« ポルシェ博士とヒットラー -ハプスブルク家の遺産 | トップページ | ポルシェ博士の書籍 »

2007年2月16日 (金)

エミッション / CO2(二酸化炭素)排出量

地球温暖化が重要テーマ、その答えの一つとしてTSIエンジンを提案したのがフォルクス・ワーゲン。
Golf GT TSI、のガソリンエンジンはCO2削減に寄与している。
このことは、「EU(欧州連合)は2012年までに1995年比でCO2を35%削減する」ことを義務付けたとと無縁ではないと思う。

0_7555ヨーロッパの、排気ガス規制はCO2削減に重点が置かれており、CO2削減に有利なディーゼルエンジンの開発が進んでいる。(昨年のルマンはアウディのディーゼルが優勝、今年はプジョーもディーゼルで参戦予定)

日本はというと、アメリカと同じ「NOX(窒素酸化物)」と「PM(粒子状物質)」に重点を置いている。このため日本政府のCO2義務付け値はEUの値を上回っている(日本:1キロ当たり138グラム、EU:1キロあたり130グラム)。 

今回Golf GT TSIを試乗した後、仕様の確認で一番に目が行ったところが「CO2削減」。
ホンダは独自でディーゼル・エンジンの開発の目処を付けたとリリースがあったが、トヨタ、ニッサンは提携に走っている。
50年排気ガス規制のときTTC、NAPSなど触媒で場を繋ぎ燃費、走りが最悪のエンジンであったことを思いだす。
言い方が適切ではないが、独自でエンジンをもたないトヨタ(ヤマハのツイカム、いすゞのディーゼル、富士重の電気)、リーディングカンパニーなのだから是非とも自社開発をして欲しいと思う。

将来はハイブリッドではなく、水素に移行する(貯蔵か内燃かは別として)、
個人的には、バラードの燃料電池方式より、BMW、マツダが推進している水素燃料の内燃機関がディファクト・スタンダードになることを期待している。
ドイツでは国策で水素ステーションが建設されるとのこと、それを支援するのがフランスの某メーカー。
EUはひとつになっている、この動きで分かる。

最後に、Golf GT TSIのような取組みを日本メーカーに是非やって欲しいと思う。

|

« ポルシェ博士とヒットラー -ハプスブルク家の遺産 | トップページ | ポルシェ博士の書籍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/13888402

この記事へのトラックバック一覧です: エミッション / CO2(二酸化炭素)排出量:

» プジョー1007ってカワイイ���♪ [興味津々]
昨年プジョーから発売された1007という車がありますが、実はこれ、私、発売前からとっても気になってたんですよね。理由は『ビジュアルがカワイイから』という単純な理由なんですけど(^-^ [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 22時59分

« ポルシェ博士とヒットラー -ハプスブルク家の遺産 | トップページ | ポルシェ博士の書籍 »