« ポルシェ博士の書籍 | トップページ | Austro Daimler ’Sascha’ 1922 »

2007年2月18日 (日)

Cisitalia Grand Prix Race Car 1947-49

シチタリアGPの設計料をフェルディナント・ポルシェ博士の身代金に当てフランスから保釈された。
設計はフェリー・ポルシェ、カーラ・ベーラ、フルシュカ(後にアルファロメオ役員、アルファスッドの設計者)などが担当した。

Engine:Water-cooled,12-cylinder,supercharged.
          Boxer engine DOHC 1493cc
Output:385hp/10,600rpm
Length:3,990mm
Wheelbase:2,600mm
Weight:718kg
Top Speed:approx.300km/h

0_10022_cgpフェルディナント・ポルシェ博士が1936年に設計したアウトユニオンPワーゲン タイプ22の流れをくむシチタリアGP。また、4WDシステムは、キューベルワーゲンでの経験が生きている。

|

« ポルシェ博士の書籍 | トップページ | Austro Daimler ’Sascha’ 1922 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/13948346

この記事へのトラックバック一覧です: Cisitalia Grand Prix Race Car 1947-49:

« ポルシェ博士の書籍 | トップページ | Austro Daimler ’Sascha’ 1922 »