« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

CROWN HYBRID / クラウン ハイブリッドの試乗 その2

車検証を見なければ分からないことがある。
車重:1,850kg (前:940kg、後:910kg)
パワーウエイトレシオ:5.36
ロードスターのようだと言ったが、私のNAロードスターは950kg(前500kg、後450kg)だからバランスの良さが分かって頂けると思う。

マジェスタは5代目でクラウンという名が外れるようなので、このハイブリッドがクラウンのフラッグシップモデルになると思われる。

0_img_5110クラウンというクルマ、お客様の声がダイレクトに反映されるので日本人の価値観、使い方が分かります。豪華仕様がロイヤル、走りに振ったのがアスリート、さらにアスリートをエコと走りに両立させたのがハイブリッドとなる。

13代目クラウンは、電子制御が素晴らしい。足回りもスポーツにセットするとアスリート以上の性能となる。ハンドリングはスローと書いたようにゆっくりとした操作が必要。ハンドルでねじ伏せるようなことはしない方がいい。丁寧に扱えば人馬一体の性能を引き出すことが出来るのだから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

CROWN HYBRID / クラウン ハイブリッドの試乗

驚いた!
クラウン ハイブリッドはロードスター並みのハンドリングをもったマシンだ。
スローなハンドリングでズームズーム(マツダのコピー)する。
驚きだ!

0_img_5100千葉トヨタまでロードスターで出かけて、すぐに試乗させて頂く。
コースは自由に走らせて下さるので、いつもの私のコースで車を走らせる。短いながらもアップダウンのワインディングもあり車の基本性能はわかるからだ。

0_img_51053.5リッターDOHC:296ps
モーター     :200ps
ハイブリッド :345ps

0_img_5111ツキもよくアクセルを踏めば直ぐに反応する。
エンジンにモーターが加わったパワーは口では言い表わせない。
ロードスターで例えるなら上りは3速1本、アクセルコントロールという走りが出来る。

0_img_5109なぜクラウンでここまで可能なのか、
それはハイブリッドのニッケル水素バッテリーが後部にありバランスが50:50に近い数字だからだ。

0_img_5103プリウスと違い、走りに振ったクラウン ハイブリッドは面白い!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

ガリビエカマシ / Odds

週刊ヤングサンデーに連載中の「Odds」

0_img_5083修善寺サイクルスポーツセンター

 

 

 

競輪学校で「選抜レース」が行われようとしている。
そのなかでガリビエカマシを仕掛けるのが主人公の辻堂麟太郎。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

フォード ムスタング

0_0523_118ムスタング、初代の志は2005年にデビューした6代目へと受け継がれた。

 

 

Photo : murakami

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

エスとマルニ

0_0523_152輝やいた時が過ぎ、その志が受け継がれるものがある。
ホンダSとBMW2002、この2社のスボーツカーは違う方に歩んでいたかもしれない。

 

 

Photo : murakami

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

BMW M1

少しだけ時代とすれ違ったM1。
現代に生まれ変わろうとする動きもあるがM1はM1だ。  

0_0523_122   

0_0523_029   

0_0523_081   

 

 

 

Photo : murakami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

2008トライアル世界選手権(CG CLUB)

今年のトライアル世界選手権の模様がCG CLUBのサイトにアップされました。
出場した全ての選手が掲載されています。

        ↓↓↓

http://www.nigensha.co.jp/cgclub/eventreports/event07-1.html

1_img_4272_2CG CLUBの皆さんへ
サイン入り写真プレゼントの応募方法は、もうすぐお手元に届くNEWS LETTERをご覧下さい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

ランボルギーニ・ミウラ

0_0523_098 60年代のスポーツカーが並ぶと美しい。

0_0523_102その中でもランボルギーニ・ミウラは別格だ。

0_0523_104  

0_0523_101    

 

 

 

   

 

 

 

Photo : murakami

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

ポール・フレールの記念碑

0_img_4981今年、8月のスパ24時間レースの際、ポール・フレールさんセレモニーが開催されます。サーキットにポール・フレールコーナーが冠され、新旧サーキットの境目に記念碑が建てられるとのこと。
また、ポール・フレールさんをレーサーとして生み出したのは、ジャッキー・イクスのお父さんだそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

飯田裕子 ゆうこの ゆうゆう自動車生活

ネオストリートのコラムに飯田裕子さんが登場しました。

http://www.neostreet.co.jp/iida_yuko/index.html

最初の2編はレーサー「飯田裕子」が見え隠れしていますが、

今後どのような展開となるのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

彼女のカレラ My Favorite Carrera

サイスポの会場の準備を追え、宿泊施設のサイテルに到着するとカレラの数に圧倒されました。翌朝は生憎の雨でしたが、前日から気になっていた「彼女のカレラ」のイラストを撮影しました。 

0_img_4925           

0_img_4927    

0_img_4924_2    

0_img_4928     

0_img_4929     

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

2代目 コスモ

1975年、オイルショックの暗い世相をひっくり返し、排気ガス対策でスポーティなクルマが登場しないなか、未対策車にも負けない走りを見たのが2代目コスモスポーツです。

0_img_506660周年記念モデル  

0_img_5067とても素晴らしいコンディションです。

  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

HONDA NSX/S2000

ポール・フレールさんの追悼イベントに、ホンダから元NSX開発主査の上原さんがポール・フレールさんとのNSX開発の裏話をトークショーでお話して下さいました。ありがとうございます。

0_img_5093上原さんが開発に携わった、NSXとS2000のミニチュアカーにサインを頂きました。

0_img_4993    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

RX-7 SA22C/FC3S

ポール・フレールさんの追悼イベントには、マツダの現役開発主査・貴島さんもゲストとて来て下さり、歴代RX-7だけでなくマツダとポール・フレールさんの関わりの一部をお話して下さいました。ありがとうございます。

0_img_5092寄せ書きとなりましたが、貴島さんにもサインを頂きました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

THE TARGA FLORIO ROUTE

0_img_5086ポール・フレールさんを偲ぶイベントが開催されたサイクルスポーツセンター。特別ゲストの小早川さんと山口さんにサインを頂きました。

0_img_5087ポール・フレールさんにサインを頂くチャンスを逃した、但馬 治さん撮影のRX-7(FC3S)とタルガ フローリオの写真集に頂きました。

0_img_5089小早川さんと山口さんに、この写真集の撮影裏話、91年ルマン優勝、92年の4位となったときのポール・フレールさんとジャッキー・イクスさんのお聞きすることも出来ました。ありがとうござます。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

2008 Le Mans24HR

Audi2lemansz01_010608プジョーとアウディの熾烈なデッドヒートは、同一周回での戦い。勝者はアウディ!

アウディは5連勝&V8を達成しました。
注目のポルシェはLMP2クラス1-2位、総合10位-12位とRSスパイダー初参戦で見事な成績を残す。Photo:Racing-Live.com

リザルトは、こちらです。「2008lemans24.pdf」をダウンロード

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

一番乗り? NSX

イベント当日の早朝、トランシーバーのテストでサイスポの5kmコースから駐車場へ移動。
すると、そこにはNSXが駐車しておりドライバーは仮眠中。ナンバーから想像すると徹夜で走ってきたようです。
遠いところ、ありがとうございます。感謝しています。

0_img_4948偶然、NSXの後方を走る赤のビートを発見

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

希少なファミリア フルタイム4WD

参加車両のクルマの中から希少な一台を見つけました。

0_img_5037日本初のフルタイム4WD、WRCでも勝利したBMFRファミリア。輸出名マツダ323です。 

  

    

PF先生は、この2世代前の最後のFRファミリアから開発に関わったそうです。
この一つ前のファミリアが一世を風靡した「赤いファミリア」です。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

ロードスタークーペ 三車三様 

サイスポに希少なロードスタークーペが3台。
それも3台ともモディファイが異なっているのが凄い。

0_img_5054純正の限定車

0_img_5032標準車をTDバージョンにモディファイしたと思われる

0_img_5072 オートバックス・バージョン

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

サイスポをロードスターで走る

サイスポの5kmコースをロードスターで走る。
鹿さんを先頭に117おやじさん、最後に筆者。
とても楽しかった時間です。

0_img_4889    

00_img_4910       

0_img_4913    

0_img_4914   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

ポール・フレールを偲ぶ

ポール・フレールさんが関わったマツダとホンダの車はスポーツカーだけではなかった。
もちろんポルシェは関わっていました。

0_img_5007   

0_img_4983ジャーナリストであるから書籍もちゃんと後世のために書き残して下さっていました。 

0_img_4984   

0_img_4981    

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

一年違いのポルシェ

0_img_487473カレラと74カレラ、一年違いでボディの大きさ異なる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

ポール・フレール追悼イベント、無事終了

朝から降っていた雨もお昼には上がり、太陽が顔出す暑い天気となりました。トークショーはマツダ、ホンダの開発秘話を聞く事が出来ました。ルマン、スパなどの話しも興味深く聞く事が出来ました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

ポール・フレール追悼イベント準備完了

ポール・フレールさんの追悼イベントの準備は無事終えました。あとは明日の天気のみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

室蘭本線の支線 東室蘭-室蘭

新日鐵と日本製鋼、鉄の街である室蘭。沿線7kmだが、この二つの「鐵」で栄えて来た街でもある。
来年は、新日鐵室蘭生誕100年だそうだ。
また、野球とサッカーの街でもある。

0_img_3808   

0_img_3806    

0_img_3818     

0_img_3826_2    

0_img_3833    

0_img_3834    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

北斗星 上野 9時55分

札幌から上野に到着した北斗星。

0_img_3997   

0_img_3984   

0_img_3983   

0_img_3992     

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

北斗星 東室蘭 18時54分

札幌から東室蘭にやって来た、ブルートレイン北斗星。

0_img_3935   

0_img_3936   

0_img_3937     

0_img_3938    

0_img_3939    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

トライアル世界世界選手権/駐車場で見たクルマ

0_img_4505スターレット
オーバーフェンダー付き!

0_img_4631良く似た色ですが微妙に違います!

0_img_4509 やはり「ビート」です!

0_img_4690ロータスです!

00_img_4692  このように牽引しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

藤波貴久 世界選手権出場200戦

モンテッサ・ホンダに乗る藤波貴久選手が、1996年から世界選手権から出場し、2008年日本大会2日目の6月1日、出場200回を達成しました。

1996年 17位
1997年  4位 ドイツGPで初優勝
1998年  5位
1999年  2位
2000年  2位
2001年  2位
2002年  2位
2003年  2位
2004年  1位 世界チャンピオン獲得
2005年  2位
2006年  2位
2007年  3位

0_img_4858セレモニーでのひとコマ

0_img_4445_2パドックにて 

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

2008 FIM SPEA トライアル世界選手権 ウイダー日本グランプリ 第2日

晴れてもボウは強かった。
セクション難易度が全体に下げられたが難しいことには違いない。
接戦、1回でも5点の減点があると勝者が変わるような状況になってもボウは勝ってしまう。

0_img_4839左から
2位 ラガ
1位 ボウ
3位 藤波

0_img_4616

3位 藤波  

0_img_46252位 ラガ     

0_img_46271位 ボウ  

0_img_4750     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »