« ART FORCE SILVIA / S13 | トップページ | 2008全日本トライアル:黒山(ヤマハ)チャンピオンを獲得 »

2008年10月27日 (月)

CIVIC CRX / US MODEL

バラードCR-X、北米仕様は「CIVIC CRX」と命名されていました。

テールエンドを切ったデザインは、コードトロンカと呼ばれていています。
国内モデルとの違いは、ヘッドライトが固定式となっていることです。
この逆輸入されたCRX、2オーナーということですが、凄く程度が良く大切にされてきた車両です。

Crx_img_8512    

Crx_img_8481     

Crx_img_8483     

Crx_img_8506     

|

« ART FORCE SILVIA / S13 | トップページ | 2008全日本トライアル:黒山(ヤマハ)チャンピオンを獲得 »

コメント

この型のSiに2年ほど乗りました(勿論国内版ですが(^_^;))。
基本的に小さなクルマが好きなので、スタイルが良くて、乗って面白く、そして実用的でもある、このクルマはとても気に入っていました。
しかし、当時のホンダ車の常でボディが弱く、ヘタリが目立つようになってきたため、手放してしまいました。
この位のサイズのスポーティーな「クーペ」は、今のワタシの生活にもマッチしているので、ある意味で熱望している種類のクルマでもあります。
しかし、世界的に絶滅種になってしまったようで、再登場の気配すらないのは、くれぐれも残念であります。

投稿: nan | 2008年10月27日 (月) 01時47分

このサイズで低く座らせるクーペというと生産中止になってしまったスマート・ロードスターが最後でしょうか。価格が高い割にエンジンがスポーティでない性格なのが災いしましたね。

バラード・スポーツに最初に試乗したとき間欠ワイパーの操作が面白かったです。間欠モードにしてレバー先端のボタンを押すと一度ワイパーが動きます。もう一度押すと1度目とのインターバルを学習するものでした。なかなか理にかなっていると思いましたねえ。

投稿: akira isida | 2008年10月27日 (月) 23時03分

nonさん

プレリュードもそうでしてが、ボディ剛性がちょっと弱かったですね。

小さなクーペ、絶滅してしまいましたね。
3Drハッチで変わりと思っても日本では市販予定がありませんから、残念です。
MAZDA2の3Drハッチ、カッコ良いのですが・・・残念。

投稿: イノウエ | 2008年10月28日 (火) 00時53分

ishidaさん

スマート・ロードスターはベースがベースなので仕方ないですね。
最近、カプチーノを見かける機会が多くて「これだよな」って思っています。屋根が付いたスーパー7ですからね。

バラードの関係ワイパー、セールスの方が使い方を説明してくださって「なるほど」と感心したこと思い出しました。

投稿: イノウエ | 2008年10月28日 (火) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/42914229

この記事へのトラックバック一覧です: CIVIC CRX / US MODEL :

» CR−X [CR−X]
CR−Xについて紹介します。 [続きを読む]

受信: 2008年10月28日 (火) 15時58分

« ART FORCE SILVIA / S13 | トップページ | 2008全日本トライアル:黒山(ヤマハ)チャンピオンを獲得 »