« RX-8 POLICE | トップページ | SUVのデザイン(2) »

2008年9月 5日 (金)

MAZDA RX-500 開発秘話リポート:その2

CG CLUB公式サイトに公開されています「RX-500開発秘話」ですが、広島市交通科学館からドアなどを閉じた写真が届きましたので追加致しました。是非ご覧下さい。

http://www.nigensha.co.jp/cgclub/eventreports/event09

00_ldsc_1887   

|

« RX-8 POLICE | トップページ | SUVのデザイン(2) »

コメント

これはなかなか面白いストーリーですね。
中途半端にヨーロッパ被れしているから、灯台下暗しなんですよね。これではいけません、反省です。
最近はかなり考え方が変わりましたけどね・・・(苦笑)

投稿: marque | 2008年9月 5日 (金) 04時48分

また30年仕舞い込まない様にして頂きたいものですね。
ところでマツダさん、70年代のプロト、他に何をお持ちなのでしょう(^^

投稿: gop | 2008年9月 6日 (土) 05時20分

marque さん

日本車にも歴史ありですね。
走らないコンセプトカーは作らないというマツダの信念は、ここから始まったのかも知れません。

投稿: イノウエ | 2008年9月 6日 (土) 07時44分

gopさん

最後に書いてある「ストーリーは続く」ではありませんが、なにがどのように動くか分かりませんが「動いて」いるようです。

投稿: イノウエ | 2008年9月 6日 (土) 07時52分

こんばんは。ずいぶんと古いスレにレスしてしまった後でこのスレ読んで改めて書き込みします。
カー雑誌(J'sTipoだったかな?)の記事も読みましたが、当時はこのRX500は単なるショーカーではなくコスモスポーツの後続モデルとして考えていたそうですね。妙に腰高なリアエンドもRX500を「2シーターのスポーツワゴン」という企画のために実用上十分なラゲッジスペースを得るためだったとか。実走どころか実用まで考えていたとは驚きです。
>マツダの70年代のプロト....
1972年(だっけ?)の東京モーターショーで、前輪と後輪が1輪づつで左右の補助輪が駆動輪の変わった形の軽ワンボックスがありませんでしたっけ?型式名失念。ご近所の三菱のディーラーさんで歴代東京モーターショーの展示車両のカタログあったので後日調べてきます。

投稿: ぱぶれ | 2008年9月10日 (水) 21時32分

ぱぶれさん

福田さんは、スポーツワゴンとは言わず、グランドツーリスモっておっしゃっていましたよ。

モーターショーの情報、宜しくお願い致します。

投稿: イノウエ | 2008年9月11日 (木) 01時43分

以前大変お世話になったマツダフリークの方の記事です。

http://dot-s.net/minicar/diary.cgi?no=17&continue=on#continue

投稿: 職人 | 2010年1月 7日 (木) 19時38分

職人さん

ご紹介ありがとうございます。
私の持っている34番は福田さんにサインを頂きました。

投稿: イノウエ | 2010年1月 8日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/42381824

この記事へのトラックバック一覧です: MAZDA RX-500 開発秘話リポート:その2:

« RX-8 POLICE | トップページ | SUVのデザイン(2) »