« BMW1502 | トップページ | HONDA CR-X »

2008年10月24日 (金)

露崎春女/Lyrico 13years

最初に彼女の歌声を聞いたのは、亀渕友香&VOJA(The Voices of Japan)に参画していたころ。その後、Sing Like Talkingのバックコーラスをしていた。
そうこうしている間に1995年、メジャーデビュー。
1996年、出張で東京から大阪に向かう新幹線の指定席、隣の席がなんと「露崎春女さん」。マネージャーさんと打合せをしていた。もうドキドキ、追っかけはしていないがメジャーデビュー前からのファンだった。

あるタイミング、「露崎さんのファンなんですけどサインして頂けますか、サインして頂くものがないのでこのPCにサインをお願いします」とLet’s note miniを差し出しました。

サインをして頂いたあと、少しお話をさせて頂きました。マネジャーさんも含めて新人のR&Bの歌手を知っていることに驚かれていました。

0_img_1502Let's note miniに頂いたサインとデビュー13年目の最新アルバム。sony移籍、第一弾です。

|

« BMW1502 | トップページ | HONDA CR-X »

コメント

イノウエ様今晩は。この幅広い関心が、イノウエ様のバイタリティーなのでしょう。
私は、くるまは“IQからファントムまで”幅広く興味があるのですが、その他は、例えばこの前のピカソ、なんか違う(好みでなく)感じがしたり、音楽も自身の行き着いた先が、下記の2曲でした。解り易いけど、ケッコウガチガチですね。

http://jp.youtube.com/watch?v=v8Hw6yAaeBw

http://jp.youtube.com/watch?v=5MN_Sumh18U

投稿: シンちゃん | 2008年10月24日 (金) 00時24分

スミマセン、訂正でバリーホワイト、こっちがより好きでした。

http://jp.youtube.com/watch?v=t3S6UVS2JDE&feature=related

投稿: シンちゃん | 2008年10月24日 (金) 00時27分

シンちゃん さん

横から失礼します。イノウエさんのお仲間ということで。

人と音楽の出会いなんて不思議なものですね。高校時代に出会った矢野顕子さんのデビュー作、周りの音楽好きの間ではボロクソけなされましたが、私はなんとも不思議な魅力を感じたんです。

歳と共に好みも変わるし、縁遠くなるもの、再会するものもあります。

ピカソは私も見てきました。立体が沢山見られて良かったです。無心に沢山の作品を見て感じたのは、土の匂い、もっと極端に言うと「肥やしの匂い」でした。圧倒的な生命力、それもミミズとか微生物系の力強さを感じました。

なんてのも個人の感じ方なので、だから何なのか・・・ということもないのですが。

投稿: akira isida | 2008年10月24日 (金) 23時35分

isida様今晩は。
そうですね。くるまは知識が有ってみますが、その反対として絵画は、無心にただ感じるままココロに響いたものです。

今年は、夏に上野で見たコローがよかったです。

毎月、面白そうなものを調べ、行くようにしています。
非常に不遜な喩えで恐縮ですが、食べ歩きと一緒で、ランキングは参考にしますが、実際自身がどう感じるかが大切で、響く響かないも試さないと解らないので、エンッオのひそみに倣って『次のものが1番かもしれない』と想い、出かけて行きます。

ただ、まだまだ受け入れるキャパが狭いなと想っています。

投稿: シンちゃん | 2008年10月24日 (金) 23時53分

シンちゃん
ishida さん

音楽との出会い、不思議ですね。
高校生のころ、某大学の学祭の長谷川きよしのライプを見に行って、斉藤ノブのパーカッションに魅せられました。
それから、少しの歳月が流れ、ジャズ・フィージョン系のバンドでベース弾いていた先輩からジョージ・ベンソンを教えてもらい、来日記念版ライブのオン・ブロードウェイのハーヴィ・メイソンのドラムとラルフ・マクドナルドのパーカッションの対話しているかのような演奏に驚かされました。
あるとき、その先輩がフラットレスのエレキベースの練習にバイオリンを始め、あらためてクラシックを聞いてとても新鮮でした。先輩のバンドのライブハウスのチケット販売の手伝いもしていました。(神戸のチキンジョージで時々ライブやっていた)
そんな手伝い良かったのか、私の結婚式にそのバンドの一部メンバーが来て下さいました。生オケで出席者は戸惑っていたようですが。とても良い記念になりました。

絵画、彫刻など週一回は、昼休みに画廊歩きして本物を見ています。著名な作家だけでなくても素晴らしい作品は多いです。日本の特殊な芸術事情が眠らせている作品も多いと思います。


投稿: イノウエ | 2008年10月25日 (土) 00時24分

音楽ついでに。
土曜の深夜、CGTVの後オールナイトフジ(笑)が定番だった高校時、合間のCMで衝撃的だったのがシルビアのプロコルハルムの「青い影」でした。

http://video.aol.com/video-detail/s13/2890057367

投稿: シンちゃん | 2008年10月25日 (土) 00時47分

う〜ん...

群馬県某所にお住まいの長谷川きよしさん...
そのご自宅から500M先の公会堂でものすごーくフレンドリーなコンサートを引き受けて下さった矢野顕子さん...
あっこちゃんの方はJAZZをベースにしたあのピアノが大好きで、もうダメもとで呼んでみようかってお願いしたらあっさりほんとに快く来て下さってたーっぷり歌って下さって、ほんと素敵な人です。

#「こんな素晴らしいミュージシャンの方々が来て下さるのに、この街はこんなボロい公会堂だけでいいんか !?」
って町長と教育長を吊るし上げ、小さな街には不釣り合いなほどの立派なホールを建てさせた音楽好き集団がその昔この街に居たのでした...(遠い目)

投稿: 117おやじ | 2008年10月25日 (土) 04時33分

シンちゃん
 シルビアCMのプロコルハルムは衝撃でした。なんでこんな俺らの懐メロがCMで流れるんだって。そしたら、その後出るわ出るわ・・・。

イノウエさん
 斉藤ノブさんは来月ソロアルバムが出るんですね。昼休みに銀ブラできるのはうらまやしいです。

117おやじさん
 なんか長谷川きよしさんからあっこちゃんまで重なってしまいましたね。この年頃のオヤジは、若い頃は似たような悪いこと(笑)やってたんですねぇ・・・。

投稿: akira isida | 2008年10月25日 (土) 12時18分

シンちゃん
ishidaさん

S13シルビアのCM、驚きました。
明日は、S13シルビアをアップしますね。

ishidaさん
117おやじさん

長谷川きよしさん、そちら方面でしたね。矢野さんとのジョイントコンサートも凄いです。公会堂も・・。

当時、ライプはラジオの公開録音を中心にお世話になっていました。(はがき申し込みですが当時はよく当たりました)
荒井由美とビリーバンバンが体育館ステージで歌うなど学芸会的なノリもあり面白い時代でした。

ishida さん

繁務先の隣の町内が銀座、八重洲なんで恩恵受けています。徒歩3分で最初の画廊があるのでハシゴしています。

斉藤ノブさんのアルバム、楽しみにしているのです。


投稿: イノウエ | 2008年10月25日 (土) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/42885403

この記事へのトラックバック一覧です: 露崎春女/Lyrico 13years:

« BMW1502 | トップページ | HONDA CR-X »