« 三菱スタリオン | トップページ | 築地市場:大八車 »

2008年12月14日 (日)

小樽:ロシアへの中古車輸出

小樽は貿易港。

Unga_r_img_0849小樽運河沿いには、ロシアへ輸出される中古車が保管されている場所がある。

Ot_img_0783輸出されるのは高年式の車輌だ。

|

« 三菱スタリオン | トップページ | 築地市場:大八車 »

コメント

日本からの中古車輸出は、2000年が48万台だったのに対して2007年は130万台まで増加していますね。相手先も変わりつつあるようですが、ロシアのダントツは変わっていないようです。

参考サイト
http://gazoo.com/NEWS/NewsDetail.aspx?NewsId=ee024650-753c-4197-aa0f-0e04e2605270

投稿: akira isida | 2008年12月14日 (日) 06時57分

ishida さん

中古の輸出、本当に増えていますね。

久しぶりに輸出される車輌を近くで見ましたが、極上物ばかり。驚きました。

ご存知の通り、NA、NBのロードスターの程度の良い車輌はイギリス、オーストラリア、ニュージランドに随分と前から輸出されていました。程度の良いロードスター少なくなったのはこのためですね。

(NAロードスター来年で20周年、マツダから部品の供給が続いていますので安心しています)

投稿: イノウエ | 2008年12月14日 (日) 11時14分

ウチのクルマより新しいものばかりのように見えるのは気のせいでしょうか(笑)。
今もそのままかどうかは知りませんが、朝里川温泉の近く、道道1号線沿いにこれと同様の「デポ」がありました。
何故、こんなところに中古車が!? と不思議に思いましたが、イノウエさんもご存じのM氏に事の次第を教えて頂いて、納得したことを覚えています。
函館でも函館港に出入りするロシア船の乗組員が税関無視で半ば不法に持ち出すなんて話もありましたが、最近は聞かなくなりました。
ishidaさんのご指摘の数字を見るまでもなく、ビジネスとして定着したということでしょうか。

投稿: nan | 2008年12月15日 (月) 00時01分

non さん

気のせいではありません(笑)
現在のロシアでは、古い車は人気がないそうです。

函館からもロシアへ輸出されているのですよね。中古車輸出がビジネスとして成り立っているということですね。

20年位前ですが、乗っていたヤマハSR400、キャストホイールで日本では売れず、買い取られて東南アジアに輸出されたことを思い出しました。


投稿: イノウエ | 2008年12月15日 (月) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/43339602

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽:ロシアへの中古車輸出:

« 三菱スタリオン | トップページ | 築地市場:大八車 »