« 屋根の上のクルマ(4):千葉・松戸 | トップページ | フライングフェザー / Flying Feather »

2008年3月 8日 (土)

いすゞ アッソ デイ フィオーレ / ピアッツァ

アッソ デイ フィオーレとピアッツァ 似て非なるモデル。
ショーモデルと市販モデルの違いは、ノーズの長さとフロントマスク、フロントとリアウインドの傾斜の違いなど。
アッソの時、凄く欲しいと思ったのは事実、ピアッツァになって意欲が少し下がりました。3ナンバーになることが嫌だったのがどうかは定かではありません。3ナンバーとなっても限りなくショーモデルに近いデザインで市販して欲しかった一台です。

0_img_177_00アッソ デイ フィオーレ

0_img_177_01_2ピアッツァ 

 

 

  

 

Photo : murakami / inoue

|

« 屋根の上のクルマ(4):千葉・松戸 | トップページ | フライングフェザー / Flying Feather »

コメント

これはイノウエさんもご存知のCapotanoさんに解説頂いた方が宜しいかと思いますが(^^ 先ずピアッツアでは無くて、ピアッツァが正解です(笑)
http://www.sabitori.com/jreast/talks/disclosure.html
しかし、この車もプロトの方が奇麗ですよねぇ。

投稿: gop | 2008年3月 8日 (土) 08時39分

gopさん

タイトル訂正致しました。
奥が深いです(笑)

Capotanoさんの解説・・解説だけで、ひとつのサイトが出来ますね。

この車もプロトの方が綺麗です。「5ナンバーこだわらず、3ナンバーにすればデザインも崩れなかった」と思いました。

投稿: イノウエ | 2008年3月 8日 (土) 09時52分

なんかヘッドルーム(アタマの上の空間)が少なすぎると言う指摘を受けてのリデザインがあったようで、これって117でも同じ事やってるんですよね。
実際には両者ともヒップポイントにかなりの余裕があるのでそこを下げればグラスエリアの変更無しでイケたろうと思うんですけどねぇ...

投稿: 117おやじ | 2008年3月 8日 (土) 23時05分

117おやじさん

やはり日本の基準(とか感性)が、車をつまらなくさせるのですね。
だから、スーパーカーとレーシングカーを勘違して市販するメーカーも出てくるわけです。

投稿: イノウエ | 2008年3月 9日 (日) 00時13分

こちらに書くのは初めてかな。
イノウエさんご無沙汰しております。

まず、Asso di fioriはあくまでショーモデルであるという前提があります。
私はAsso di fioriに乗った事があるので、PIAZZAとの違いは自身で体感していますが、Asso di fioriの車内寸法は最小限のものであり、特にタンブルホームの傾斜がきついので、ショルダー部分のクリアランスが無く、圧迫感があります。
また後部座席は非常に狭く、PIAZZAの後部座席とは雲泥の差があります。
あのままの形で市販したら、実用性の点で苦情が溢れた事は想像に難くありません。
いすゞのデザイナーは、Assoは幾らカッコ良くても所詮ショーモデルであり、そのデザインを煮詰めて完成形にしたのがPIAZZAであるとおっしゃられていますが、深く同意する所です。

投稿: Capitano | 2008年3月14日 (金) 22時38分

> なんかヘッドルーム(アタマの上の空間)が少なすぎると言う指摘を受けてのリデザインがあったようで、

その様な事実はありません。

> これって117でも同じ事やってるんですよね。

ピアッツァのデザインの際には、最初から日本人の体格向上分を配慮し、117クーペに対し前席で20mm,後席で30mmものヘッドクリアランスの拡大が図られており、117クーペの様に試作車を作ってから問題に気づいて泥縄的に修正を行った訳ではありません。

> 実際には両者ともヒップポイントにかなりの余裕があるのでそこを下げればグラスエリアの変更無しでイケたろうと思うんですけどねぇ...

フロントガラスの傾斜角がプロトタイプと変更されたのは、元々の角度だとバルクヘッドがガラスの内側に来てしまい、エンジン脱着が非常に不便である事、室内にエンジンの熱気が篭る事、傾斜角の強いガラスを歪み無しに作るのが大変だった事等に拠るものであり、ヒップポイントの位置とは全く関係ありません。

投稿: Capitano | 2008年3月14日 (金) 22時53分

Capitano さん

大変ご無沙汰致しております。
 
>>Asso di fioriの車内寸法は最小限のものであり、特にタンブルホームの傾斜がきついので、ショルダー部分のクリアランスが無く、圧迫感があります。


タイトなスポーツカーなら、問答無用かも知れませんが、グランツーリスモという位置づけでは難しいですね。

>>また後部座席は非常に狭く、PIAZZAの後部座席とは雲泥の差があります。

ポルシェと同じでは、割り切れないですね。PIAZZAの後部座席は確かに広いです。

AssoがPIAZZAになった経緯、ありがとうございます。


投稿: イノウエ | 2008年3月15日 (土) 17時46分

前にピアッツァ乗っていたんですが、
真正面から見るとほんと小さく見えて
迫力無いんですよねぇ。

投稿: keithviper | 2008年3月16日 (日) 17時06分

keithviper さん

おっしゃる通り、正面から見ると小さく見えますね。
小さく見せる工夫をしているのだと思うのですが、考えすぎでしょうか。


投稿: イノウエ | 2008年3月16日 (日) 20時55分

小さく見せる工夫の他、ウェッジシェイプを引き立たせる為、ボンネットを低く見せる巧みなデザインが為されています。
デザインだけでなく、実際ラジエターのマウント位置はそれまでの車に比べて遥かに低い為、限られた開口部で十分な冷却効果を得る為にいすゞで初めてサイドフローのラジエターを採用したり、色々な新機軸が盛り込まれていますが。

投稿: Capitano | 2008年3月17日 (月) 22時24分

Capitano さん

やはり、そうなんですね。
美しいクーペを作るために、様々アイディア、デサインが盛り込まれているのですね。

ありがとうございます。

投稿: イノウエ | 2008年3月17日 (月) 22時42分

Capitano さん

空気抵抗は、前面投影面積に比例する。
前面投影面積を減らすには小さい車を作る。
小さく見せる目的は、これですね。

投稿: イノウエ | 2008年3月18日 (火) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/40418396

この記事へのトラックバック一覧です: いすゞ アッソ デイ フィオーレ / ピアッツァ:

« 屋根の上のクルマ(4):千葉・松戸 | トップページ | フライングフェザー / Flying Feather »