« JEEP WILLYS M38A1 : ジープの機能美展(5) | トップページ | LAND ROVER : ジープの機能美展(7) »

2007年8月25日 (土)

JEEP WILLYS M38 : ジープの機能美展(6)

0_img_1704JEEP
WILLYS M38(1951)

0_img_1694当時のナンバーで現役で走っている。
走るためにNOxとPM法に適合している。
1951年製のJEEP、オーナーの方の執念が感じられます。

0_img_1695

0_img_1665      

|

« JEEP WILLYS M38A1 : ジープの機能美展(5) | トップページ | LAND ROVER : ジープの機能美展(7) »

コメント

クルマ本体ももちろんですがナンバーがまたすんばらしいっ! (感動もんでしょ)

アタクシ生まれて初めて運転した車が1960年前後製と思われるミツビシジープ(LHD)でしたから、このウィリスには全く違和感を感じないです。(笑)

......ヤバイヤバイ。(爆)

投稿: 117おやじ | 2007年8月26日 (日) 01時24分

117おやじさん

そう、このナンバーが凄いんです。

>>......ヤバイヤバイ。(爆)

遠慮なさらず・・・
伊豆にCCV来ますので、じっくりとご覧下さい。

投稿: イノウエ | 2007年8月26日 (日) 20時53分

これは三菱製ではありませんね。
ウィリスのジープです。ボンネットの左右の巻いた部分にプレス表示がある筈です。

三菱製の場合、フロントのマスクのラジエーター上部にスリーダイヤがあります。

しかし、ウィリス製は、ここにマークがありませんから
ラジエーター上部までスリットが縦長となっています。

投稿: ハッピーリバー | 2007年8月29日 (水) 22時33分

ハッピーリバーさん

はい、ウィリスのシープです。
それにしても、ジープは長寿命ですね。

投稿: イノウエ | 2007年8月30日 (木) 23時15分

はじめまして、この写真のジーブのオーナーです。
正真正銘のWILLYS M38です。ただ、ボンネットサイドには、「WILLYS」のプレス文字はありません。

この車は昭和30年代初頭の米軍の払い下げで、スペアタイヤは当時のままです。タイヤにも「1951」と入っています。
タイヤには、ライフル痕の穴が残っています。多分朝鮮半島を駆け巡ってきたのでしょうね。

写真にある消火器の製造年は昭和36年ですが、圧力計が生きているとすれば、まだ使える圧力に保たれています。

投稿: 1  ろ 0001 | 2007年9月 1日 (土) 20時42分

1 ろ 0001さん

「スペアタイヤ」や「消火器」が当時物だなぁと見ていました。
貴重な経歴を教えて下さりありがとうございました。

様々な現代の法改正をクリアして、とてもご苦労があったと思います。末永く大切にして下さい。


投稿: イノウエ | 2007年9月 1日 (土) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/16167575

この記事へのトラックバック一覧です: JEEP WILLYS M38 : ジープの機能美展(6):

« JEEP WILLYS M38A1 : ジープの機能美展(5) | トップページ | LAND ROVER : ジープの機能美展(7) »