« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

YAMAHA YZR-M1(OWP4) / 2005

マシンの質量集中化が開発のテーマで、エンジンのコンパクト化、燃料タンクの低重心化を実施。
エンジンのカム駆動はチェーンからギアに変更するなど部品点数の削減によりロス馬力低減を達成している。

0_0264YZM-M1(OWP4)
V・ロッシはシリーズ17戦中11勝を上げチャンピオンを獲得。
ヤマハは、個人、チーム、マニファクチャラーズタイトルの3冠を達成した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

YAMAHA YZR-M1(OWP3) / 2004

この年のエンジンから等間隔爆発から不等間隔爆発となった。不等間隔爆発になったことにより、走行中のトルク変動が最小限に抑え、アクセル操作に対してリニアな応答性を持つトラクション特性を達成した。
(位相同爆という2st500cc時代の技術を発展させたものと思われる)

0_0262YZR-M1(OWP3)
V・ロッシがシリーズ9勝をあげチャンピオンを獲得

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月29日 (火)

YAMAHA YZR-M1(OWN3) / 2003

YZR-M1(OWN3)は、通常のアクセル操作によるスロットルバルブ作動に加えて、運転状況に応じて4気筒中の2気筒のスロットルバルブの開閉をEUC経由のサーボモーターでアジャストするセミ・フライバイ・ワイヤーシステムを搭載していた。

0_0260YZR-M1(OWN3)
シリーズランキングは
C・チェカ   7位
中野真矢 10位

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

YAMAHA YZR-M1(OWM1) / 2002

二輪のロードレースの最高峰クラスは、2002年に歴史的大革命が行なわれた。従来2stも4stも500cc以下とされていた規定されていたエンジンが、この年から4stのみ990ccまで引き上げられ、名称もGP500からもMotoGPと改称。2st500も参戦可能な暫定期間を過ぎて2004年から4st990cc以下となった。
尚、MotoGPは2007年から800cc以下に引き下げられ新しい時代に入った。

0_0258初代YZR-M1。
942ccでスタートしたエンジンもシリーズ後半には990ccとなる。
M・ビアッジが2度の優勝でシリーズランキンキング2位を獲得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

YAMAHA YZF750 (OW89) / 1987

鈴鹿8時間耐久ロードレースが開催されるようになって、今年で30回目の大会となりました。
何度か鈴鹿に足も運びましたが、毎年毎年熱いドラマがあります。

1987年の8耐は、ラスト5分前トップを走っていた高吉(ヨシムラスズキ)が転倒、2位を走っていたウイマー/マギー組のヤマハYZF750が優勝。ヤマハにとって8耐初優勝となる第10回の大会でした。

0_0192TECH21で通じるマシンYZF750。本来は平選手が乗る予定だったが、その前に開催されたGPで負傷して監督として参戦。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

ミニトレとXS-1 / ヤマハ コミュニケーションプラザ

ミニトレとXS1、自動二輪の免許を取得したとき気になったモデルです。結果的にJT60には乗りましたが、XS1には乗っていません。

0_0223展示されていたのはFT50。当時はJT60にFT50の小さいシートを付けるのがちょっとしたブームでした。
変わりだねは、イージーライダーの憧れからミニサイクルのハンドル、ダックスの後輪装着というアメリカンもありました。

0_0221憧れの一台XS1、
愛称は「ペケエス」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

極楽とんぼ / ヤマハ コミュニケーションプラザ

0_0178夏の風物詩、琵琶湖湖畔で毎年開催される「鳥人間コンテスト」
ヤマハチームも大活躍しています。
この機体は30周年記念で優勝したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

YZ450FM / ヤマハ コミュニケーションプラザ

0_0161 チャンピオン ステファン・エバーツのマシン。

0_0162「もう、誰もエバーツの記録を破るものは現れない」と言っても誰もが納得する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

ジョーダン・ヤマハ / ヤマハ コミュニケーションプラザ

0_01801992年ジョーダン・グランプリとジョイントしF1にー参戦。

0_0183_13.5L 70度V型12気筒DOHC 5バルブ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月22日 (火)

トヨタ2000GT / ヤマハ コミュニケーションプラザ

0_01771Fに展示されているのは、1967年の東京モーターショーで展示されたゴールドの2000GTの内の一台です。

0_0104    
 0_0102  

      

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月21日 (月)

ヤマハ コミュニケーションプラザ

0_0314ヤマハの創立40周年を記念して作られたヤマハ・ミュージアム。
技術の象徴であるトヨタ2000GTはゴールドに塗られ、グランド・ピアノと供に迎えてくれる。

0_0176_1   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

ランボルギーニ イオタ P0 / Lamborghini Diablo JOTA P0

0_9451ランボルギーニ ディアブロ イオタ、世界で3台という希少な車両です。
その走行シーンは、
「MVI_9505.AVI」をダウンロード
です。
大きな排気音です、音量に注意して下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

カウンタックQVX / COUNTACH QVX

0_9434ポルシェ956ボディから型を起こし、スパイスエンジニアリング製シャーシーにカウンタック5.7L V12が搭載されたのがQVXです。走行シーンは
「MVI_9448.AVI」をダウンロード
です。

0_9393 ローダーから降ろすにはフロントカウルを外す必要がありました。

0_9407 ランボルギーニV12エンジンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

ランボルギーニ トリプルA ガヤルド / GT300

0_9458GT選手権GT300クラスに参戦しているトリプルAガヤルドです。
走行シーンは
「MVI_9447.AVI」をダウンロード
 
 
エンジンの暖気は
「MVI_9444.AVI」をダウンロード
です。 
大きな排気音が出ます、ボリュームに注意して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

ランボルギーニ RG-1 / Lamborghini RG-1

0_94572006年ルマンを走ったムルシエラゴRG-1です。
走行シーンは
「MVI_9449.AVI」をダウンロード
です。
大きな排気音が出ます、ボリュームに注意して下さい。

0_9461エンジンの暖気中です。
「MVI_9441.AVI」をダウンロード
大きな排気音が出ます、ボリュームに注意して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

ランボルギーニの宝石箱 / Lamborghini LP400 & 25th

0_9573ランボルギーニの宝石箱、初めて見る3台です。

0_9591 0_9592

0_9585 0_9329
0_9333_2車体カバーの下には世界で唯一の一台があります。 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

小林香織 / Glow

0_1269小林香織さんのライブを聞いたのは2005年、
CG-TVのテーマソングを松任谷正隆さんとのジョイントライブでした。小林香織さんのお父さんは著名なカメラマン小林稔さん。
http://mk.motoring.jp/)

0_0098小林香織さんの最新アルバムはGlow、初版はDVDが付いています。
発売されたぱかりのCDを聞ながら、4月22日未明・濃霧という悪条件の伊豆スカイラインを、猛牛のいるサイスポへと向かっていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

Alfa GT Collezione

0_006975台だけの限定車、Alfa GT Collezinne。
0_0045ツートンカラーにコーディネートされたレザーシート。
0_0042 ボディカラーとインテリアカラーをコーディネイト、この感性はイタリアです。
0_0059インテークバーもCollezione専用です。

 

 

 

アルファGTを検討されている方ならお買い得、コストパフォーマンスはとても良いです。
アルファロメオ松戸 http://www.alfaromeo-matsudo.jp/ にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

Alfa 159 Sportwagon

0_0077Alaf159にスポーツワゴンが登場、
大きさを感じさせず、とても乗りやすい。
試乗することをお薦め致します。

0_0082運転席から左後の視界。

0_0094ラゲッジスペース
5名乗車:445L
2名乗車:1235L
(後席を倒した場合)

 

 

試乗させて頂いたのは
アルファロメオ松戸 http://www.alfaromeo-matsudo.jp/ です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

ランボルギーニ カウンタック / Lamborghini Countach 25th

0_97111988年にランボルギーニ創立25周年を記念して販売された25th Anniversary。2年間で657台生産された。

0_9717 25th Anniversaryがカウンタックの最終モデル。

0_9709    

0_9713フェラーリ・テスタロッサに対抗すべく開発されたV12気筒DOHC4バルブ、5.2リッターエンジン。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

ランボルギーニ カウンタック / Lamborghini Countach

0_97031971年、マルチェロ・ガンディーニによるデザインで登場したランボルギーニ カウンタックLP400。生産台数は150台といわれている。

0_9691この車両は右ハンドル。

0_lp400_1ガルウイングはカウンタックの特徴。

0_9694LPとは
Longitudinale
Posteriore
の略称
縦置きV12気筒エンジンを搭載。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

OLD / NOW CAR FESTIVAL : ランボルギーニ

0_9693ランボルギーニLP400のエンジンです。
大きな排気音が出ます、音量に注意して下さい。
スポーツ走行(動画 3.19MB)
「MVI_9773.AVI」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

OLD / NOW CAR FESTIVAL : ロータス

0_0505_031ロータス・ヨーロッパ、運転席から見る世界は思ったより見やすい。
最終コーナーを駆け抜けるヨーロッパ(動画 9.75MB)
大きな排気音が出ます、音量に注意して下さい。
「MVI_9808.AVI」をダウンロード

0_0505_465筑波を62secで駆け抜けるカーボンボディのエリーゼ。(動画 6.01MB)
大きな排気音が出ます、音量に注意して下さい。
「MVI_9811.AVI」をダウンロード

photo:murakami
animation:inoue

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

OLD / NOW CAR FESTIVAL : フェラーリ

0_9749フェラーリはカップカーを中心にスポーツ走行とCUPレースが行なわれていました。
大きな排気音が出ます、音量に注意して下さい。
スポーツ走行(動画 14.8MB)
「MVI_9776.AVI」をダウンロード

0_9820大きな排気音が出ます、音量に注意して下さい。
CUPレース、優勝は59秒台(動画 5.20MB)
「MVI_9814.AVI」をダウンロード

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

OLD / NOW CAR FESTIVAL : トヨタ2000GT

0_9770オープニング・ラップのトヨタ2000GT

0_9765 オープンカーのトヨタ2000GT

大きな排気音が出ます、音量に注意して下さい。
最終コーナーへ進入するトヨタ2000GT(動画 2.77MB)
「MVI_9771.AVI」をダウンロード

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年5月 6日 (日)

OLD / NOW CAR FESTIVAL : カルマンギア

5月5日こどもの日、筑波サーキットで恒例となっているOLD NOW CAR FESTIVALが、約29度、真夏のような暑さの中開催されました。
0_9746_1今年のヒストリックカーにはカルマンギアが登場しました。

   

 

 

大きな排気音が出ます、音量に注意して下さい。
ストレートを駆け抜けるカルマンギア(動画 1.57MB)
「MVI_9751.AVI」をダウンロード

第一コーナーに進入するヒストリックカー(動画 11.6MB)
「MVI_9752.AVI」をダウンロード

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

みどりの日 / 温故知新

0_9689みどりの日、「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐぐむ」。
信号待ちでふり返るとそこには優しい太陽があった。

0_9687ビールのモニュメントに映る暖かい太陽の光。

0_9686その前に通り過ぎた三信ビルは、取り壊しのため塀がついてしまった。昔のことをじっくりと調べれば、新しいことを知ることが出来る、残念なこと。
昭和5年からの歴史を閉じてしまっていいのだろうか。オフィスビルとしての効率と文化遺産どちらを優先するのか、再開発地域は難しい課題を抱えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

プレイドライブ 8月号で休刊予定

0_9679ラリー、ダートトライアル、ジカーナを中心としたモータースポーツ専門誌プレイドライブが今年の8月号をもって休刊するらしい。
昭和43年創刊、私も随分とお世話になりました。
それにしても休刊は残念だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

マーチR / 競技車両

先日見たマーチRはOZラリーを履いた街乗り(?)だったが、今回見たのはラリー車です。
当時、スーパーチャジャーとターボチャジャーのダブルチャージを搭載し、市販されたのはランチアS4とマーチだけでした。

0_9668生産年:1988-1991
930cc×過給係数1.7
Bクラス(1.6リッタークラス)

0_9670スーパーチャジャーとターボチャージャーのダブルチャージ。

0_9669ラリーパーツはニスモで装備はオーテックジャパンが担当していた。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年5月 2日 (水)

Racing on / ル・マンで結実したマツダの苦闘

0_9659_1マツダのル・マン チャレンジを記録した一冊、永久保存版です。
もちろんのこと、RX-01のことも記載されています。
NGK、ダンロップ、レナウンからも寄稿があります。
ル・マンの台所を預かった脇さんも登場しています。
デザイナーの由良さん、宮坂さん、ストラウドさんも登場しています。
まだまだ沢山の縁の下の力持ちの方々が沢山登場しています。

そうそう、忘れてはならないアメリカでの歴史もちゃんと書かれています。
過去だけではありません、現在のアメリカ・マツダのモータースポーツ、そして今年のアメリカン ルマン マシンも登場しています。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年5月 1日 (火)

CG 2007年6月号

0_9663CG 45thの特別付録第3弾「TEST DATA」、私のPCが自動車データベースに変身しました。
本当にいいの?貴重なデータをデジタルで。個人として大切に使わせて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »