デザインを担当したのはカロッツェリア・ギアで、117クーペとフローリアンは兄弟です。

0_128_3061968年の広告は「1970年代の安全設計車」であり、
1600cc・6人乗り・84馬力、ワイド設計というコピーも同時にあった。

  

  

  

photo:murakami

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

ベレット タイプB / BELLETT Type-B

1963年に誕生したベレットは、スポーティ路線でGT、GT-Rを生み出しモータースポーツで活躍していた。
ところが1966年に、一部のモデルでスポーティ路線が変更された。それは4輪独立懸架のサスペンションを固定車軸方式に変更し、スポーティな足回りがマイルド(一般的)な仕様に変わったことである。
(言いかえれば「普通の車」になった)

タイプBは、足回りの変更だけでなく、ホイールベースが30mm延長され直進安定性の向上をはかった。
また、デザインに関して、フロント周りは異形の2灯式ヘッドライトを採用し、リアも周りもデザインを一新した。

0_121_285ファミリカーとしての利用を考えるとコストの掛かった鋭い切れ味の足回りは必要なかったということ。

 

 

 

photo:murakami

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

ベレットGT / BELLETT GT

日本で最初のGTを名乗った、通称「ベレG」、そしてハンドメイド117クーペの1.6DOHCを搭載したGT-R。
ベレットの詳し情報は、栃木いすゞ
http://www.tochigi-isuzu.co.jp/tokusyu/beret/beret.htm
のサイトをご覧ください。

0_122_2871600GT(初期型)

0_123_289 1600GT

0_125_293_1 1600GT-R

0_124_291GT-Rと言えば
このツートンカラー

 

 

 

 

photo:murakami

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

ルノー5ターボ / RENAULT 5 TURBO

WRCで勝つことを目的に1978年に登場したサンクス・ターボ、生産はアルピーヌが担当した。

0_5738FFのルノー5の
1.4L OHVエンジンにターボを追加
そのエンジンをリア・シートの位置に押し込んだモンスター・マシン。

0_5739このターボⅠは、 ルーフ、ドア、テールゲートをアルミに変更。
サスペンションは前後ダブルウィッシュボーン。

 

83年には、アルミを再びスチールに戻し生産性の向上を図りターボⅡとし、WRCのレギュレーションがGr.4からGr.Bに変わったため85年に再びホモロゲモデルをデビューさせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

アルピーヌ V6 / Alpine V6

A310の後継モデルとして1985年に登場したV6 GT / V6ターボ、モデル末期には内装を上質に仕上げたミッレ・ミリア、前後ブリスター・フェンダーのル・マンも登場した。尚、A610となるのは1991年から。

00_5737デザイン
ボディ      :ウーリェ
インテリア:ガンディーニ

0_5743   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

JR名古屋駅 / イルミネーション

JR名古屋駅のイルミネーション、今年は「ベア」がいっぱいです。

0_5752   

0_5755    

0_5757      

0_5795      

0_5803       

0_5804      

   0_5805

    

0_5823    

0_5782      

    

0_5774         

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

さいたま新都心 / イルミネーション

さいたま新都心。
さいたまスーパーアリーナ、ジヨ・レノン・ミュージアムが有名ですが、
この時期「けやきひろば」のイルミネーションがとても綺麗です。
写真は、「けやきのひろば」ではなく駅のコンコースです。

0_5299   

0_5310    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

東京・銀座 / イルミネーション

東京・銀座、他の街に比べるとイルミネーションが少ないです。
夜も明るい街だからイルミネーションが間違いな雰囲気もある。

0_5695MIKIMOTO

0_5683 OHJI HALL横

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

東京・丸の内 / イルミネーション (2)

東京・丸の内のイルミネーション、
メインストリートである丸の内仲通り、丸の内オアゾ、東京ビル、パシフィックセンチュリープレイスなどにイルミネーションの灯りが灯っています。

0_5607文部科学省前

0_5661日本工業倶楽部前

0_5666東銀ビル前

0_5668丸の内オアゾ

0_5583 東京ビル前

0_5547パシフィックセンチュリープレイス前

0_5564_1    

0_5560_1国際フォーラムを望む

0_5679東京駅(オアゾ前)紅葉シーン

    

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

東京・丸の内 / イルミネーション (1)

東京駅の立替で東京ミレナリオは一時中断です。
今年の丸の内に光のアーケードはありませんが幻想的なイルミネーションとなっています。

0_5601    

0_5596   

0_5603       

0_5645        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

WRC グループA (2)

何でもありだった黎明期のグループA、
レース用マシンをターマック・ラリーに持ち込んできたメーカーもありました。
(写真とラリー車は異なります)
0_m3BMW M3

0_alfa75 alfaromeo75 turbo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

WRC グループA 

WRCがグループB全盛期の頃のグループAはFF、FR、4WD、レーシングマシンなど「何でもあり」、とてもバラエティに富んでいました。
その状況は、2リッター4WDターボの戦国時代に突入する1980年後半まで続きました。

0_unoFIAT UNOのグループA車両です。
photo:inoue

0_142_335AlfaRomeoGTV6もラリーに参戦していました。
photo:murakami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

クループA MAZDA323 / ファミリア4WD

ファミリアがWRCに初参戦したのは、一世を風靡した「赤いファミリア」のターボモデル。
その後、グループAにターボ、フルタイム4WDを持ち込んだマツダ。そして1.6リッターながらWRCで優勝を遂げている。

0_5350BMFRのMAZDA323、ファミリア4WDターボ。
ナンバーから想定すると、新車から乗り続けられているとても綺麗な車両です。

0_5344ホイールもラリーコンペティションを履いている。
 

 

 

クループBからグループAにトップカテゴリー変わった87年のWRC、4WDターボで参戦したのはランチア・デルタと323だけだった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 8日 (金)

マツダ スピード アクセラ / MAZDA SPEED AXELA

0_5311_1受注生産のFF、264馬力のホット・ハッチ、マツダ スピード アクセラ。
ホット・ハッチのFRで腕を磨く時代が終わって久しい。FRのホット・ハッチは復活して欲しいジャンルだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 7日 (木)

いつかはクラウン

ゼロ・クラウンとなって「いつかはクラウン」は無くなった。
ターゲット顧客の年齢が下げられ、ある意味「走り」に振った仕様が受け入れられた。V35スカイラインとなり、行き場を見失ったスカイラインユーザーもゼロ・クラウンに走った。トヨタが正常進化したスカイラインをクラウンで実現したことも大きいと思う。
これが実現できたのはセルシオなどクラウンより上級のグレードが生まれたからであろう。
KP61で腕を磨いても「いつかはクラウン」では物足りない時代は去り、やっと時代が「いつかはクラウン」に追いついた。残念なことは腕を磨く小型FRが無くなったことだ。

0_040_111三代目クラウン。
「白いクラウン」としてオーナーカーの道を歩み始めた。
1968年にバリエーションに加わった2ドア・ハードトップ。

0_041_113四代目クラウン。
車名(姓)が「トヨペット」から「トヨタ」に変わった。
71年には排気量が2600ccまで拡大され3ナンバーとなった。

 

 

Photo:murakami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

次期 ニッサン(Skyline)GT-R / 動画

次期、スカイラインGT-R。色々なメディアでスクープされています。

0_5769姿は前回の東京モーターショーでお披露目しているので、見せても良いと判断した(?)ニッサンは今年最後のテストを行った。

 

その走行シーンが海外のWebサイトに掲載されています。
大きな音が出ますので再生時は注意して下さい。

http://www.worldcarfans.com/videos.cfm/country/jcf/videoID/4061205.001/nissan/spy-video-nissan-gt-r

市販される時は、前後の細かなディテールは変更されていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

カルマン・ギアと356

VWカルマン・ギアとポルシェ356が兄弟車であることはあまり知られてはいません。
小金井では、主催者の演出(?)でカルマン・ギア、356の順番でパレードが行われました。

0_131_310こうして並ぶと似ていますね。
カルマンは、356B、914の生産も担当していました。

 

 

現在のカルマンは、オープンカーのスペシャリストして有名です。
アウディA4カブリオレ、ベンツCLKカブリオレ、ルノー・メガーヌCC、ニッサン・マイクラC+Cなどの生産をしています。

photo:murakami

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 4日 (月)

ニッサン パトロール 消防車

このニッサン パトロールの消防車は特別な車です。

0_145_418_1CG DAYに展示して、「様々なメディアに登場するきっかけになったと」、とても喜んで下さいました。
タモリ倶楽部の時は面白かったです。まさか消防服の着替えがあるとは思っていなかったので。
素敵な笑顔は帰ってきませんが、しっかりとクルマが笑顔を振りまいています。
わかっていたこととは言え、喪中の葉書が届き悔しいです。

photo:murakami



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

SuperGT / GT300 RX-7

0_4734RE雨宮 RX-7がGT参戦12年目でチャンピオンを獲得しました、おめどうございます。
苦節12年、今年は相手が純粋レーシングカーであったり、メーカーチームであったりと苦しい戦いの中勝ち取ったチャンピオンです。

今年9月のロードスター4耐の時、2005年モデルのミニカーに雨宮さんのサインを頂きました。

00_rx7_1_12005モデルRX-7
(2005.9 ロードスター4耐にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

MAKE A WISH / 岡小百合

0_1123_022_1岡小百合さんのコラム、今週は11月23日に富士スピードウェイで開催されたMAKE A WISHのことを書かれています。ぜひお読み下さい。

http://www.neostreet.co.jp/oka_sayuri/p119/p119.htm

photo;murakami


CG CLUBメンバーの報告

1sugiさん:http://1sugi.cocolog-nifty.com/toybox/2006/11/mtfuji_charity__febd.html
komimaniさん:http://kominami.way-nifty.com/motoring/2006/11/mtfuji_charity__ac4c.html

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

1981 鈴鹿1000kmレース

1981年の鈴鹿1000km、AUTO SPORTから日本の名レース100選の第19号として刊行されています。
このレースの注目は2台のポルシェ935に日本勢はRX-7・253、RX-7、トムスG5カローラ、シルビア、RX-3などが挑むこと。

0_5197写真は、25年前のもの
ゼッケン98 ケントレーシングRX-7
後ろのRX-3は、13Bエンジンを搭載した城南自動車RSサバンナ。

 

私が注目したのは日本初登場のケント・レーシングRX-7。マツダのエース片山義美さんは、アメリカ製RX-7を3位表彰台に導いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »