« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

ロードスターのある風景

年末の恒例の行事「富士山とロードスターと夕陽」の撮影です。

太陽が沈むと、霞が無くなってシルエットの富士山が現れる。自然のマジックに驚くばかり。

20081226_rsjlmi     

20081230_rs    

    

  

 


今年一年、備忘録blogを読んでくださり、ありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

2CV by HERMES / 2CV エルメス

今年、シトロエン2CVは生誕60周年。
パリサロンにはエルメスが内装、外装を手がけた特別仕様の2CVが展示されていました。
2CVは、1948年から1990年までの42年間大きなモデルチェンジのないまま生産された、単一モデルとして世界屈指のベストセラー、ロングセラーです。

1_2cv_e2   

1_2cv_e1     

1_2cv_e3        

   

   

   

 
  

photo : autanacar

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年12月29日 (月)

フェラーリ430スパイダー

信号待ちしていたら、ガンメタのフェラーリ430スパイダーが右折しています。ドライバーは初老の欧米の方のようです。スポーツカーは高齢の方乗っているとカッコ良いです。

F_img_1134少しの間、並走しました。
オープンで聞く官能のサウンドは素晴らしいです。

老いても黄色いロードスターに乗り続けます。
今日出合った初老の方のように、カッコよくありたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

踏み切り

一車線の道が片側交互通行となる踏み切り。

Rs_img_1136手前は踏み切りを介した交差点となっています。
都内某所にて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

TESLA ROADSTER / テスラ ロードスター

今年、縁あって「iMiVE」の電気自動車を試乗しました。そのお陰で、モーターのもつダイレクト感が理解出来ました。

Tesla_11テスラ ロードスターは電気自動車。本格的なリチウムイオン・バッテリーのスポーツカーです。
Tesla_22しかも、ロータス・エリーゼのモノコックなどの基本設計を受け継ぐ本格的なライトウエイトEVです。トクルフルなモーターの魔力を体験すると、ガソリンに戻れないかもしれない。 
   

 photo : autanacar

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

Renault Megane Trophy / ルノー メガーヌ トロフィー

メガーヌ・トロフィーの最新ミッドシップ。
市販モデルの部品は、窓と前後のランプが使用されている。
サーキットのラップタイムは、ポルシェGT3に近いという。

Rs_1Engine:V6 3.5L 24valve 

Rs_2Weigth:955kg

 

   

   

 

photo : autanacar

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

BMW Isetta

1950年代、庶民の足としてヨーロッパでブームとなったのがバブルカー。その代表が1953年にイタリア イソ社発表した「イセッタ」。(1954年に日本へ輸出されている)

イセッタのユニークさが各国で着目され、フランス、ドイツ、イギリス、ベルギー、スペイン、ブラジルなどでライセンス生産が行われた。
そのなかでも有名なのがBMWのイセッタ。1954年にライセンスを得て既存のバイクの250ccエンジンを流用して搭載、エクステリアはイソ・イセッタと区別するためヘッドライトを外付けとした結果、愛嬌あるスタイルで人気を得ました。最終型の排気量は300ccとなっている。

Is_img_4939_2Isetta 250

Is_img_5180Isetta 300

Is_img_5318 Isetta 300 (tricycle) 

 

 

   

 

1957年に、イセッタとは異なるBMW600、1959年にはミケロッティ デザインのBMW700へと進化する。それは、1962年に1500を生み出すきっかけともなった。
BMWは旧東ドイツ・アイゼナッハ工場でオースチン・セブンをディキシーの名で生産・販売していた。一方、ミュンヘンの本社ではスポーツーカーやサルーンを少量生産していた。しかし、戦後4輪事業の基盤を作ったのはイセッタに代表されるミニカーだ。

Is_img_5312BMW600 & Isetta300

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

LADA EVOLUTION Ⅲ / ラーダ エボォリューションⅢ 

ロシアの自動車メーカー「LADA」が提案するスポーツカーのモックアップ。
デザインは、2110のデザインを担当したルザンナ・アンドレイ・ヴラディミロヴィッチ。

Ld_1 

Ld_2   

   

   

    

  

photo : autanacar

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

Venturi VOLAGE / ヴェンチュリー ヴォラージュ

タイアにミシュラン アクティブ ホイールを採用した2シーターのEVスポーツのコンセプトカー。
デザインは、サッシャ・ラキックが担当し、2012年から限定生産される予定。

V1_img_4190     

V1_img_4194   

   

   

   

  

photo : autanacar

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

Citroen GT by CITROEN

Citroen GT by CITROEN

プレイステーションのゲームソフト「グランツーリズモ5」のためにデザインされたコンセプトカー。
担当は、Style Citroenの山本卓身氏。

C_gt_11     

C_gt_33     

   

 

   

   

   

   

      
  

photo : autanacar

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

Citroen C3 Pluriel / C3 プルリエル

2008年のパリサロン、家族でモーターショーに行く。
近年、日本ではあまり見られなくなった光景ですが、
家族の会話が聞こてくるような、このシーンを「自動車文化の違い」と片付けると寂しい。
文化は継承されるものだから。

C3_1    

C3_2   

C3_3    

C3_4    

   

   

   

 
photo : autanacar

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

RENAULT ELECTRIC CAR

電気自動車の歴史は古く、トーマス・エジソンも普及に努めていた。
ヨーロッパに目を向けるとポルシェ博士(当時はロナー社在籍)が4輪駆動車を1900年のパリ万国博覧会に出展した。(1902年にはハイブリッドの原型をさせている)

さて、ルノーは今年のパリサロンに1959年の電気自動車「ドフィン・キロワット」を展示していた。

Ren_22ルノーが50年前に開発したEV。
2V×18個の36Vで、最高速60km/h、航続距離60kmという性能でした。

Ren_img_3485翌1960年には6V×12個の72V、最高速90km/h、航続距離90kmに性能がアップした。    

  

 
photo : autanacar

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

Alfa Romeo MiTo / アルファロメオ MiTo

既に1台日本に上陸していると噂されるMiTo。

Mito_img_33798Cコンペティツィオーネ譲りのスタイリングが特徴。
気になる市販価格は200万円前後と言われる。 

 

   

MiToの全長は4,063mm、このサイズの3Drハッチバックが日本市場から消えて久しい。
MiToの日本登場が、国産3Drハッチの市販開始(限定販売でも良いから)の起爆材となって欲しいと願う。デミオ、スイフト、シビックと優れた3Drハッチが海外にあるのだから。

photo : autanacar

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

Ford Ka / フォード Ka

フィアットとの共同プロジェクト、そうパンダと兄弟車の「フォード Ka」です。

Ka_11デザイン、さすがヨーロッパフォードです。

Ka_22このサイズ、マツダが持っていないプラットフォーム。   

  

   

Ka_33将来、コスワース搭載したKaアバルトなんて市販されると良いですね。   

   

   

   

photo : autanacar

      

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

FIAT 500 ABARTH / フィアット 500 アバルト 

ベース車輌がなんであれABARTHというエンブレムが付けば別物です。
プントABARTHのようなABARTHでなく、本物の「ABARTH」に憧れます。
市販ルートは限定されるようですが、何はともあれ本物の「サソリ」、アバルトの上陸はとても楽しみです。

A500_22FIAT 500 ABARTH

A500_11   

A500_33    

   

   

   

   

   

    

   

   

photo : autanacar

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

Lamborghini Estogue / ランボールギーニ エストーケ

ランボルギーニ エストーケ、2008年パリサロンで公開された4ドアサルーン。

Lmb4_11メルセデスベンツSクラスより長く、広く、低いスーパーカーサルーン、アウディとの共用部品も多いとのこと。
Lmb4_22ポルシェ「パナメーラ」、アストンマーチン「ラピード」と真っ向ぶつかるモデル。4年以内に市販されるという。

  

  

photo : autanacar

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

築地市場:大八車

所用があり、初めて築地市場の中に入りました。

Tkj_img_2218最新の大八車、
色々と工夫があり、カッコいいです。
現代の究極のエコカーですね。

Ks_img_4078小平産業製の大八車
1940年頃のトレーラの原型

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

小樽:ロシアへの中古車輸出

小樽は貿易港。

Unga_r_img_0849小樽運河沿いには、ロシアへ輸出される中古車が保管されている場所がある。

Ot_img_0783輸出されるのは高年式の車輌だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

三菱スタリオン

三菱スタリオン。
ギャランΛ/エテルナΛの後継モデルとして登場、WRCでは悲運な存在となったGr.B 4WDラリーがある。

St_img_7311市販モデル

St_p1010036スタリオン4WDラリーGr.B
ホモロゲモデル

St_img_3358スタリオン4WDラリー
1984 ミル・ピストラリー クラス優勝
1986 香港-北京ラリー 2位

St_img_0585映画「SS」で使われた車輌  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

三菱GTO

通勤路に、三菱ふそうの整備センターがあり、初期型のGTOで通勤していた方がいらっしゃいました。12月に入ってから見なくなったので、「車変えたのかなぁ」、「転勤なのかなぁ」と。写真撮っておけば良かったと、ちょっと残念。

Gto_img_0178後期型のアメリカンなGTOは見るのですが、中期型はあまり見ないです。

Gto_img_7161アメリカンな元祖GTO、MRは当時好きだった一台のひとつ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

X’Masイルミネーション / 2008名古屋駅

今年も名古屋駅イルミネーションの登場です。
東京・日本テレビの「白」と同様に、名古屋駅のイルミネーションも白のLEDに変更されていました。

Ns_img_2317     

Ns_img_2324      

  

Ns_img_2365     

     

Ns_img_2372  

Ns_img_2346       

Ns_img_2363_2

   

Ni_img_2334      

Ni_img_2344      

Ni_img_2351      

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2008年12月10日 (水)

X’Mas イルミネーション / 日本テレビ

白いイルミネーションを作っているのを見て「どうなるのかなあ」と通り過ぎ、数日後完成したのを見て「白一色のイルミネーションもアリだな」と。

Ntv_img_2251    

Ntv_img_2257    

Img_2261     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

Canon PowerShot SX10 IS / 実力テスト

普段使用しているコンパクトデジカメに「Canon PowerShot SX10 IS」が加わりました。手軽にモータースポーツが撮影出来るので、撮影の幅が広がります。
ISO 3200、シャッター速度 1/3200の性能で、とにかく今までより確実にシャッターが切れます。さらに、望遠が光学560mm、デジタル2240mmと撮影の距離も伸びました。動画がズームで撮れて、単三電池駆動と便利です。

Hm_img_0227特徴は、サーボAFと顔認証でマシンとライダーの顔を追いながら撮れることです。大磯ロングビーチ、データは82mm f4 1/250s。

Unga_img_0917手ブレ補正機能を使い手持ちで小樽倉庫No.1小樽ビールのランプを撮影。300mm f5 1/13s 。

Mg_img_0058手ブレ補正機能を使い手持ち撮影。560mm f5.7 1/13s で額装のモーガンを夜間の屋内で撮影。

Sx10is_img_066428mm f4 1/640s
JR東室蘭駅から約6km離れた測量山方面を撮影。

Sx10is_img_0665560mm f5.7 1/640s
新日鐵室蘭の向こうに測量山が確認出来ます。

Sx10is_img_06662240mm(デジタルズーム)
f5.7 1/640s
建物が確認できますが、画像は劣化します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

MAZDA ROADSTER / マツダ ロードスター / 新型

いよいよ新型NC型ロードスターの市販が近づいてきました。
今回は、最初からボディカラーに「黄色」の設定があります。(全7色)

Rs_img_2277ソフトトップが3種類、RHTが3種類。
ソフトトップは、5MTと6MTの設定、RHTは、6MTと6ATという設定です。
       

全長 4,020mm
全幅 1,720mm
全高 1,245mm(ソフトトップ)、1,255(RHT)
最低地上高 135mm
車重(ソフトトップ)
    5MT 1,110kg(1,100kg:NR-A)
    6MT 1,120kg
車重(RHT)
    6MT 1,150kg
    6AT  1,160kg
エンジン 1,998cc 170ps/7,000rpm
             19.3kgf・m/5,000rpm 

Rs_img_2276カタログにはNEWとか新型という文字は見当たらない。   

Rs_img_2281この場所、走ったことあります。   

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

ホンダF1:撤退

「ホンダF1撤退」のニュースは、突然海外から流れてきた。
12月5日、正式にF1撤退発表。筆者は、近い将来の復帰を願う。

Hf1_img_2265_2昨年の12月、「この2008年ホンダF1カレンダーは貴重になるから」と某氏は、筆者にカレンダーを渡すとき意味深に言った。

Hf1_img_2268この頃が一番輝いていた。

Hf1_img_7072中心は「セナ」であったことに違いない。

Hf1_img_7221最後となったホンダF1の撮影。このシーンが撮れただけでも幸運だった。

Hf1_img_7058原点の気持ちを忘れないで、
復帰を願う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

小樽運河:旧渋澤倉庫とMini

北運河を起点に歩いていると、右手に旧渋澤倉庫があります。
明治28年(1895年)に向かって右側の倉庫が完成、その後向かって左側、最後に中央部分が増築されたそうです。

N_unga_img_0790展示される車は時々変わるようですが、ミニは定番のようです。

N_unga_img_0794木骨石造建築です。 

Unga_img_0797石畳にミニは似合う。   

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

小樽運河:ガス灯

Gas_l_img_0886運河沿いに建てられたガス灯。

Gas_l_img_0751水面に映ったガス灯は、優しい柔らかな風景を醸し出す。

Gas_l_img_0750太陽とガス灯と穏やかな水面が奏でる、 心安らぐ時間がそこにある。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

小樽運河

観光スポットとなっている「小樽運河」

Unga_3_img_0885運河の幅を半分にした散策路、倉庫を改装したおしゃれな店舗が続く。

Unga_3_img_0887小樽倉庫No.1は、小樽ビールの発祥の地。

Unga_3_img_0905ドイツからのお客様です。
(小樽ビールはドイツ仕込です)

Unga_3_img_0908小樽の水が作った小樽ビール。手軽に沢山の味を楽しむには130mlサイズがお奨めです。

Unga_img_0859運河プラザ

Unga_img_0861恋人たちの願いが書かれたX’Masツリーがあります。

Unga_img_0869小樽ビールを生んだ「小樽の水」。
水道水なのにとても美味しい水、美味しいビールが出来るわけですね。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

小樽運河:小樽市総合博物館

北運河の先には、小樽市総合博物館が北海道鉄道の発祥の地「手宮駅」跡地に建てられています。

Unga_img_0731_2屋外展示・部分。  

Unga_img_0734_2希少な現金輸送用貨車(マニ車)。

Unga_img_0733C12 6蒸気機関車。

Unga_img_0975市内の手宮線の線路後は、撤去されず遊歩道となっています。この先に手宮駅跡があります。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

小樽運河:北運河

JR小樽駅の前の坂を下ると都市景観100選の「小樽運河」があります。
右に曲がると運河を半分埋め立てて散策路で整備された観光客の多い一般的に知られている「小樽運河」、左に曲がると大正・昭和と歴史を見ることが出来る運河「小樽運河(北運河)」に分かれます。小樽運河の散策は、「北運河」からをお薦めします。

Unga_img_0878上野駅と設計者が同じと言われる小樽駅。国の有形文化財としても登録されています。29日に駅前の横断歩道が廃止され、すっきりとした街並みとなっています。

Unga_img_0773 散策路は、ガス灯と石畳で整備されています。   

Unga_img_0786北浜橋にある「カモメ呼ぶ少女」のブロンズ像。     

Unga_img_0816現役で働いている「北運河」。
中央の建物は、大正時代の北海製罐小樽工場第三倉庫。左の建物は、昭和初期の北海製罐小樽工場。

Unga_img_0765_2北運河から中央橋方面を望む。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

X’Masイルミネーション TY175

我が家のX’Masイルミネーション、今年もTY175+テディベアです。

Xmas_img_1117TY175(1975)

Xmas_img_1127ロードスターの横はトナカイのイルミネーション。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »