« ロータリーエンジン車発売40周年展 / コスモ・スポーツ | トップページ | ロータリーエンジン車発売40周年展 / カペラ »

2008年5月15日 (木)

ロータリーエンジン車発売40周年展 / ファミリア ロータリークーペ

1969年、コスモスポーツの後を継ぎロータリーによるレース活動を開始したファミリアロータリークーペ。
1969年4月 シンガポールグランプリ 優勝
1969年7月 スパ・フランコルシャン24時間 総合5位、6位
1969年8月 マラソン・デ・ラ・ルート84時間 総合5位、6位
1969年11月 全日本鈴鹿自動車レース 総合優勝
1970年5月 日本グランプリ3位(1-2位はスカイラインGT-R)
1970年6月 RAC ツーリストトロフィ 総合8位、10位、12位
1970年7月 西ドイツ ツーリングカーグランプリ 4位、5位、6位
1970年7月 スパ・フランコルシャン24時間 総合5位
などの戦績を残す。

特にヨーロッパ耐久仕様のまま走った鈴鹿のレースの優勝が、ロータリーのレースエンジンに対する様々に規制の発端となる。

0_img_3454    

0_img_3455_3  

0_img_3534    

   

0_img_3453_2

   

    

  

|

« ロータリーエンジン車発売40周年展 / コスモ・スポーツ | トップページ | ロータリーエンジン車発売40周年展 / カペラ »

コメント

青いクーペの足下はBSの"ZONA"ですね。
お懐かしや。
確か、マツダのR&D横浜センターに保管されている2代目ルーチェHTもZONAを履いている個体がありました(ついでに「キックルーバー(!!)」付き)。
オリジナルに拘るのは当然ですが、同時にその時代を感じさせる社外のパーツも大事にしておいた方がいいと思うようになってきました。
白いクーペは殆どオリジナルのようですが、レザートップが泣かせます。
これも絶滅してしまった装備の一つですね。

投稿: nan | 2008年5月15日 (木) 03時18分

nonさん

オリジナルにこだわると、当時流行っていたものが見えなくなります。
レストアされる方もオリジナルに拘るため、アフターパーツは絶滅となるようです。保管場所の問題もあるのでしょうが。

おっしゃる通り、
レザートップのモデルはオリジナル・コンディションでした。
レザートップという当時の流行のスタイルでしたが絶滅しましたね。

投稿: イノウエ | 2008年5月16日 (金) 01時19分

4ドアは、かなりレアなのでは?

我が実家の本棚には
10Aのローター&ハウジングが今も飾ってあります。

当時ものですが手を加えるとけっこういいです。
http://tameike.blog.hobidas.com/archives/month/200705.html

投稿: 職人 | 2009年12月12日 (土) 15時13分

職人さん

ご紹介ありがとうございます。

素晴らしいファミリアですね。
凄いです。

このファミリア、当時作りましたよ。
リモコンの戦車の駆動系を移植して遊んでいました。

投稿: イノウエ | 2009年12月12日 (土) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/41211376

この記事へのトラックバック一覧です: ロータリーエンジン車発売40周年展 / ファミリア ロータリークーペ:

« ロータリーエンジン車発売40周年展 / コスモ・スポーツ | トップページ | ロータリーエンジン車発売40周年展 / カペラ »