« 街角の車:マセラティ | トップページ | 街角の車:フォルクスワーゲン・ゴルフ »

2008年8月30日 (土)

街角の車:SHELBY MUSTANG

キャロル・シェルビーが手がけたマスタング。
オープンモデルを見るのは初めてです。

000_img_0793   

000_img_0794   

|

« 街角の車:マセラティ | トップページ | 街角の車:フォルクスワーゲン・ゴルフ »

コメント

オープンは珍しいですね、GT500は小学生の時プラモデル作りましたよ。ブルーに白のストライプ、カッコ良かったなぁ。

投稿: gop | 2008年8月30日 (土) 06時18分

gopさん

オープンは珍しいです。
私もプラモデル、作りました(^^

投稿: イノウエ | 2008年8月30日 (土) 12時35分

ムスタングは永遠ですね。私はこの後のBOSSが好きでした。グリルの中にライトを配し、グリルの両はじに、小さなエアーインテーク。マスタングのマイナーチェンジがうまくいった好例ですね。ブリットムスタングも独特なカラーリングで、魅力的でした。このGT500のファーストバックはニコラスケイジ主演の60セカンドに主役?をはりましたね。

ムスタングは、その後小型化してしまい魅力を失いましたが、最近になって見事に蘇りました。最新版もいいですね。七色に変わるインストルメンツパネル。つい振り返ってしまいます。しかし、今のフォードを救える勢いにはならなかったようですね。

投稿: 大内 誠 | 2008年8月30日 (土) 22時57分

大内さん

シェルビーの名前が無くなったことが残念でした。
復活したムスタングは、都内でも見かける機会は増えました。
が、その他の車種が伸び悩んでいるのが辛いですね。スポーツーカーで屋台骨を支えるのは難しいですね。
ヨーロッパのフォードのデザインセンスがUSにあると売れると思うのですが、これは日本から見るアメリカなのかな。

投稿: イノウエ | 2008年8月31日 (日) 00時50分

最近はオープンのスポーツカーが増えているのかしら。
わたしも街でよく見かけますねえ。

投稿: ナツパパ | 2008年8月31日 (日) 08時31分

2001年にブリット・マスタングが発売されました。もちろん新型がベースです。このCMにフォードはスティーブ・マックイーンを登場させました。もちろんCGによる合成です。

こちらで見ることが出来ます。
http://www.mcqueenonline.com/fordadcampaign.htm

欧州デザインをアメリカに持ち込むのはトーラス&セーブルで大成功したのですが、その後が続きませんでしたね。

投稿: akira isida | 2008年8月31日 (日) 10時19分

ナツパパさん

最近オープンが増えましたね、特に輸入車を多く見るようになりました。

投稿: イノウエ | 2008年8月31日 (日) 23時25分

ishidaさん

CM、見てきました。ありがとうございます。

トーラスの成功の後が続かなかったですね、残念ですが。

投稿: イノウエ | 2008年8月31日 (日) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/42322187

この記事へのトラックバック一覧です: 街角の車:SHELBY MUSTANG:

« 街角の車:マセラティ | トップページ | 街角の車:フォルクスワーゲン・ゴルフ »