« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

MV AGUSTA 350BE

MV AGUSTA 350BE(Bicilindrice Sport Elettronica)
1972年のミラノショーでセンセーショナルに登場したMVの2気筒モデル。

Mv_350be       

Mv_img_8364      

Mv_img_8373        

Mv_img_8374        

Mv_img_8385       

   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

SUZUKI RE-5

輸出専用モデルだったRE-5、わずか2年間しか生産されていないにも関わらず前期、後期モデルがあった。
その前期・後期モデルが、日本に里帰りし元気に走っていることが嬉しい。
デザインはジウジアーロ。水冷横置き1ローター、497cc、62ps/6500rpm。
吸排気共ペリフェラルポート方式、吸気系は低負荷用吸気口を設けた多孔式を採用している。

Re5_1前期モデル

0_img_8404   

0_img_8408   

Re5_2_2後期モデル  
メーター類、テールライト、ウインカーなどがオーソドックスなタイプに変更されている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

HERCULES W2000

世界初の量産ロータリーエンジン搭載バイク。

Sachs製の強制空冷縦置き1ローター。294cc、27ps/6000rpm。
オフロードモデルも市販され、エンデューロでも活躍していた。

W2000_1

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

2008全日本トライアル:黒山(ヤマハ)チャンピオンを獲得

2008年の全日本トライアルもSUGOで開催された東北大会で終了しました。
ヤマハに乗る黒山選手がチャンピオンを奪取した。
これで、五連覇を含む通算8度のチャンピオンを獲得

00_img_4094右:チャンピオン黒山
左:シリーズ2位の小川

5月31日、トライアル世界選手権日本大会より

     

国際A級スーパークラス・ポイントランキング
順位No.選手R1R2R3R4R5R6R7合計
1 2 黒山 健一 20 20 20 20 15 20 20 135
2 1 小川 友幸 17 17 15 17 17 17 15 115
3 3 野崎 史高 15 15 17 13 20 15 17 112
4 10 小川 毅士 11 13 13 11 9 10 11 78
5 4 田中 太一 13 11 - 15 13 13 10 75
6 6 田中 善弘 8 9 11 8 8 9 9 62
7 5 井内 将太郎 10 10 10 9 10 7 6 62
8 9 尾西 和博 9 - 9 7 11 8 7 51
9 8 坂田 匠太 6 8 8 10 - 6 8 46
10 14 三谷 英明 7 6 7 6 6 - - 32
11 7 渋谷 勲 - - - - - 11 13 24
12 13 小森 文彦 - 7 6 - 7 - - 20

国際A級・ポイントランキング
順位No.選手R1R2R3R4R5R6R7合計
1 6 西元 良太 20 13 20 20 20 13 17 123
2 8 柴田 暁 9 15 8 17 11 20 15 95
3 2 本多 元治 17 17 10 - 17 11 20 92
4 11 斉藤 晶夫 11 9 15 13 5 15 11 79
5 13 佃 大輔 5 11 13 - 10 17 6 62
6 9 小野 貴史 13 8 2 10 15 1 13 62
7 7 野本 佳章 7 20 - 9 13 3 8 60
8 10 岡村 将敏 15 10 5 - 8 7 2 47
9 14 永久保 恭平 8 7 11 8 7 5 - 46
10 4 宮崎 航 10 5 3 15 9 - - 42
11 15 砂田 真彦 2 4 4 - 4 10 9 33
12 12 徳丸 新伍 3 2 1 - 2 8 10 26
13 3 竹屋 健二 - - 17 - - - 7 24
14 17 日下 達也 - - 7 11 - 6 - 24
15 35 村田 慎示 6 - 6 - 6 - 4 22
16 22 藤巻 耕太 4 1 - 7 3 - 5 20
17 寺澤 慎也 - - - - - 9 - 9
18 43 波田 親男 - - 9 - - - - 9
19 42 西 和陽 - 6 - - - - - 6
20 加賀 国光 - - - - - 4 - 4
21 44 成田 亮 - - - - - - 3 3
22 40 尾藤 正則 - 3 - - - - - 3
23 19 川村 義仁 - - - - - 2 1 3
24 16 小谷 徹 1 - - - - - - 1
25 30 三塚 政幸 - - - - 1 - - 1




国際B級・ポイントランキング
順位No.選手R1R2R3R4R5R6R7合計
1 10 小野田 理智 20 17 17 20 20 20 17 131
2 15 上福浦 明男 17 20 20 17 10 13 20 117
3 2 前間 元気 15 9 11 8 17 11 15 86
4 52 松浦 翼 10 15 4 11 15 3 9 67
5 1 中山 徹志 4 10 13 9 9 9 - 54
6 5 木下 裕喜 8 2 - 6 7 15 13 51
7 6 荒木 隆介 11 - - 15 8 10 1 45
8 4 大田 裕一 7 7 3 1 13 - 8 39
9 35 樋上 真司 - - 9 13 6 - 10 38
10 14 安岡 護 - 11 7 3 11 - 4 36
11 54 松岡 一樹 - - - - - 17 11 28
12 12 大西 貴 - 13 - 10 3 - - 26
13 26 松本 龍二 5 8 - 7 4 - - 24
14 13 薄井 修 9 - - - 5 - 7 21
15 18 岩見 秀一 13 - - - - 8 - 21
16 90 杉木 直志 - - 10 - - 7 - 17
17 3 和田 弘行 - - 15 - - - - 15
18 24 遠藤 博文 3 6 5 - - - - 14
19 51 平井 賢志 - 4 8 - - - - 12
20 25 岩崎 直樹 - - - - - 5 6 11
21 36 紺野 賢二 - - - 5 - - 5 10
22 9 高田 貴是 - - - - - 6 - 6
23 87 森 育美 - - 6 - - - - 6
24 窪谷 貴正 6 - - - - - - 6
25 36 樋口 智彦 - 5 - - - - - 5
26 53 中田 幸佑 - 3 - - 2 - - 5
27 33 吉平 正男 - - - - - 4 - 4
28 100 小西 学 - - - 4 - - - 4
29 102 八ツ星 栄 - - - - - - 3 3
30 56 中村 雄輔 - - - - 1 2 - 3
31 61 堀内 明夫 - - - - - - 2 2
32 32 橋場 祐次 - - - 2 - - - 2
33 60 藤丸 千代志 - - 2 - - - - 2
34 7 宮下 祥次 2 - - - - - - 2
35 109 山田 和雄 - - - - - 1 - 1
36 20 木戸 孝則 - - 1 - - - - 1
37 28 後藤 研一 - 1 - - - - - 1
38 8 藤原 竜 1 - - - - - - 1

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年10月27日 (月)

CIVIC CRX / US MODEL

バラードCR-X、北米仕様は「CIVIC CRX」と命名されていました。

テールエンドを切ったデザインは、コードトロンカと呼ばれていています。
国内モデルとの違いは、ヘッドライトが固定式となっていることです。
この逆輸入されたCRX、2オーナーということですが、凄く程度が良く大切にされてきた車両です。

Crx_img_8512    

Crx_img_8481     

Crx_img_8483     

Crx_img_8506     

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年10月26日 (日)

ART FORCE SILVIA / S13

00_img_1519_2プロコル・ハルムの「青い影」が流れる、とても衝撃的なコマーシャルで登場した5代目S13シルビア。1988年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得する。   

00_img_1526当時からミドルクラスのFRは少なくなっており、後期モデルではSR20のターボエンジンも搭載され現在でも人気モデルとなっている。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008年10月25日 (土)

HONDA CR-X

1983年、FFライトウエイトスポーツとして誕生したバラードスポーツCR-X。
2代目はバラードが廃止されたためバラードスポーツの冠が無くなり1987年に登場した。
特徴は、初代の課題であった後方視界のためスモークガラス風の「エクストラウィンド」が採用されたこと。

000_img_83062代目CR-X

 

  

  
 

このスモークガラス風の窓を最初に採用したのが1971年のミニカ・スキッパー、CR-Xの後はファミリア、インサイト、プリウスが同様のデザインを採用しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

露崎春女/Lyrico 13years

最初に彼女の歌声を聞いたのは、亀渕友香&VOJA(The Voices of Japan)に参画していたころ。その後、Sing Like Talkingのバックコーラスをしていた。
そうこうしている間に1995年、メジャーデビュー。
1996年、出張で東京から大阪に向かう新幹線の指定席、隣の席がなんと「露崎春女さん」。マネージャーさんと打合せをしていた。もうドキドキ、追っかけはしていないがメジャーデビュー前からのファンだった。

あるタイミング、「露崎さんのファンなんですけどサインして頂けますか、サインして頂くものがないのでこのPCにサインをお願いします」とLet’s note miniを差し出しました。

サインをして頂いたあと、少しお話をさせて頂きました。マネジャーさんも含めて新人のR&Bの歌手を知っていることに驚かれていました。

0_img_1502Let's note miniに頂いたサインとデビュー13年目の最新アルバム。sony移籍、第一弾です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

BMW1502

市場のニーズから1602の再販モデルとして、1502はBMWが1975年に送り出した最後の「02」です。

0_img_83053シリーズと平行して1977年まで製造されています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

MAZDA MX-5 (ROADSTER) / パリサロン

パリサロンに登場したMAZDA MX-5(ROADSTER)のマイナーチェンジモデル。

Mx5_fl_sketch_2フェイスリフトだけじゃないのがマツダ。そのフェィスリフトも、前後で空力を改善し直進安定性をはかっているとのこと。
Mx5fl_engine_chassisエンジンは、トップエンドを500rpmアップして7500rpmとなった。この500rpmのアップに寄与したのは、鋳造クランクシャフトを鍛造に材料を変更したことだ。
Mx5fl_sftrcoupe3フロントのロールセンターを26mm下げたジオメトリーの変更を行ったそうです。これはターンインの気持ち良さ更に増すことを示しています。
Mx5fl_sftrcoupe1もちろん、ダンパーのチューニング、シフトフィーリング、吸気の脈動をさわり音のチューニングも実施されています。

Mx5fl_sftrcoupe2 見えないところをちゃんとチューニングすること。マツダらしいし、これを実施することで未来に繋がる。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

Make A Wish / MAWJ湘南チャリティーライド2008

11月3日に大磯ロングビーチで開催されるMake A Wish 「MAWJ湘南チャリティーライド2008」の準備で現地を訪れていました。
プールからの夕陽がキラキラ輝き、クルマに舞い降りてきました。
難病の子供達の夢が叶いそうです。

公式サイト http://www.charityride.jp/

0_ims_oiso_p      

0_img_8323    

0_img_8321     

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

La Festa Mille Miglia / 横浜

La Festa Mille Migliaのゴール地点、横浜・元町は生憎の雨模様。

0_1014_165    

0_1014_010   

0_1014_027    

0_1014_020    

0_1014_037    

0_1014_001     

0_1014_031     

  

  

  

photo:murakami

   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

MASERATI 200SI (2)

レーシングカーを作り続けたマセラティ兄弟のアイデンティが盛り込まれた150Sから450S。
200Sは、直列4気筒、1994cc、190ps/7800rpm、鋼管フレーム660kgという仕様。
公道を走ることが出来るレーシングカーが市販されるのも、タルガフローリオ、ミッレミリア、ミラノ-サンレモカップなど公道を使用するレースが盛んな国だから出来たことなのでしょう。

Mm_1014_185   

Mm_1014_171   

Lmm_img_8288   

  

  

  

  

photo:murakami,inoue

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

FIAT LOMBARDO 1100S

シチリアのロンバルド兄弟が製作したワンオフのLOMBARDO。
ベースとなったのは、1949年タルガ・フローリオでクラッシュしたフィアット1100マルサーラ。

Lmm_img_7865   

Lmm_img_7867   

Lmm_img_7866    

Lmm_img_7863    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

ABARTH Cisitalia 207A Boano Spider corsa

1953年にデビューしたフィアット1100をベースに、1270ccまで拡大したOHV4気筒エンジンをカロッツェリア・ボアノのボディに載せたスパイダーです。 

Lmm_img_8044   

Lmm_img_7848    

Lmm_img_7844     

Lmm_img_7851    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

CISITALIA 204

チシタリア204の最大の特徴は、カルロ・アバルトとポルシェ設計事務所が深く関わっていたことです。

Lmm_img_7793エントリーリストによると、このチシタリア204は1948年。そうであるならば2台作られたうちの一台、とても希少な車両です。
  
  

1949年の初めチシタリアの工場が閉鎖され、4月にはアバルト&Cが活動を開始、一年後の4月正式にアバルト&Cが設立されチシタリア204の残り3台が作られた。
ヌボォラーリが勝利した最後の車(1950年4月)がチシタリア204であり、同年7月アバルト&Cにてリビルトされてチシタリア204A(アバルトが組み立てたというA)となる。
このヌボォラーリが勝利した車両は現在日本にある。

Lmm_img_7918 ポルシェ356のフロントサスペンション、ブレーキが使われています。

Lmm_img_7921アバルト&C、最初の車がチシタリア204です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

OSCA MT4

OSAC(Officine Specializzate Costruzioni Automobile)は、マセラティ兄弟が1947年に立ち上げたレーシング・コンストラクター。

Lmm_img_7940   

Lmm_img_7951     

   

Lmm_img_7876     

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

MASERATI 200SI

雨降りのLa Festa Mille Miglia。

Lmm_img_7893雨の日しか撮れない「水と光と影」の世界がある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

スターリング・モス / Stirling MOSS (2)

1955年、日本では観音開きのクラウンが登場したころ、公道を250km/hで走るレースがあった。それがミッレミレアです。

1955年のミッレミリア、1600kmの距離を平均時速157.65km/hで走りきったスターリング・モス/ジェンクス組の300SLRが優勝を飾る。

2008年、日本で開催されるラフェスタ ミッレミリアに、スターリング・モスは奥様をナビゲーターとして参戦されています。

   車両    : メルセデス・ベンツ300SLS
ドライバー   : スターリング・モス
コ・ドライバー : スージー・モス

Lmm_img_7987    

Lmm_img_8156      

Lmm_img_8210      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

スターリング・モス / Stirling MOSS (1)

2008年のLa Festa Mille Miglia 10月11日明治神宮南門からスタートしました。
注目のドライバーはスターリング・モス。300SLRとTipo 61のミニチュアカーにサインを頂き宝物が出来ました。

Lmm_img_82291955年ミッレ・ミレア優勝した#722のメルセデス・ベンツ300SLRのミニチュアカーは持っていなかったので、クーペの300SLRにサインを頂きました。

Lmm_img_82441960年のNURBURGRING 1000KMで優勝MASERATI TIPO 61のミニチュアカーにサインを頂きました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

2008まつどクラシックカーフェスティバル:C1 コルベット

C1 コルベット、後期型の前期型なんて変な言い回しです。理由は、頻々にフェイスリフトが行われためです。

Mm_img_7518   

Mm_img_7525    

Mm_img_7479    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

2008まつどクラシックカーフェスティバル:カローラ・レビン

セリカの2T-Gエンジンを搭載したカローラ・レビン。
日本の絶版名車という企画には必ず登場します。
ベースとなったのは1400SR(スポーツ&ラリー)です。

Mmm_img_7600   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

2008まつどクラシックカーフェスティバル:スカイライン2000GT

ケンとメリーのスカイライン、「GT」って希少な車両です。

Mm_img_7578

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

2008まつどクラシックカーフェスティバル:ボルボP1800

大胆にもストックカー仕様としたボルボP1800、驚きました!。
こんな表現方法があるんですね。

Mm_img_7325   

Mm_img_7326    

Mm_img_7638    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

2008まつどクラシックカーフェスティバル:ポルシェ 930

排気ガス規制の関係で絶対台数が少ないと思われる930型ポルシェ。
Mm_img_7322なかでも、ノンターボの911SCは希少な一台と思われます。

Mm_img_7605 911SCに比べると見る機会が多い930ターボ。

Mm_img_7609 巨大なオーバーフェンダーとスポイラーは、930ターボの魅力のひとつ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

2008まつどクラシックカーフェスティバル:オペル1900GT

無事、まつどクセシックカーフェスティバルが終了しました。
松戸まで、見学・激励に来てくださったCG CLUBの皆さん、ありがとうございます。
まったりとイベントですが来年も宜しくお願い致します。

ミニ・パレード、歩行者天国のど真ん中なので、走るというより徐行ですが古き良き時代の車が走るのはいいことです。

Mm_img_7650ワンオーナーのオペル1900GT。

Mm_img_7656比較的近所のクルマなので、たまにすれ違うことがあります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

2008まつどクラシックカーフェスティバル:開幕

まつどクラシックカーフェスティバルは2日間のイベント。
歩行者天国にあわせてのイベント開催のため展示車両は10時までに会場に到着すればよい。

Mm_img_6950連接の三菱ジープ。

Mm_img_6951シングルナンバーのダツトサン。

Mm_img_6955コスモスポーツと117クーペが揃って登場。60年代後半を代表する日本のスポーツカー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

琳派とピカソ

時を同じくして
BRUTUSから「琳派」
Penから「ピカソ」
の特集号が発刊された。

0_img_1303クルマは工業デザイン、けっして芸術ではない。しかしながら、今一度本物の芸術を「見て」、「学ぶ」ことが必要ではないだろうか。ワクワクする自動車誕生のために。

  
能面の美しさ、映りこみの美しさなど、ときめくクルマが誕生して欲しい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

Beta EVO 2009年モデル

ベータの2009年モデルが発表された。その名はベータEVO。マシンはフレームから一新されたが、何より驚いたのがリアサスがリンク式に戻ったこと。それは、より操作性を向上させたことだ。
この変更によりファハルドは、第二のボウのように変身する可能性を秘めている。2009年シーズンが楽しみだ!また、この変更によりランプキンはグランプリ100勝の可能性が出てきた。

Beta_0809192T:250cc、69kg
4T:250cc、72kg
世界で最初にアルミフレームを採用したメーカーは、徹底的に軽量化に取り組んだ。

Fa_img_4260ランキング4位を獲得したファハルド

Img_4647あと一勝でグランプリ100勝の金字塔を打ち立てるランプキン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

最新情報:まつどクラシックカーフェスティバル

10月4日-5日に開催されるまつどクラシックカーフェカティバルの直前情報です。
JR松戸駅・新京成松戸駅の西口地下駐車場の地下1階部分が展示場です。

 開催日程
 10月4日(土) 11:00~18:00
 10月5日(日) 11:00~18:00
 ミニパレード(10月5日) 14:00~15:00
 特別展示 東京電力    :電気自動車
        昭和シェル石油:燃料電池車両 

両日ご覧になれる主な車両は、アルファロメオ・スパイダーペローチェ、コスモスポーツ、117クーペ(ハンドメイド)、コルベット(C1、C3)、930ターボ、911T、スカイラインGT-R(ハコスカ)、オペルGT、観音開きのクラウン、ベンツ280SL、ジャガーマークⅡ、スプライトマークⅠ、トヨタS800、TR4Aなどです。

4日は、モーガンプラス4、サニーキャブなど
5日は、ボルボP1800S、MG-TC、カマロRS、356C、スバル360、バスモホンダ、240Z、SR311などがご覧になれます。

Mm_img_1095_2今年のポスターとキーホルダー。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年10月 1日 (水)

トライアル世界選手権 ボウが2連覇

2008年のトライアル世界選手権、ボウがチャンピオンを獲得!
インドアトライアルのチャンピオンも獲得しており、インドア、アウトドアで2シーズン連続でチャンピオン獲得。
当面ボウの天下は続きそうだ。

Bou_img_4822日本大会で優勝のボウ

2008wct日本のエース藤波は3位
日本大会スポット参戦の
小川 13位
野崎 14位
黒山 15位
となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »