« MAZDA2 RALLY | トップページ | VOLVO 780 Bertone »

2008年3月 2日 (日)

いつかはクラウン / 新型クラウンの試乗

「いつかはクラウン」と言ったのは1983年の7代目。
今回の13代目は電子制御の塊。もう一度「いつかはクラウン」というコピーが通じる車だと思う。

GPS搭載で路面状況をロギングしてサスペンションセットするという。ドアノブに手を入れるだけでロックが解除される。燃費が逐次がメーターに表示される。前の車に近づけばドライバーへの警告と自動でブレーキを掛ける。後ろの車が近づけばハザートで警告する。車の姿勢が変われば自動でブレーキを掛けたり、出力を絞ってくれたり、自動でカウンターを与えてくれる。
「安心、安全」ってこれでいいのか、コンピュータとセンサーに頼っていいのか。車って五感と第六感を駆使しながら運転するものではないのか。

燃料噴射以外、コンピュータを積んでいない車に乗っている自分に自問自答すると、「こんな車はいらいない」という自分と「現実を認める」という自分がいる。

ロイヤルサールーンに乗られている方はロイヤルサルーンに、新しいお客様はアスリートを購入するという。
13代目クラウン、日本人に愛されている。今回のモデルの事前予約は前モデルより4000台多い1万台だという。これは凄いことだ。

0_img_2886_2レクサスGSより、クラウンの方が日本人にあっていると思う。

0_img_2884 ハイブリットになるとアナログメーターは全て消える。液晶メーターとなるからだ。

0_img_2885「フェンダーにマツダ入っているぞ」と感じたのは私だけであろうか。
実際は、12代目よりフェンダーがより膨らんだだけ。

|

« MAZDA2 RALLY | トップページ | VOLVO 780 Bertone »

コメント

マツダと言うよりSクラスですよね。
外観まで弄る必要性があるのか、毎回疑問。
このクルマのユーザーはメルセデスが頂点と思いつつ、
お家の事情でしかたなく乗られている方が、今でも
多いのでしょうか。
これがジャパンオリジナルとは正直ちょっと嫌ですね。

投稿: gop | 2008年3月 3日 (月) 12時39分

gopさん

Sクラス、そうなんです。が、実車を見るとフェンダーの処理がマツダぽいです。

ジャパンオリジナル、好き嫌いは別にして結果としてそうなっています。
おっしゃる層の方は、ロイヤルからロイヤルに乗り換えています。
新しい層、例えばスカイラインの延長線を望む方はアスリートを選択しています。

実際のところ、ゼロクラウンはスカイラインの正常進化と感じました。今回もそうです。サスは硬すぎず柔らかすぎずの今トレンドのサスとなっています。このあたりがトヨタの旨さと思います。

アスリートとスカイラインのことは2005年に記載しました。↓

http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2005/07/post_8119.html


投稿: イノウエ | 2008年3月 4日 (火) 00時21分

フロントフェンダーの造形、ゼロクラウンの雰囲気を残しながらうまくまとめてますね。

今回のデザインの見どころは、リアフェンダーとCピラーの造形です。まだ実物を見ていないので何とも言えませんが、トヨタデザインの懐の深さを感じさせます。

クラウンも中国での販売比率が急激に増えているらしいですね。スカイラインがインフィニティG35になってしまったように、クラウンの15代目あたりから中国市場優先のデザインテイストに変わるかもしれないです。


投稿: akira isida | 2008年3月 4日 (火) 03時49分

最近巷の「デザイン」評価はスタイリングだけでは無く、そのブランド自体の評価を重視する傾向にある様ですね(歴史とか、様は蘊蓄)その意味で「ゼロ」クラウンの思想は評価された様ですが、長く続ければジャパンオリジナルとは又おかしな話しで。このブランド、未だ続くのでしょうか。

投稿: gop | 2008年3月 4日 (火) 05時24分

さすがにgopさんは手厳しいご意見ですねぇ。
ま、私もクラウンと言う車を運転した事すらないですしこの先も全く縁が無さそうだからどうでもいい話ではあるのですが、ごくごく客観的に見るならばこれを持ってしてジャパンオリジナルであると言う(メーカーサイドの)意見には、...たぶん異を唱える人の方が圧倒的に少数派と言う事になるのでしょうねぇ。

#つまらん話だ。

今や世界で何番目みたいな大メーカーが着々とジドウシャの未来をつぶしに掛かってるような気がするのは私だけ?

投稿: 117おやじ | 2008年3月 4日 (火) 08時43分

ishidaさん

そろそろ、新型も街を走り始めるでしょうからご覧になれますね。
私も、Cピラーからリアフェンダーの造型はとても良いと思いました。

さて、中国市場 クラウン売れていますね。クラウンまでチャイニーズ・アイのヘッドライトになると困りますね。ますます怖い顔の車が増えますから。
中国といえば、カローラも本皮仕様なんですよね。とにかく皮が好きなお国柄のようです。

投稿: イノウエ | 2008年3月 5日 (水) 00時14分

gopさん

gopさんの危惧は続くと思います。

私は、そんなことより「怖い顔の車」をなんとかして欲しいです。あんなのが街に溢れちゃ困ります。

投稿: イノウエ | 2008年3月 5日 (水) 00時19分

117おやじさん

>>今や世界で何番目みたいな大メーカーが着々とジドウシャの未来をつぶしに掛かってるような気がするのは私だけ?

いいえ、ちょっと分かっている方は危惧されています。昨年のモーターショーの時、世話になっている某自動車メーカーの研究所の方と話す機会がありました。その方も「将来の自動車をとても心配されていました」。だからまだ未来もあるんじゃないかと思います。
でも、やっぱり不安です。
90年代後半から、クルマはセンサーやコンピュータの電気仕掛けとなり味わいがなくなりました。エクステリアデザインという観点でいうと「怖い顔」の車が我が物顔で街を走るようになりました。やはり、クルマは「美しく」なくてはなりません。と思っています。

投稿: イノウエ | 2008年3月 5日 (水) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/40331343

この記事へのトラックバック一覧です: いつかはクラウン / 新型クラウンの試乗:

« MAZDA2 RALLY | トップページ | VOLVO 780 Bertone »