« ジープの機能美展2008:NSU Kettenkrad (ケッテンクラート) | トップページ | ジープの機能美展2008:JEEP FORD GPW »

2008年8月21日 (木)

ジープの機能美展2008:Kubelwagen Typ82

キューベルワーゲン Typ82(1944)。
フェルディナント・ポルシェ博士の設計した小型軍用車両。

00_img_6061   

0_img_6062    

0_img_6063   

|

« ジープの機能美展2008:NSU Kettenkrad (ケッテンクラート) | トップページ | ジープの機能美展2008:JEEP FORD GPW »

コメント

素のインターメカニカ版で580万、ボクスターと良い勝負(笑)
http://www.intermeccanica.co.jp/im_index.html
シルバーにワインの幌なんてオシャレだと思いますが、とんと見た事ないですねぇ。

う○○くさんからもお声掛かってましたが、今度の土曜日新宿で飲む様です(場所不明)お暇でしたらぜひ>他の方も

投稿: gop | 2008年8月21日 (木) 18時05分

gopさん

この1944年式のキューベルワーゲン、いくらするのでしょうね。
本物を見る機会が出きるのも石川さんのお陰、感謝です。明日公開のジープ希少です。

土曜日の新宿、参加させて頂きます。PAグッズなにか持って行きますね。


投稿: イノウエ | 2008年8月21日 (木) 20時22分

元々国民の満足度を上げる為にヒトラーがフェルナンドさんに作らせたのが名前のマンマのフォルクスワーゲン。
 と!言いつつ空冷エンジンを採用したのは水の無い砂漠地帯での戦闘とラジエターが撃ち抜かれたシーンを想定して採用したと聞いてます。
 時は巡り排気ガス規制が厳しくなると温度管理の難しくエミッションコントロールが困難なその空冷エンジンがポルシェ社の足を引っ張る事になります。
 928や924で水冷エンジンに転換しようと努力をしたもののマニアックなポルシェファンにより思うに任せず苦しむ事になるのです
が結局をの厚い壁を突破したあたり流石ポルシェさん。
 同じ空冷でも1300のDDACで懲りたホンダさんは2度と空冷エンジンに戻る事は有りませんでした。
 と!言う訳で23日の最終案内を皆様に送付しておりますのでご参加下さい。
 尚当日はワタシも手作りの117グッズを持参し誰かにプレゼントする予定です。
でわでわ・・・久々のうんちくは疲れますナ。
 

投稿: たかぼん | 2008年8月21日 (木) 21時36分

たかぼん さん

そして騒音対策として水冷化し水平対向は延命し現在に生きている。
大量の水が入っても重くなってもポルシェの選んだ道です。
といううんちくもありますね。

23日の案内届きました、ありがとうございます。

投稿: イノウエ | 2008年8月22日 (金) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/42187812

この記事へのトラックバック一覧です: ジープの機能美展2008:Kubelwagen Typ82:

« ジープの機能美展2008:NSU Kettenkrad (ケッテンクラート) | トップページ | ジープの機能美展2008:JEEP FORD GPW »