« アルファロメオ8Cコンペティツィオーネ / Alfa Romeo 8C Competizione | トップページ | フェラーリ60周年 / Ferrari 60th »

2007年10月29日 (月)

フェラーリ430スクーデリア / Ferrari 430 Scuderia

ミハエル・シューマッハが開発に参画した430スクーデリア。
430クーペより200kg軽量化1,250kgとなったボディに、27馬力アップの510馬力 V8 4.3リッターエンジンを搭載している。

0_img_4701   

|

« アルファロメオ8Cコンペティツィオーネ / Alfa Romeo 8C Competizione | トップページ | フェラーリ60周年 / Ferrari 60th »

コメント

モーターショー、今日行って来ました。
段々地味になって行く様に思えるのは私だけでしょうか。
どうもワクワク感に乏しい様な...これも時代ですかねぇ。

話しは変わりまして、
明日の「ガイアの夜明け」はこんなテーマで、
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview071030.html
私のPC担当さんも出演される様です。

投稿: gop | 2007年10月29日 (月) 21時09分

gopさん

今年はGT-Rが無かったらもっと寂しいショーになっていたと思います。
トヨタはGT-Rを避けてIS-Fを先に出しましたからね。

エコが付いた年のモーターショーはいつも寂しいショーなんですよ、変な日本です。


主治医も登場されるのですか、嬉しいですね。

投稿: イノウエ | 2007年10月30日 (火) 00時41分

このブルーのフェラーリ、
ちょっと好みです。
(写真、いただいてもいいでしょうか(^.^))

シューマッハは
F1のフェラーリでもよく見かけますね。

投稿: shion | 2007年10月30日 (火) 06時10分

shion さん

ありがとうございます。
私の写真でよろれば使って下さい。

投稿: イノウエ | 2007年10月31日 (水) 00時04分

ありがとうございます♪
フェラーリのブルーもいいですね。

GTRは、昨日「ガイアの夜明け」
にて開発シーンを見ました。
ポルシェに勝つ車に仕上がったとか。

投稿: shion | 2007年10月31日 (水) 07時23分

shion さん

目標は高い方が良い。
ドライバーは鈴木さんでしたね。
水野さんと一緒にレースを戦った方です。

ポルシェの凄いところは2WDでのタイム、GT2で最速となりました。
このサイト
http://www.fastestlaps.com/track2.html

投稿: イノウエ | 2007年11月 1日 (木) 01時15分

やっぱりポルシェは凄いんですね!
いつまでも目標とされる
車を作ってほしいです。

今度、写真をいただいたお礼も兼ねて
訪問先のブログとして紹介したいと
思ってます。
(お礼となっているかどうかは不明ですが(笑))

投稿: shion | 2007年11月 2日 (金) 05時35分

リンクとブルーのアルバムに掲載して下さり有難うございます。
あのフェラーリのブルー、とても綺麗な色でしたよ。

投稿: イノウエ | 2007年11月 4日 (日) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/16893530

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ430スクーデリア / Ferrari 430 Scuderia:

» フェラーリの新車「フェラーリ599GTBフィオラノ(599 GTB Fiorano)」が韓国に初上陸 [自動車にまつわるエトセトラ]
韓国のソウルで6日、フェラーリ(Ferrari)の新車「フェラーリ599GTBフィオラノ(599 GTB Fiorano)」が発表されました。韓国でのフェラーリ599GTBフィオラノ公開は今回が初めてです。 フェラーリ599GTBフィオラノは、5999ccの12シリンダーエンジンを搭載し、3.7秒で停止状態から時速100キロまで加速できるスーパーカー。韓国での価格は、4億3000万ウォン(約5400万円)となっています。フェラーリ599GTBフィオラノのデザインには、かつてピ...... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 10時49分

« アルファロメオ8Cコンペティツィオーネ / Alfa Romeo 8C Competizione | トップページ | フェラーリ60周年 / Ferrari 60th »