« トライアル世界選手権 日本GP 第一日 | トップページ | エンジン・チューニングショップ »

2007年6月 3日 (日)

トライアル世界選手権 日本GP 第二日

初日のセクションが変更されなかったため接戦が予想され、その通りの展開で1ラップ目は進行する。
ボウ、ラガ、藤波、カベスタニーは1ミスが1位か4位かという状況を生んでいた。
しかし、2ラップ目に入るとトップ2のボウ、ラガの一騎打ちとなる。一騎打ちを征したのはラガ。今年初優勝!
3位争いは藤波が勝ち取る。5-7位争いは1点差の戦いとなり、ファハルド、黒山、ランプキン。
9位、小川友幸、11位、渋谷、12位、野崎、15位、小川毅士。

0_446早ければ3年後には頭角を現すユース、ジュニアの選手。
一握りの天才は世界を転戦し経験を積む。

0_0625 

|

« トライアル世界選手権 日本GP 第一日 | トップページ | エンジン・チューニングショップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/15306507

この記事へのトラックバック一覧です: トライアル世界選手権 日本GP 第二日:

« トライアル世界選手権 日本GP 第一日 | トップページ | エンジン・チューニングショップ »