« ダイハツ コンパーノ スパイダー | トップページ | ニッサン プリンスグロリア »

2008年9月12日 (金)

スカイライン2000GT-B / S54B

1964年、第二回日本グランプリ必勝を目指すプリンスは、グロリアのG7エンジンを搭載したスカイラインGT(S54A)をホモロゲ取得のため100台市販する。
グロリアのエンジンを搭載するためボディのフロント部分を200mm延長することとなる。

翌年の1965年、ウェーバーキャブ3連装した2000GT(S54B)を市販する。
その後、シングルキャブの2000GT-A(S54A)が追加され、2000GTは2000GT-Bとなる。

Hn_img_5280このときGT-Aが「青バッチ」、GT-Bが「赤バッチ」、丸テールが、今日のGTおよびGT-Rのルーツとなっている。  

  

 

尚、1966年にプリンス自動車が日産自動車と合併したためニッサン・プリンススカイラインと変更された。

  

|

« ダイハツ コンパーノ スパイダー | トップページ | ニッサン プリンスグロリア »

コメント

イノウエ様、今日は。今回、ちょっとした物、ご自宅宛でメール便で送りました。日曜ぐらいかもしれませんので、お待ち下さい。
それと昨日、時間があったので恵比寿に立ち寄ったのですが、ミスタークラフト、まずい事(張り紙)になっていたのですが、このまま無くなってしまうのでしょうか?

投稿: シンちゃん | 2008年9月12日 (金) 12時25分

日本のコルチナロータスと言った所でしょうか。4ドアーですが。54Bは格別でしたね。お値段も格別。羊の皮を着た狼。この頃のカーグラフィックの宣伝がかっこうよかったです。当時のライトパブリシテイではなかったかと。何が何でも車、車の青春時代。悔いは無いです。しかし、あれから40年!。公麻呂ではないですが、この変りよう!。そうです。1983年に産まれたクラフトは閉店しました。そして、あのトラストポルシェのトラストも倒産!。ア〜、嘆かわしいこの現実。こんな時代に誰がした!。

投稿: 大内 誠 | 2008年9月12日 (金) 23時54分

シンちゃん

ありがとうございます。
クラフトは倒産しました。売り場縮小などが続いていましたが、突然でした。とても残念です。

投稿: イノウエ | 2008年9月13日 (土) 01時47分

大内さん

スカイラインの40年後がこのようになるとは想像出来ませんでした。最初の志が残っていませんから。
54Bは、価格も別格。そのため54A改Bっていう車が増えましたね。

実は、私の最初の車 54A改Bとなる予定(勝手に)だったのです。近所の板金屋さんの乗っている車を乗るのだったら25万円で譲ってあげるよ。と天使の声がありました。免許取り立ての高校生に買えるわけもなく、お父さんと相談して(この板金屋さん、親父の知り合いで)ねと。
家の車庫は車一台、親父はマークⅡに乗っている、親父に乗り換えようよと話を持ちかけるが却下。まぁ当然といえば当然かな。

ペレットも羊の皮を被った狼といわれていましたね。

クラフト、突然でした。とても残念です。

投稿: イノウエ | 2008年9月13日 (土) 01時58分

個人的にスカイラインという車は、その世代毎に「鬼子」に振り回され続けた車だと思っています。
本来「主流」あっての「特別な『傍流』」であるモデルが、パプリックイメージの中では主客逆転してしまい、本来の「主流」が「傍流」を演じることを強いられた不幸がR34までの歴史だったと思っています。

それでもC110で「特別な『傍流』」の呪縛から離れてブランドイメージを再構築しかけていたのに、R30のRS登場でそれが崩れかけ、R31でまた迷走してしまった、というのが個人的な感想です。
#かなり暴論ですが。

そんなこともあり、R34ではすっかりスカイラインへの興味を失っていたので、V35も興味薄だったのですが、ディーラーさんで試乗させていただいて、溜飲を下げた思いをしました。

個人的には前述の通りC110、R30のGT系が本来スカイラインの進むべき道だと思っていていました。
V35を試乗したときに、すぐそれらとイメージがダブり嬉しくなりました。
#勿論、ハードウェアとしてもイイ車です>V35。

そんなこともあって、世間様の評判とは違いV35はワタシにとっての「帰ってきたスカイライン」になったのでした(笑)。
#当然、V36も好きです(^_^)。

まあ、結局は当時の日産のブランドイメージ醸成がヘタだった、ということに尽きるわけですが>スカイラインの盛衰。

P.S.
Mr.クラフト残念です。
mixiのHotWheel系のコミュで「恵比寿でHWの扱いを縮小するらしい」という話題を聞いていたので、ちょっと悪い予感はあったんですが。
上京時に立ち寄る場所が、また一つ無くなってしまいました。

投稿: nan | 2008年9月14日 (日) 01時34分

nonさん

歴代スカイライン、どうしても「赤バッチ」に振り回されますね。

スカイラインの志はゼロ・クラウンが引き継いだようにも思います。

V35は中途半端と思いましたがV36で本来の走りに戻ったように思います。

投稿: イノウエ | 2008年9月15日 (月) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/42448917

この記事へのトラックバック一覧です: スカイライン2000GT-B / S54B :

« ダイハツ コンパーノ スパイダー | トップページ | ニッサン プリンスグロリア »