« ジープの機能美展2008:Kubelwagen Typ82 | トップページ | ジープの機能美展2008:AUSTIN MINI MOKE »

2008年8月22日 (金)

ジープの機能美展2008:JEEP FORD GPW

1941年アメリカ陸軍は、キューベルワーゲンの活躍に注目、小型偵察車の開発を目指す。
落札したのは、アメリカン・バンダム社でプロトタイプを製作する。
しかし、アメリカ陸軍は弱小企業であるバンダム社の生産能力を危惧、バンダム社の図面を公開し、ウィリス・オーバーランドがウィリスMAを、フォード・モーターがフォードGPを製作、3社合わせて数千台の規模で実践投入され、ウィリスMAを改良したMBが正式採用された。   

0_img_6076JEEP FORD GPW(1942)

0_img_6077   

0_img_6079   

|

« ジープの機能美展2008:Kubelwagen Typ82 | トップページ | ジープの機能美展2008:AUSTIN MINI MOKE »

コメント

ニューヨーク近代美術館の永久展示品にもなっています。
http://www.moma.org/exhibitions/2002/autobodies/jeep.html

朝鮮戦争の頃の写真で、立川の飛行場にJeepが大量に並んでいる写真を見たことがあります。戦場で故障した車両の修理基地になっていたようです。

旧立川飛行機系の企業は、その仕事で戦後立ち直ったのだと想像できます。で、いまはチョロQカー作ってます。

投稿: akira isida | 2008年8月22日 (金) 20時09分

ishida さん


momaに展示されているのですね。情報ありがとうございます。

立川飛行場のjeepの写真、私も何かの書籍で見た記憶があります。

チョロQカー、生産終了と思っていたのですが、続いていたのですね。

投稿: イノウエ | 2008年8月23日 (土) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/42194972

この記事へのトラックバック一覧です: ジープの機能美展2008:JEEP FORD GPW:

« ジープの機能美展2008:Kubelwagen Typ82 | トップページ | ジープの機能美展2008:AUSTIN MINI MOKE »