« 駐車場で気になった一台(5) : シープの機能美展(14) | トップページ | JR高岡駅 »

2007年9月 3日 (月)

マツダ 3th DEMIO / デミオは優れもの

0_img_1961新型デミオ、実際にはそんなに小さくはなっていない。しかしながら、重量のマイナスが100Kgというのが凄い。RX-7、ロードスターで培った軽量化というノウハウが継承されいてる。車が軽くなると、ハンドリングも乗り心地もブレーキもすべてが良い方向に向く。

0_img_1963試乗すると、サスペンションがちゃんと仕事していのが分かります。ロール量はあるほうだが、しなやかでストロークが長く奥でちゃんと踏ん張っている。新世代のZOOM ZOOMか、新しいサスペンション設計が完成しているように思う。少し軽いと感じる電動アシストのパワーステアリングも、速度に応じて適切に重さが増す、他車に比べてもよい出来と思う。

ディーラーでの車の試乗、3度以上行なうことをお薦めします。出来ればディーラーの指定コースではなく色々な路面があるところ。セールスマンに依頼すればOKとなると思います。普段の道でも良く見ればワインディング、急坂の登り下り、荒れたアスファルト、コンクリート路面、短い時間でも試すところは一杯あります。

最初の試乗は、気持ちが舞い上がっていますから得てして冷静に判断しにくいものです。
また、ディーラーに乗って行った車の感性が体に残っているのも厄介な問題です。
試乗車から下りて冷静になり、もう一回に乗ると最初に乗った時とは違ったものが見えてきます。
三度目になると、自分に合っているかどうかも分かってきます。

普段、硬い足回りに慣れている方にとってデミオの足は最初頼りなく感じます。事実、M2 1001のコイル、ガスショックの足回りのロードスター、ラリーサスのファミリアGT-Rに乗っている筆者は感性をリセットする必要があります。
また、パワーステアリングのないNAロードスターにも乗っている筆者は、電動アシストのパワーステアリングに慣れる必要があります。
ディーラーという限られた環境で冷静に車を見るためには、20分位試乗して、一度車を降りてセールスマンと雑談をして再び乗ると本当の意味で車が見えてきます。そして、1~2週間して試乗すると違和感なく、その車に乗ることが出来、冷静に判断出来ると思います。忘れがちですがバック、車庫入れも必ず確かめることも必要です。
20分×3回の60分、試乗して「走る・止まる・曲がる」を確かめましょう。車を知ることが極めて重要です。

今度のデミオ、下火となっている小型ハッチバックの起爆剤となるかも知れない。いちどデミオを試乗されることをお薦めします。

|

« 駐車場で気になった一台(5) : シープの機能美展(14) | トップページ | JR高岡駅 »

コメント

我が家は初代・2代目を乗り継いできてますが、新型が雑誌で見掛けた時「格好は良くなったんだろうけど、荷物は載せ難そう」と言ってました。ただ「軽くなって燃費も向上したのは良いね」と言う感じもして、デミオの魅力が一長一短した印象ですね。
今年車検ですが、このまま2代目を継続でしょうが。

投稿: ’80XE PA96E | 2007年9月 5日 (水) 07時48分

’80XE PA96E さん

2代目デミオの分身、ベリーサがありますよ。

私の場合、BG5Sファミリアからの乗換えは「有り」と思っています。

一度、3thデミオ、ご覧下さい。
先日は、長野・上田で駅までお迎えの3thデミオ見ました。なかなかカッコよかったです。

投稿: イノウエ | 2007年9月 6日 (木) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/16310985

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ 3th DEMIO / デミオは優れもの:

« 駐車場で気になった一台(5) : シープの機能美展(14) | トップページ | JR高岡駅 »