« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

NAVI 2007年6月号

0_9657今月号のNAVIの表紙はポルシェ930ターボ、いつもお世話なっているH氏の愛車です。
青空駐車で普通に乗っている、日々下駄のように使われているスーパーカー。
9万キロを越えてもすこぶる元気、調子が良い、さすがドイツのクルマ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

フェラーリと鉄瓶 / 奥山清行

0_9664ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビューの寄稿の原本がこの本と思います。
この書籍は、アメリカ、ドイツ、イタリアの実像があり、ブランドの基本的な考え方があります。もちろん、カロッツェリアとメーカーの関係、そこから日本人が学べることについて触れられていて、とても興味深い一冊です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

ダイヤモンド ハーバード・ビジネス・レビュー / 奥山清行

0_9661ダイヤモンド ハーバード・ビジネス・レビュー 2007年5月号にケン・オクヤマ・デザインCEO奥山清行さんが、社員力の論点という特集に「製造現場のクリエイティブ・クラス」を寄稿されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

Solo Alfa sei / 奥山清行がスパイダーを語る

0_9623別冊CG Solo Alfa seiが発刊されました。
0_9626なんといっても奥山清行さんが語る「歴代アルファ スパイダー」。
その時代のピニンファリーナの出来事を交えながら書かれていますので是非、お読み下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

TEAM JLOC / LP500Sサイン

Lp500s先日、ランボルギーニ関連のイベントで、チームJLOC 則竹代表兼監督、山西選手、余郷選手、栗原選手のサインを頂きました。
また、ひとつ宝物が増えました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

Gr.A DR30スカイライン (2)

0_93071986年のGr.Aは、スカイライン、スタリオン、BMW635、ベンツ190 2.3-16、AE82/AE86カローラ、ボルボ240、シビックなどが戦うレース。シリーズチャンピオンは鈴木亜久里が獲得。
写真は、高橋/和田組のアドバン・スカイライン。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年4月24日 (火)

Gr.A DR30スカイライン (1)

0_9299モンスターマシンのGr.5 DR30スカイラインは、1985年にGr.Aの車両に入れ替わる。今度はFJ20のエンジンを搭載したレースマシンとなり馬力は300となった。
この車両は、長谷見/舘組トミカ スカイライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

1982/8/8 スカイライン シルエット 

0_9277長谷見選手が1982年8月に富士のレースで優勝を記念してプリンス店で配布されたトミカです。
子供のおもちゃとなっていたので色が剥げて下地が出ていますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

次原隆二 / スカイラインGT-R

0_9282次原隆二さんのサイン入りのハコスカGT-R。

次原さんは「よろしくメカドック」の作者、現在はコミックパンチに「レストアガレージ251」を連載中です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

枚方・火事

0_9163今週は、大阪・兵庫と所用で出かけており大半が車での移動でした。
18日には枚方で工場の火事に遭遇、写真は出火から45分ぐらい過ぎたころ。怪我人がいなかったそうで良かったです。
発泡スチロールの製造工場の火災なので黒煙凄かったです。訪問先が、比較的火事の現場の近くだったのですが、風向きが反対だったのは幸運でした。

大阪、朝の通勤時間帯にはフェラーリ365スパイダー、フェラーリ365と走っていました。きっと通勤車なのだろう。

また、珍しいところではマーチRを見ました。当時のナンバーのまま乗り続けられていました。OZのラリーレーシング、バケットシートといういでたちで。

千里中央付近では、ローダウンの仮ナンバーの180SXが走っていました。なんで仮のまま?NAのロードスターも多かったなぁ・・・といいながら平日なんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

新幹線の車窓から / 富士山

新幹線の車窓から、4月の富士山、場所による雲の変化が興味深い。

0_9218  

0_9211  

0_9203  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

VAN (IVY) 

昨日のシグマMC73にスポンサーとしてステッカーが貼られていた「VAN」。これはドライバーに生沢を起用したことが大きい。(VANの生沢支援は、第4回日本GPまで溯る)

VANジャッケトによるIVYファションは従兄から見て聞いていたが小学生の私に分かるすべもなく過ぎていく。
それを伝えた「平凡パンチ」とは縁もなく、後に渡辺靖彰さんが編者長であったことを知ったのは「週刊ザ・モーター」を読み始めてからであった。
そして、私自身がIVYファションが理解出来てきたのは中学生であり、実際にそのIVYファションを見に付けたのは高校生になってからであった。しかし、IVY一辺倒はなく70年のシェプロンMAZDAの「リーバイス」の影響を受け、「ビッグジョン」を履いていた。

普段お世話なっているIVYの方に当時物の財布とメタルステッカーの話をすると、貴重なものだとか。
やっと掲載です MR.Hさん。

0_9112財布とステッカーです。

0_9107財布のVANを少し拡大。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007年4月18日 (水)

シグマMC73 / MAZDA

シグマMC73、本当はマークⅡのR8型SOHCターボ(1971富士1000kmに出場)かセリカの2TG型DOHCターボ(1973年富士1000km優勝)が搭載されてルマンに出場する計画だった。トヨタとの交渉が長引き(トヨタは信頼性が低いと難色を示す)タイムリミットからマツダ・ロータリーに決定した。
ここから、加藤真(元トヨタ自工第七技術部(トヨタ・ワークスチームの部門))とマツダオート東京の大橋孝至の長い長いルマンチャレンジが始まった。(現在、加藤真と大橋孝至は同じレーシングチームで活躍しています)

0_9084本当はリアウイングTOYOTAのロゴがある。

0_9090 ドライバーは、鮒子田寛、生沢徹。
加藤は、トヨタのエースであった鮒子田を乗せたかったが、エースであるがゆえに乗せられなかった。
その背景から、当初は高橋晴邦であった。ところがエンジンがマツダに変更となり、高橋にはトヨタとの契約で国産エンジンの車には乗れない事情もあり、最終的に加藤真の望んだ鮒子田寛となった。



| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月17日 (火)

シェブロンB16 / MAZDA

ルマンまであと二ヶ月、今年はアウディVSプジョーのディーゼル対決となるのかな。

0_9083_11970年、ルマンにローターリーが最初の一歩を踏み出した。
ベルギーのプライベートチームに、ワークスでドライサンプされた200馬力10A型ロータリーエンジンが貸与された。

0_90801970年当時、マツダはユーザー対して「ローターゼーション」という小冊子が配布していました。
その冊子に、このシェプロンB16が掲載されたことを今でも鮮明に覚えています。
このときの模様は映画「栄光のルマン」で一瞬だけ垣間見ることが出来ます。4時間でリタイアしたのに・・映画を編集した方に感謝しています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月16日 (月)

ハザードスイッチが壊れた

屋根無し駐車の影響なのか、紫外線を15年も浴びると樹脂ももろくなります。
0_9030BG5Sのハザードスイッチを押したあと、スイッチを戻してもハザートランプは点滅したまま。最悪です!スイッチが壊れた!バラシてみるとスイッチの下部が割れていました。写真はスイッチを外した状態です。
0_9039 スイッチの樹脂だけ買えると思ったらアッセン部品、部品代が2万円越え!あぁ最悪!中古部品を探すことにして、とりあえず応急処置です。
0_9040耐熱用タイラップをスイッチに巻き、その余りを収縮チューブに通してドライヤーで熱を加え縮ませて固定し完成です。これでリングを押すとハザードスイッチON、リングを引っ張ってOFF、完成です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

晴れた日には「スパイダー」

0_9048偶然にも新旧のアルファ・スパイダーとNAロードスターがひとつのファインダーに入りました。某所駐車場なので他の車両もありこのアングルです。

手前はエンリコ・フミヤ(ピニンファリーナ)のスパイダー、向こうは最新のピニンファリーナのスパイダーです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

BMWイセッタ

0_8978このBMWイセッタを見たのは今年3回目です。
走りはとてもユニーク、昔々瀬戸内海で見たカブトガニのような動きでもあります。

後輪が2輪イセッタはアメリカ経由の車両とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月13日 (金)

晴れた日には「ロードスター」

先日、都内のある大型店舗に出かけた時のこと、たまたま偶然に3台のロードスターが一つのファインダーに収まりました。
私がクルマを停めたときは、もっとクルマが居たのですが、一瞬だけ回りの車がいなくて、撮影が終わると、また一杯となり、良いシャッターチャンスに恵まれました。

00_8963私のNAだけハードトップですが・・・。
右となりのオーナーは到着してから幌を閉じてました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

トヨタ パッソ / TOYOTA passo

加藤ローサ、ゼクシィのCMのインパクトが強かった、passoのCMも同様だ。
アムラックスでpassoを見ているのはお母さんと幼児。
実際に街でみるのは、もっともっと年齢層が高いご夫婦が多い。
クルマのダウンサイジングは進んでいるようだ。

0_7712  

0_7713    

0_7720     

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月11日 (水)

桜 / BG5S ファミリア (3)

このFFファミリアの行く末はどうなるのか。
15年10万キロ、もともと安いクルマではあるが愛着はある。
なんだか、乗り続けているような気がする。

0_8940全長×全幅×全高
4030×1690×1380mm
ホイールベース 2450mm
車両重量  1010kg

0_8926エンジン型式 B5
直列4気筒DOHC16バルブ
内径X行程78.0mm×78.4mm
排気量 1498cc
圧縮比 9.4
出力 120ps/6500rpm
トルク 13.5kg・m/5500rpm

0_8939_1 

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

桜 / BG5S ファミリア (2)

我が家にはロードスター(NA6CE)とGT-R(BG8Z)もあるが、一番家族に使われているのが普通のFFファミリア(BG5S)だ。GT-Rに並ぶと迫力には欠けるが、安心して走れる車であることには違いない。210馬力、4WDのGT-Rはラリーサスであり、ある意味一人乗り(妻と長女は乗りこごちが不満、但し自分が運手するときは別)。FFファミリアは普段の足車として優れおり、かつブレーキパッドだけはネオストリートに特注して「止まる」ことに安全性を向上させている。燃費も良い、ハッチバックのスタイルも良い。

この足車、ファミリアの1.5リッターDOHCは120馬力を搾り出し、1,010kgの車重を引っ張る。
1.6リッター120馬力、950kgのロードスターと数値だけ見れば大差はない。狭いワインディングはFFファミリアの方が速いこともまた事実だ(日本のラリーを見れば一目瞭然)。
5ZIGENマフラーを装着している我が家のFFファミリア、何より抜けの良いマフラーのお陰でノーマルフライホイールのままトップエンドまで一気に回る。
NB4の軽量フライホイール、マツダ・スピードマフラー、マキシムワークスのタコ足のロードスターより、気持ちよくエンジンが回ることは確かだ。

0_8960マツダがWRCに参戦するべくBG8Zを作り、その流れをくむBG5S。5ZIGENがBG5Sだけにマフラーを作ったことは実際に乗ってみると「ああ、なるほどね」と納得する。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年4月 9日 (月)

桜 / BG5S ファミリア (1)

我が家で一番活躍しているのが92年式ファミリア3Drハッチバック。BGファミリア、BG5Sのインタープレイというモデル。1992年当時のハードサス、1.5リッターDOHC、ズームズームって言葉はなかった時代の車ですが十分ズームズームしています。BG8Z ファミリアGT-Rの影に隠れてBlogに登場していませんでしたが。

0_8956走行距離27,780kmの車両を近所の中古車販売店で購入、現在107,790kmです。購入してから8万キロを走破しました。故障知らずで95,000km走行時にタイミングベルト交換、その時ウォーターポンプと周辺のガスケット、オイルパン・ガスケット交換したぐらい。
タイヤは、車を買ったときに、近所のタイヤショップで中古のエンケイの15インチホイールに8分山でついていた195/55のダンロップ ルマン701、次にブリジストン 195/50のグリッドⅡ、現在は昨年交換した195/50のプレイズ。10万キロ走行でタイヤ3セットを使うと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2007年4月 8日 (日)

洗車 せんしゃ センシャ

今週は雨降りが多く、朝から天気が良いので洗車です。
といいながら、使うのは超撥水のシャンプー&ワックスとホイールクリーナー、ガラスクリーナーのみ。
固形ワックスを使う頻度は激減しました。

_8933シュアラスターのシャンプー&ワックス、ガラスクリーナー
ホイール・クリーナーはホットリム(輸入発売元・スナップオン・ツールズ)
いずれも優れものです。ホイールクリーナーでホイールを洗ったあとはシャンプー&ワックスで再度洗います。これでブレーキダストが付きにくく、次の洗車で直ぐに落ちます。

0_8923ロードスターのエンジンルームも乾いたウエスで乾拭きです(時々フクピカでワックス掛)。
1991年式、NA6CEユーノス・ロードスターJリミテッド B6エンジン走行80,382km

0_8925ファミリア・ハッチバックのエンジンルームも乾いたウエスで乾拭きです(時々フクピカでワックス掛け)。
1992年式、BG5Sファミリア3Drハッチバック B5エンジン走行107,790km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

桜 / ロードスター (6)

このフェンス向こうは「東京外環自動車道路」の工事現場。
自動車専用道路が完成すると、この付近に数多くある桜はどうなるのか。残っていて欲しいと思うのは筆者だけではないだろう。 

0_8791   

0_8793   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

桜 / ロードスター (5)

「夜桜」、昼間と違った幻想的な「ももいろ」を演出する。

0_8734  

0_8737    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

桜 / ロードスター (4)

街が「ももいろ」に染まる。  

0_8710   

0_8727   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

桜 / ロードスター (3)

テニスコートの回りに咲く「さくら」  

0_8668  

0_8691   

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

桜 / ロードスター (2)

桜って撮影しやすいようで難しい。
とくに、桜の背後でロードスターを撮影する場合はとくに場所とタイミングが難しい。
 
0_8620  

0_8647   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

桜 / ロードスター (1)

今年は、桜の開花予想にミスもありましたが「桜・満開」です。
桜並木で日本の道百選に選ばれている道の近くでの撮影です。
この近郊には桜が多いので、今週は「街の桜」をお届け致します。 

0_8600_1   

     

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 1日 (日)

フェアレディZ(S30) / 1972モンテカルロラリー(3)

0_8227モンテカルロ・ラリーで3位に入賞したのは、アルトーネン/トッド組。
ボディにはカタカナで表示されています。

0_8563当時物のトミカとチョロQの3位入賞のS30Z。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »