« スターリング・モス / Stirling MOSS (1) | トップページ | MASERATI 200SI »

2008年10月13日 (月)

スターリング・モス / Stirling MOSS (2)

1955年、日本では観音開きのクラウンが登場したころ、公道を250km/hで走るレースがあった。それがミッレミレアです。

1955年のミッレミリア、1600kmの距離を平均時速157.65km/hで走りきったスターリング・モス/ジェンクス組の300SLRが優勝を飾る。

2008年、日本で開催されるラフェスタ ミッレミリアに、スターリング・モスは奥様をナビゲーターとして参戦されています。

   車両    : メルセデス・ベンツ300SLS
ドライバー   : スターリング・モス
コ・ドライバー : スージー・モス

Lmm_img_7987    

Lmm_img_8156      

Lmm_img_8210      

|

« スターリング・モス / Stirling MOSS (1) | トップページ | MASERATI 200SI »

コメント

ミッレミレアはスーパーCGで、ずいぶん特集していましたっけねえ。
その写真を見るのが好きでした。

投稿: ナツパパ | 2008年10月14日 (火) 09時08分

ナツパパさん

スーパーCG、ミッレミリア特集が多かったですね。特に後半になつてイタリアの虫特集もあって。
実は、イタリアの虫、スーパーCGに掲載された車両の大半が走っているのですよ。


投稿: イノウエ | 2008年10月14日 (火) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/42757505

この記事へのトラックバック一覧です: スターリング・モス / Stirling MOSS (2):

« スターリング・モス / Stirling MOSS (1) | トップページ | MASERATI 200SI »