« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

トライアル・デ・ナシオン2008

日本、2位!。
トライアル・デ・ナシオンは、トライアルのワールドカップ国別対抗戦です。
どの国が一番最強かを決める世界一決定戦です。

日本代表は、藤波貴久、黒山健一、小川友幸、野崎史高の4選手。
近年はイギリス、スペイン、日本がトップ3です。
日本は2年連続の2位、来年は強い強いスペインに勝って悲願の世界一を決めて欲しいです。

080928result2008年のリザルトです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

2008まつどクラシックカーフェスティバル

今年の「まつどクラシックカーフェスティバル」は、
10月4日(土)~5日(日)に開催されます。

時間:両日とも午前11時~午後6時
場所:JR松戸駅西口地下駐車場

写真は、昨年の展示車両です。Mm_gtr   

0_2002_alfa    

Mm_img_3216    

Mm_img_3270    

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

19th メディア対抗ロードスター4時間耐久レース (6)

毎年恒例となっているレーシングロータリーのデモラン。
ワークス復活を願うのは筆者だけではないだろう。

来年の4耐は、ロードスター誕生20周年レース、色々と企画があるようですが、レストアが終わった787B(JSPC202号車)とRX-500(エンジンを直して)を走らせて欲しいです。

Mf2008_0920_017MAZDA 767B

Mf2008_0920_025RE雨宮 RX-7

      

 
   

photo:murakami

10月4日-5日、
東京・ お台場で開催されるモータースポーツ ジャパンで787Bのデモランがあるそうです。787Bの4ローターR26Bの甲高いサウンドを久しぶりに聞くことが出来ます。
走行するのは、787B(91年の202号車)の最終型、55号車とは逆チャージカラーです。   

MOTORSPORT JAPAN 2008 Festival in Odaiba
http://www.motorsport-japan.com/index.html

余談ですが、ランエボSUV・レーシングランサーが初登場します。(展示のみ)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年9月27日 (土)

斉藤勉:CAR and DRIVER

0_img_1081お世話になっている斉藤勉さんのスクラッチモデルのミニチュアカーが9月から連載されています。素晴らしい作品ですので是非ご覧下さい。

Gg_img_6291現在製作中は、カングーロです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

Gulf Oil

近年、ガルフカラーのレースカー、ラリーカーなどが世界各地で走っています。
今年のル・マンで、ガルフ アストン・マーチンDBR-9がクラス優勝を飾っています。今年は、GT40がル・マン優勝から40周年だそうです。

身近なところでは、911、BMW M、ロードスター専用オイルなど車種別のオイルを開発、市販しています。

Gf_img_1078左:Gulf MIRAGE
右:Gulf FORD GR8

何れもSolido製

Gf_img_6507GT40、GT50というOilもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

19th メディア対抗ロードスター4時間耐久レース (5)

今年からオイルがGulfとなった4耐ロードスター、Gulfの担当者も心配していましたが、トラブルもなく無事にレースが終わり一安心でしたね。
ARROWと名づけられた由来は、ポルシェ908のカラーリングのARROWからだそうです。
  
4e_img_6508_2エンジンオイル
Gulf ARROW GT30
4e_img_6506ギアオイル
Gulf PRO GUARD Gear Oil 75W-90 GL5

4e_img_6583   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

19th メディア対抗ロードスター4時間耐久レース (4)

またひとり、NAロードスターの生みの親が現役を去る。歴代RX-7も含めてマツダのスポーツカーを誕生させた貴島孝雄さんが、来年一月に定年退職されるそうだ。
後任は、山本修弘さんとのこと。山本さんは次期RX-7を担当されているとの噂があり新しいマツダ・スポーツカーの顔となる。

4e_img_6581左から、山本さん、貴島さん、フィリップ副社長、片山さん(助っ人ドライバー)
4e_img_6577ゼッケン04は、マツダチームのロードスター

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

19th メディア対抗ロードスター4時間耐久レース (3)

ドラマは最後の最後にあった。
トップのTipoチームと同一周回を走っていた3位のエンジンチーム。果敢にトップを追っていたが、最終ラップの一周分の燃料が無いと判断、ストレートエンドからゴールライン手前まで徐行、ストップしてトップのゴールを待つ。

オートスポーツチームは、3位とのタイム差を確認しながらトップを追っていたが単独2位を確認するとペースダウン、2位を確保する。3位ザ・モーターウイークリー、4位カーマガジンチーム、5位iTSCOMチーム。

NAVIチームは、最終ラップを6位で走っていたので「入賞おめでとうございます」とピットに挨拶に行った。すると「帰ってこないんだよ!」と。ダンロップ下を過ぎたところでガス欠で止まったことが分かった。(フィニッシュラインを踏んでからのお祝い、必須ですね)

CGチーム、序盤にアンラッキーなアクシデントに巻き込まれてリタイア、残念。

最終ラップ、ガス欠で止まった車両が多く発生したようだ。耐久レース、最後の最後まで目が離せない、たがら面白い。

4e_img_6840猛烈にトップを追う大井貴之選手だが、

4e_img_6858徐行でフィニィシュラインを踏むことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

19th メディア対抗ロードスター4時間耐久レース (2)

4時間耐久レース、序盤のデッドヒートは面白い。
今年はペースカーが一度も入らず最後まで熱い、面白いレースを見ることが出来ました。

4e_img_6631   

4e_img_6647    

4e_img_6650    

4e_img_6788     

4e_img_6802     

4e_img_6801_2    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

19th メディア対抗ロードスター4時間耐久レース (1)

9月20日、筑波サーキットにて第19回メディア対抗ロードスター4時間耐久レースが行われTipoチームが3連勝を飾りました。

Rs4h_img_6589スタート10分前

Rs4h_img_6591旧ルマン式スタート

Rs4h_img_6592_216時4時間耐久レースのスタート 

Rs4h_img_685720時ゴール

  

Rs4h_img_6859

  

  

Rs4h_img_6887表彰式

Rs4h_img_6893シャンパンファイト  

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

ピンクパンサー 40th ベスパ

東京駅の地下、キャラクターストリート。

期間限定(9月23日まで)でピンクパンサーショップが出店されています。
40周年記念のときに作られたベスパが展示されています。

Pp_img_1022   

Pp_img_1023   

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

ISUZU MEMORIAL 1953→2003

八重洲出版からISUZUの乗用車の集大成ともいえるムックが発刊されました。
いすゞファンには、永久保存版の一冊です。

Isuzu_img_1025   

117_1

筆者が乗っていた117クーペ

117_2量産初期型1800XGです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

VWバン(2)

屋台の車、やはりVWバンが似合う。
(実際にはワゴンなんだが)

東京国際フォーラムに行くと出会う「オムレツ」屋さんのVWです。

Vw_img_0514_2    

Vw_img_0516   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

フェラーリとVWバン

結構モディファイしているフェラーリだなぁ。
フロントウインド上部に、目立つステッカーが貼ってある。
「いいのかなぁ!」と思ってしまう。

と思いながらシャッターを切るときVWバンが視界に入った。
あぁ!、このVWバンはお昼の弁当を売っているヤツだ。

最近見ないと思ったら、弁当だけ降ろして店を開いているんだ。
にしても、このフェラーリ、凄いです。

00_img_0758   

00_img_0762   

00_img_0760     

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

Cadillac Coupe de Ville (1975)

1975年のCadillac Coupe dr Ville、とても綺麗な車両です。

Cd_img_0533   

Cd_img_0534   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

ヘッドライトバルブの国産化

私の乗っているトライアルバイクの一台にTLM220があります。
軽量化のためにイタリア・ベータ社のトライアルバイクのヘッドライトにアッセンに交換しています。今回、バルブ切れのため国産バルブに変更しました。これにより、部品の入手に困らなくなりました。

Tlm_img_0989イタリア規格のため、国産のバルブでは代替が出来ません(一般店舗では買えない)。

Tlm_img_0992このバルプを取り付けます。
取り付けには若干の加工が必要、現場合わせで作りました。

Tlm_img_0998ハーネスと金具をはんだ付け、収縮チューブを巻いて完成です。

Tlm_img_0999ハーネスを接続して、スイッチ、ロー・ハイの切り替えを確認します。
バッテリーレスなのでエンジンを掛けないと点灯しません。

Tlm_img_1002バルプをレンズ組込、ケースに取り付ければ完成です。

Tlm_img_1003左からTY-175、TLM220R、TL125S。古いトライアルバイクばかりです(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

ベレットGT TypeR

1964年、日本で初めてGTを名乗ったのがベレット。このことはあまり知られていないかもしれない。

トヨタ1600GT、スカイラインGT-Rなどの登場で、GTにはDOHCエンジンが必須となってきた60年代後半、ベレットも良く回るOHVでは役不足となってきた。

その解決策のひとつとして、1968年登場した117クーペのG161WエンジンをプロトタイプのベレットGT-X(アルミボディ)に搭載、1969年8月の鈴鹿12時間レースにエントリー、トヨタ1600GTを抑えて優勝を飾る。ベレットGT TypeRの誕生に、このような背景もあった。

Hn_img_5283    

Hn_img_5284    

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

ニッサン プリンスグロリア

ニッサンとの合併前のプリンス時代に設計され、ニッサンから発売された。

Hn_img_5279ニッサン プリンスロイヤルに似たグロリア。

 

 

 

セドリックとの部品共通化が進められて開発が行われていたことから、最初はプリンスのG7が搭載されていたが後にL20となる。尚、4気筒版はニッサンのH20が最初から搭載されていた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

スカイライン2000GT-B / S54B

1964年、第二回日本グランプリ必勝を目指すプリンスは、グロリアのG7エンジンを搭載したスカイラインGT(S54A)をホモロゲ取得のため100台市販する。
グロリアのエンジンを搭載するためボディのフロント部分を200mm延長することとなる。

翌年の1965年、ウェーバーキャブ3連装した2000GT(S54B)を市販する。
その後、シングルキャブの2000GT-A(S54A)が追加され、2000GTは2000GT-Bとなる。

Hn_img_5280このときGT-Aが「青バッチ」、GT-Bが「赤バッチ」、丸テールが、今日のGTおよびGT-Rのルーツとなっている。  

  

 

尚、1966年にプリンス自動車が日産自動車と合併したためニッサン・プリンススカイラインと変更された。

  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

ダイハツ コンパーノ スパイダー

コンパーノ ベルリーナからルーフをカットして誕生したのがスパイダー。

1965年に市販されるが1968年には終焉を迎えてしまう。
理由は、1967年にダイハツとトヨタが業務提携を結んだからだとも言われている。

ホンダS600、トヨタS800より高価だったことが原因なのか、もう少し売れていれば生き延びてかもしれない。オープンの誕生は2002年のコペンまで待たなければらなかった。

Hn_img_5247ベースの800ccから200cc排気量をアップした1000ccエンジ、ソレックスのツインキャブから65馬力を発生。
Hn_img_5249定員4名のオープンカー。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

TRIHAWK

日本で唯一の一台と思われる、1983年から1985年の間で約100台が生産されたTRIHAWK。前輪が2輪、後輪が1輪の3輪車という仕様。

Hn_img_5273シトロエンGSAの1299cc、4気筒のボクサーエンジンを搭載。
Hn_img_5358前後のサスペンションはルノー5、ステアリング関連はルノー9を流用しているらしい。

  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

ジネッタG15 / GINETTA G15

ジネッタは、1957年に誕生したイギリスのバックヤード・ビルダーです。
1964年に発表したG4は、ポルシェ904のサーキットレコードを破るなど一躍有名となります。
G12は、G4の発展型で1966年にコスワースエンジン(997cc)をミッドに搭載し誕生しました。この年は、ACコブラ、ロータス47、TVRなどに勝利し、翌1967年には7リッターのシェルビー・コブラ、4.7リッターのフォードGT40にも勝利しました。

レース用のG12、公道での走行は苦痛、量産も望めないため、それらの課題を解決したG15を1967年11月のロンドンモーターショーで公開しました。1968年から市販されたG15は、サンビーム(ヒルマン)・インプの875ccのエンジンをリアに搭載しています。

Hn_img_5144この車両は、ウエーバーキャブに交換されてるので、標準の55ps以上の出力が出ていると思われます。

Hn_img_51451970年以降のシリーズ3
車重は600kg

Hn_img_5146角型鋼材のラダーフレーム の後部にエンジンを搭載しています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

AUTOMOBILE ART EXHIBITION 2008(2)

ノリタケ森のホールで開催されたAUTOMOBILE ART展。素晴らしい作品の一部を紹介しましょう。

Am_img_6285作者:大内 誠
「カングーロ物語」で使用されたカングーロのテクニカル・イラスト。精密絵画に圧倒されます。

Am_img6332作者:稲垣 利治
今にも動きそうなカングーロ、素晴らしい作品です。切り絵で光と影、切り口がとても難しかったそうです。

Am_img_6337作者:牧田 哲明
50号のカングーロの油絵は間に合わなかったそうですが、
アルファロメオの素晴らしい油絵が注目の的でした。
Am_img_6291作者:斉藤 勉
1/24で作る極限の世界。
唖然とする凄さです。
Am_img_6350作者:水野 秀夫
カーグラフィック誌「創造のチカラ」連載中のミニチュアカー。完成度がとても高いです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

AUTOMOBILE ART EXHIBITION 2008

名古屋・ノリタケの森ギャラリーでAUTOMOBILE ART展が開催されています。
(最終日は、9月7日(日) 16:00まで、入場無料)

日本を代表するイラストレーター、版画、切り絵、モデラーなどの方々の作品を一堂に見ることが出きるので、是非ご来場下さい。

特に、カーグラフィック誌に「創造するチカラ」に連載されている水野さんのミニチュアカー、世界的に復活を驚かせた「カングーロ」、こちらはエンジンに掲載された大内さんのカングーロの透視図、牧田さんの版画、稲垣さんの切り絵、そして注目の一番は齊藤さんのスクラッチ・モデルです。

Aa_img_6483    

Aa_img_6481   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

SUVのデザイン(2)

アウディとVW、やはり兄弟。

Suv_img_5928   

Suv_img_0927    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

MAZDA RX-500 開発秘話リポート:その2

CG CLUB公式サイトに公開されています「RX-500開発秘話」ですが、広島市交通科学館からドアなどを閉じた写真が届きましたので追加致しました。是非ご覧下さい。

http://www.nigensha.co.jp/cgclub/eventreports/event09

00_ldsc_1887   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

RX-8 POLICE

スポーツカーは、パトカーになってもカッコいい!

00000_img_0844   

00000_img_0845    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

SUVのデザイン

アウディ、BMW、ポルシェ ドイツの発信のSUVを比べると、どうしてもアウディが見劣りすると思うのは筆者だけかな。
BMWを除くとフォルクス・ワーゲン、アウディ、ポルシェは3兄弟です。

00000_img_0882   

00000_img_0873

   

00000_img_0789    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

バニング / VANING

0_vaning見かける機会が極端に少なくなったバニング。

今回、偶然に遭遇したバニングはシンプルな顔マーク。

エアブラシの芸術作品も良いが、こういうシンプルなデザインもアリだと思う。

00000_img_0663バニングもアイドルのエアプラシペイントも「痛車」とは呼ばないそうだ。

0000_img_0664この車、1999年からこのデザインで走っています。
カッティングシートと違ってエアプラシの実力は凄いです。   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

自動車文化検定(カー検) 1級合格認定授与式

自動車文化検定(カー検)1級の初代認定者の授与式が産経新聞本社にて行われ、CG CLUB NL編集委員として式に参列致しました。

表彰状に書いてあった「蘊奥」、広辞苑 第六版によると

うんおう(ウンノウと連声)  [宋史 理宗紀「発揮聖賢蘊奥有補治道」]
学術・技芸などの奥深いところ。奥義。極意。
浄、国性爺「軍法の─を悟り開いて」「学の─を極める」

受賞者の皆さん、おめでとうございます。

0000_img_0812私のblogを読んで下さっている方、コメントして下さる方6名が受賞(最高得点者も)されていました。
0000_img_0840あらためておめでとうございます。 今後とも宜しくお願い致します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »