« Audi Forum Tokyo | トップページ | NSU TTS Gruppe2 »

2008年8月11日 (月)

DKW Slaby-Beringer

1924年型DKW Slaby-Beringerは、当時電気自動車を製造していたSlaby-Beringer社の車体に、DKW製のガソリンエンジンを搭載したモデルです。

0_img_5751   

0_img_5760    

0_img_5763    

0_img_5856   

0_img_5754   

 

 

 

 

 

 

Slaby-Beringer社は、第一次世界大戦後に1919年航空機エンジニアであったDr.Rudolf Siabyによってハノーバーに設立されました。
設立当初は主に電気自動車を製造し、電気自動車が主流であった日本へ日獨電氣自動車商会によって1920年以降200台あまりの車両がされ、主にタクシーとして使用されていました。
日本での販売が大きな割合を占めていた同社は、後の関東大震災の影響によって経営危機に陥り、1924年にDKWが同社を吸収合併しました。

|

« Audi Forum Tokyo | トップページ | NSU TTS Gruppe2 »

コメント

昔から電気自動車ってあったんですねえ。
どのくらいの航続距離だったんでしょう。
タクシーで使うのだったらそこそこ、と思いますが。

投稿: ナツパパ | 2008年8月11日 (月) 09時03分

ナツパパ さん

この当時は65kmぐらいの走行距離だったようです。
電気自動車のピークは1920年ぐらいだったようです。

投稿: イノウエ | 2008年8月12日 (火) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/42119410

この記事へのトラックバック一覧です: DKW Slaby-Beringer:

« Audi Forum Tokyo | トップページ | NSU TTS Gruppe2 »