« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

2008 FIM SPEA トライアル世界選手権 ウイダー日本グランプリ 第1日

今年で9回目を迎えたトライアル世界選手権ウイダー日本グランプリ。
雨の日でもチャンピオン・ボウは強かった、圧勝です。
日本勢は、藤波(ホンダ)が3位、黒山(ヤマハ)が6位というリザルトです。

0_img_4435_2   

0_img_43631位・ボウ

0_img_43602位・ラガ

0_img_43653位・藤波

0_img_43366位・黒山

0_img_4377_2全体のリザルト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

HONDA FREED デビュー

ホンダの新しいミニバンの誕生。
名前が変わったが、モビリオの後継モデル。

私の関心事は、トライアルバイクが積めるか否かだけ。

0_img_3691    

0_img_3695     

0_img_3697    

0_img_3701_2    

0_img_3708     

0_img_3707

福祉車両も同時発売

  

  

  

  

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

市場前駅

0_nec_0004ユリカモメに乗っていて、車内アナウンスで「シジョウマエ」と聞いて「えっ!ここは何処?」と思ったのは私だけかな。
築地から卸売市場が引っ越してくる予定で工事は進んでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

新型デミオの赤

0_nec_0007関東地方一円で見る新型デミオ、最近「赤」が増えているような気がします。
鮮やかな綺麗な「赤」です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

ユーノス500

ユーノス500 発見!

0_nec_0006雨の中、傘の向こうにふと目をやると「あっユーノス500だ!」携帯カメラを取り出してズーム、シャッターが下りないよ!
空白の時間が過ぎ、信号が変わり動き出す寸前にシャッターが下りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

HONDA NSX

久しぶりにNSXを見ました。

1990年から2005年まで15年間生産された少量生産のスポーツカー。
総生産台数は約18,000台。そのうち日本向けは8000台で6600台が現在も生存しているという。
脅威の生存率といえます。
上原さんは定年退職にあたりNSXのタイヤをタイヤメーカーに交渉して確保したという。オーナーにとってこれは凄い贈り物です。

0_img_3437    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

GTレプリカマシン

WRCのレプリカは良く見かけますが、GT300−500のレプリカマシンは見ることは皆無な状況です。
Gr.Aのレプリカ、数年前までは見かけましたが最近は見ることもありませんでした。
そんななか、平日の東京・中央区八重洲でレプリカに遭遇するとは思ってもいませんでした。

0_nec_0002ペンズオイルGT-Rです。

0_nec_0003    

0_0_nec_0001    

   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

FIAT 500 1.4 POP Debut!

FIAT500に1.4POPがデビュー。

久しぶりにはFIAT500を試乗しましたが、良いですね。
やや重いハンドルにセットして試乗です。
軽いタッチで確実に効くブレーキ、小さく取り回しが楽、キビキビとした走り。
シティコミューターとしていい仕事しています。

0_img_3589    

0_img_3594    

0_img_3593   

0_img_3591   

0_img_3418    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

Paul Frere / ポール・フレール追悼イベント

6月8日(日) 伊豆・修善寺サイクルスポーツセンターで「PF Memorial Weekend」が開催されます。   

去る2月23日に天国へと旅立ったポール・フレールさんの追悼イベントです。
当日は、公私ともポール・フレールさんと親交の深かった自動車評論家山口京一さん、元マツダの小早川隆治さん。NSXとS2000の生みの親である上原繁さん、歴代RX-7、ロードスターの開発者貴島孝雄さん。CG TVでお馴染みの松任谷正隆さん。小林彰太郎さんをゲストに迎えたトークショーがございます。

0_0_0_pfkjbポール・フレールさんと縁の深かった車をポルシェ・クラブ、ホンダ・ツインカムクラブ、コスモ・オーナーズクラブの皆様のご支援を仰ぎながら展示致します。
会場内には、ポールフレールさんの活躍や思い出深い写真や、記念品も展示されます。
太田隆司さん製作の「ポール・フレール」さんも展示されます。

イベント最後には、サイスポ5kmコースをゲストの方々、CG/NAVI編集長などの先導でパレードを行います。 

「PF Memorial Weekend」
開催日時:2008年6月8日(日)
     10:00~15:00(ゲートオープン 8:00)
主催:CG CLUB
後援:株式会社 二玄社
協賛:本田技研工業株式会社
        マツダ株式会社
場所:日本サイクルスポーツセンター 5kmコース
   静岡県伊豆市大野1826番地
   Tel.0558-79-0001
   アクセス方法:http://www.csc.or.jp/
参加費:1台2000円(参加者1名分を含む)
同乗者および徒歩でご入場の方:中学生以上の男性 ひとり1000円
               女性ならびに小学生以下無料
*別途サイクルスポーツセンター入場料が必要となります。
 大人(男女とも)800円/子ども(4歳~小6)600円

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

ロータリーエンジン車発売40周年展 / RX-8

RX-8の登場でロータリーエンジンの生産は一気に加速、
ロータリーエンジン搭載車は、生産累計200万台目前です。
マイナーチェンジされたRX-8は、16Xと呼ばれる次世代ロータリー技術の一部を先行投入。
水素ロータリーは、国内のみならず海外でも走り始めています。

レースでは、2008年デイトナ24時間でGTクラス初優勝。
RX-7に継ぐ金字塔の達成です。

0_img_3557   

0_img_3560     

0_img_3576     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

ロータリーエンジン車発売40周年展 / ロードペーサー

1975年3月にデビューしたフルサイズセダン。
国際分業の先駆けとも言えるロードペーサーは、
オーストラリアGMホールデン製プレミアのボディと機械部品を購入して、開発期間の短縮と設備投資を抑え、少量の高級車販売を狙いとしたもの。3年間で800台を生産した。

0_img_3463競業モデルは、トヨタ・センチュリー、ニッサン・プレジデントとなる。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

ロータリーエンジン車発売40周年展 / ルーチェ(2代目)

1972年、初代のエレガントなデザインから一点してアメリカンに変身したルーチェ。
1975年排気ガス規制の車両となるが、第一次オイルショックで燃費の悪さからロータリー不遇の時代を迎える。
そして、トヨタもニッサンもロータリーの市販を断念という時代でもあった。

0_img_3460    

0_img_3465     

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

ロータリーエンジン車発売40周年展 / RX-7(SA22C)

1981年スパ・フランコルシャン24時間レース、二度目の挑戦となるマツダスピード・TWR RX-7は総合優勝を飾る。
この優勝したRX-7のフロントのエアロバンパーはマツダスピードから市販されていた。
その後は、TWR、ポルシェ935など空力特性の似たエアロバンパーがSA22C用に各社が開発・市販されていた。

一方ルマン24時間は
1979年 RX-7・タイプ 252 予選落ち
1980年 RX-7 IMSA仕様 総合21位完走
1981年 RX-7・タイプ 253 リタイア
1982年 RX-7・タイプ 254 総合14位完走
と、ツーリングカーレースと違い思うような成績が収められなかった。 

その後、マツダは一歩一歩進化を遂げ、シングル入賞するまで成長した。
神様のイタズラか巡り合わせか、1981年に同じチームで戦ったTWRとは縁がある。
1990年にTWRはジャガーXJR-9でルマンを制覇する。
1991年マツダ787Bは、TWRジャガーXJR-12と死闘の末、ルマンを制覇する。
1992年ディフェンディングチャンピオンのマツダは、TWRジャガーのシャーシーをベースにV10エンジンを搭載したMXR-01で総合4位に入賞する。

0_img_3374   

0_img_3373    

0_img_3587トミカ初期モデル
No.7   1979 デイトナ24HR GTU Winner
No.92 1983 デイトナ24HR GTU Winner

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

ロータリーエンジン車発売40周年展 / RX-7

福田さん、小早川さん、立花さん、貴島さん、田所さん、トム俣野さん他多くのマツダの方々と影で支えてくれた故ポール・フレールさん。
この熱い魂がRX-7生んだと思う。

IMSA 117勝(1979年-1995年)
IMSA GTUチャンピオン 10回(1980年-1987年連続8回)
IMSA GTOチャンピオン  1回(1991年)
1979年 デイトナ24時間 総合5-6位(GTUクラス1-2位)
1979年 モンテカルロラリー Gr.2 1位
1980年 IMSA仕様RX-7 ルマン・ロータリー初完走
1981年 スパ・フランコルシャン24時間 総合優勝
1985年 SCCAプロラリー シリーズチャンピオン
1985年 WRC(Gr.B) アクロポリスラリー総合3位
1991年 パイクスピークヒルクライム総合3位(オープンクラス優勝)
1992年 バサースト12時間 総合優勝(92-95年4連勝)
1993年 デイトナ24時間 12年連続GTUクラス優勝
ボンネビル最高速チャレンジ(レーシングビート)
・1978年 SA22C 293km/h
・1986年 FC3S  380km/h
・1995年 FD3S  387km/h

スーパー耐久ST3クラスチャンピオン(2000-2002年、2006年)
2006年 スーパーGT GT300クラスチャンピオン

0_img_3542   

0_img_3466          

0_img_35821978デイトナ24HR RX-.7 寺田さんのサイン
1985WRCアクロポリス3位RX-7 小早川さんのサイン
FC3S、FD3S 立花さんのサイン
1981 スパ・フラコルシャンRX-7

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

ロータリーエンジン車発売40周年展 / サバンナ

「ライオン」のイメージでデザインされたサバンナ。
当初は10A型ロータリーを搭載して市販された。

その後、スカイラインGT-Rとの死闘の末優勝したカペラ用の12A型ロータリーエンジンを搭載したモデルGT(輸出名RX-3)がラインナップに加わった。

サバンナRX-3は、1971年12月富士ツーリストトロフィーで初優勝を遂げる。
その後、1976年5月日本グランプリで国内100勝を達成する。

ルマン、デイトナ24時間にも参戦。
1975年のルマンにはロンドー(1980年ロンドーで優勝)が出場、
1978年にはデイトナ24時間出場するRX-7のデータ取りのため出場する。

1980年には、IMSA RSクラスのチャンピオンを獲得する。
(この年のGTUクラスチャンピオンはRX-7)

0_img_3458   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

ロータリーエンジン車発売40周年展 / カペラ

1970年、ファミリアの上位機種として「風のカペラ」として登場。
ロータリーエンジンは排気量の上がった12Aを搭載する。
しかしながらレースでは「ペリフェラルポート禁止」となり、牙を抜かれてしまう。
その結果、1971年7月の富士1000kmでの総合3位、クラス1位が主な戦績となってしまう。

0_img_3457_2   

0_img_3555_2   

0_img_3556_2   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

ロータリーエンジン車発売40周年展 / ファミリア ロータリークーペ

1969年、コスモスポーツの後を継ぎロータリーによるレース活動を開始したファミリアロータリークーペ。
1969年4月 シンガポールグランプリ 優勝
1969年7月 スパ・フランコルシャン24時間 総合5位、6位
1969年8月 マラソン・デ・ラ・ルート84時間 総合5位、6位
1969年11月 全日本鈴鹿自動車レース 総合優勝
1970年5月 日本グランプリ3位(1-2位はスカイラインGT-R)
1970年6月 RAC ツーリストトロフィ 総合8位、10位、12位
1970年7月 西ドイツ ツーリングカーグランプリ 4位、5位、6位
1970年7月 スパ・フランコルシャン24時間 総合5位
などの戦績を残す。

特にヨーロッパ耐久仕様のまま走った鈴鹿のレースの優勝が、ロータリーのレースエンジンに対する様々に規制の発端となる。

0_img_3454    

0_img_3455_3  

0_img_3534    

   

0_img_3453_2

   

    

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

ロータリーエンジン車発売40周年展 / コスモ・スポーツ

5月27日の国立科学博物館前の上野公園は、コスモ・スポーツからRX-8までバスとピックアップ以外のロータリー車が所狭しと展示されていました。

コスモ・スポーツ。
1967年、世界初の実用・量産ロータリーエンジン搭載のスポーツカーとして誕生。
1968年、ニュルブルリンクで開催されたマラソン・デ・ラ・ルート84時間耐久レースに出場、ポルシェ、ランチアに次ぐ総合4位でフィニッシュする。

0_img_3480   

0_img_3481    

0_img_3474    

0_img_3588     

0_img_3530     

0_img_3450     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

ロータリーエンジン車発売40周年展 / 国立科学博物館 

東京・上野にある国立科学博物館にて「ロータリーエンジン車発売40周年展」が開催されています。
ルマン優勝の787B、初代コスモ、水素ロータリーRX-8の実車、RX-7のクレイモデル・1/1の線図、10A、12A、13B、R26Bのロータリーエンジンも見ることが出来ます。

5月31日は、科学博物館前の上野公園はロータリーエンジン車が数多く展示される予定です。

開催期間: 2008年4月22日~6月1日(休館日は月曜日。ただし、日・月曜が祝日の場合は火曜日)
場所: 国立科学博物館(上野本館)
〒110-8718東京都台東区上野公園7-20 ◇ ハローダイヤル:03-5777-8600
アクセス:http://www.kahaku.go.jp/visitor_info/ueno/access.html
開館時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)。ただし、金曜日は9:00~20:00(入館は19:30まで)。また、4月26日~5月6日の期間は9:00~18:00(入館は17:30まで)。
入場料:

一般・大学生:600円 小・中・高校生:無料。

0_img_3482水素ロータリー搭載RX-8

0_img_3488初代コスモ・スポーツ

0_img_3504RX-8のクレイモデルと
1/1スケールのRX-7の線図

0_img_3493ルマン優勝の787B

0_img_3492787Bの心臓部R26Bエンジン

0_img_3489コスモ・スポーツに搭載された10Aエンジン

0_img_3503左から10A 12A 13Bのローターとハウジング

0_img_3484歴代の ロータリーエンジン搭載レーシングカーのミニカーもほぼ全て展示されています。

0_img_3497ラジコン用のロータリーエンジンも展示されています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

OLD NOW フェスティバル/ FUTURE 

OLD NOW フェスティバルにECOカーとてFUTURE部門が誕生して3年定着してきたようだ。
電気、水素、ハイブリッド、クリーンディーゼルなど各社各様のアプローチを見ることが出来ます。

0_0505_267   

0_0505_274   

0_0505_277      

0_0505_279      

0_0505_280     

0_0505_284 0_0505_290    

   0_0505_307      

  

0_0505_311       

   

  

  

 

Photo : murakami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

OLD NOW フェスティバル/ ポルシェ935K

サーキットの狼GPのデモランで、希少なポルシェ935Kが一台走行していました。

0_0505_236    

0_0505_237      

0_0505_238    

0_suzuka100011981年鈴鹿1000KM
本物の935K
左端からの2台

 

 

 

Photo : murakami/inoue

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

サーキットの狼GP / OLD NOW フェスティバル

OLD NOWフェスティバル、毎年スーパーカーを走らせている池沢さとし氏。
今年は、漫画家デビュー40周年イベントとして「サーキットの狼GP」のデモランが開催された。

0_img_3414   

0_img_3413    

0_img_3331      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

ヒストリックカー・サーキットラン(2) / OLD NOW フェスティバル

トヨタ2000GT、ロータスなどもサーキットを駆け抜けます。

0_img_3266   

0_0505_147   

  

0_img_3290    

0_0505_497   

    

0_img_3509     

    

0_0505_498    

    

0_0505_499   

0_0505_201      

0_0505_572    

 

 

 

 

PHOTO:murakami / inoue

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

ヒストリックカー・サーキットラン(1) / OLD NOW フェスティバル

1950年代のポルシェ356、カルマンギアとRX-7、ブルバード510、S30Zなどの混走は面白い。

0_img_3231    

0_img_3240    

0_0_img_3241    

    

0_img_3245     

0_img_3248    

0_0_img_3255    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

フェラーリカップ / OLD NOWフェスティバル

OLD NOWフェスティバル、楽しみのひとつが59秒台から60秒で周回するフェラーリの走り。
甲高いフェラーリサウンドに酔いしれる瞬間だ。

0_img_3565   

0_img_3566   

0_img_3578     

0_img_3559     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

イコールコンディション:RX-8パーティレース

ノーマルカーによるレース。
レギュレーションにより交換出来るパーツも限定されたイコールコンディション。
このイコールコンディションがデッドヒートを生み、見る者を感動させる。

0_img_35342008. 5.5
筑波サーキット
RX-8パーティレース
スタート

0_img_3547このようなデッドヒートが毎ラップ繰り広げられる

0_img_3549そしてフィニッシュラインを踏む
優勝No.51 出来利弘
2位とのタイム差0.304秒

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

新型RX-8 試乗

RX-8が市販から5年が経過して初のマイナーチェンジ。
内容を確認するとその内容はモデルチェンジに近い。エンジン(16X技術の先行導入)、サスペンション(設定の見直し)、ボディ剛性向上、精悍な顔となったエクステリアなど。

今回試乗したのは6ATのタイプE。
しなやかなサスペンション、ボティ剛性の向上、剛性の高いパワーステアリング、旧型に比べてリアの安定感が増し、さらに扱いやすいスポーツーカーとなっていた。
ワインディングに入ればノーズの軽いRX-8は、サッと向きを変える軽快さは心地よい。もちろんこの軽快感は、普段運転する街中でハンドルを切っても味わえます。スポーカーだから。

0_img_3209   

0_img_3224    

0_img_3222    

0_img_3230    

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

Alfa Romeo Giulia Graphic(8)

2008 Cafe de Giulia (和紙の里)

0_img_3076    

0_img_3080    

0_img_3095      

0_img_3039      

0_img_3081      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

Alfa Romeo Giulia Graphic(7)

2008 Cafe de Giulia (和紙の里)

Alfa Rromeo Gran Sport Zagato Spider
Designed by Zagato

0_img_2993   

0_img_2946_2   

      

0_img_3132    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

Alfa Romeo Giulia Graphic(6)

2008 Cafe de Giulia (和紙の里)

Alfa Romeo Giulietta Spider
Designed by Pininfarina

0_img_3193   

0_img_3187   

0_img_3190      

0_img_3206   

0_img_3207   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

Alfa Romeo Giulia Graphic(5)

2008 Cafe de Giulia (和紙の里)

Alfa Romeo Engine

0_img_2976_2    

0_img_3115_2    

0_img_3122_2      

0_img_3184_2    

0_img_4898_2    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »