« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

通勤快速 「ポルシェ ターボ」

東京駅周辺、通勤で使用していると思われるポルシェターボを見かけます。
まさに「通勤快速」です。

911t_img_3109911ターボ

930t_img_2639930ターボ
オレンジの930ターボも走っています。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

石川さん ベストカー / 愛のクルマバカ列伝 に登場

入間で毎年「ジープの機能美展」を開催されています石川さんが、ベストカー 小沢コージさんの「愛のクルマバカ列伝」に登場しました。

4×4マガジンを会社毎立ち上げ、CCVを創刊、CGCLUB NEWS LETTERにて連載100回、CG TVにも登場しまたね。

0_img_3300月刊誌の頃から読んでいるベストカーです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

2009 LeMans24 / NAVI TEAM GOH

NAVI 4月号を読んで驚いた!

なんとNAVI+TEAM GOHでルマン参戦

マシンはポルシェRSスパイダー。

LMP2の優勝を狙える!

頑張れ!

0_img_3295_2TEAM GOHのカラーリングの
ポルシェRSスパイダー、ワクワクします。

  

  

ドライバー:サシャ・マッセン、荒 聖治、国本京佑
チーム代表:郷 和道
チーム監督:加藤哲也

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

スズキ カプチーノ / SUZUKI Cappuccino

1989年の東京モーターショーで発表されたスズキ カプチーノ。
(市販開始は1991年)
ABC(AZ1、Beet、Cappuccino)と呼ばれていた頃の「C」で本格的なFRスポーツ、
AZ1やBeetに比べて生産年数の7年と一番長い。

0_img_3214重量配分51:49、サスペンションは4輪ダブルウィシュボーン、エンジンはアルトワークスのエンジンが縦置きに移植されていた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

HONDA NSX

1989年に発表され、1990年から市販が開始されたNSX。日本初のオールアルミボディのスポツーカーです。

1995年で製造中止となったNSXですが、メーカーがリフレッシュサービスを実施しておりいつでも新車状態に戻してくれる。これは凄いことです。

Nsx_img_4993開発主査の上原さん、現在もNSXが愛車です。

Nsx_img_3285ミニチュアカーの下にあるのは1990年デビュー時のカタログ。

 

 

 
手前は、上原さんのサイン入り1991年のトミカ。
1/43は、ミニカーファンの限定モデル。
シルバー:1990モデル(453/960)
ホワイト  :1997モデル(072/960)
イエロー:1997モデル(373/960)

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

マツダ NC ロードスター 試乗 / MAZDA ROADSTER

1989年のデビューから20年。
馬力でもなく、タイヤの太さでもなく、最高速度、ゼロヨン、もちろんサーキットでのラップタイムでもない「乗って楽しい世界」のスポーツーカーがマツダ ロードスターだ。

Nc2_img_3263大きくならず、程よい大きさのシャーシーに、それに見合うエンジン。雰囲気と走りのバランスが良い。

Nc2_img_3270NAロードスター乗りが「乗り換えるならこれだ」というロードスターのモデルが出てきた。サイズも排気量も少し大きくなったが、NAに初めて乗った時の「感動」がある。

Nc2_img_3266旋回能力が向上し、心地よい吸排気音が聞こえる。しなやかなでシッカリとしたサスペンション。まさに「人馬一体」だ。

Nc2_img_3264_2世代が変わってもその時代に適応してきた。初代からのコンセプトにブレが無く受け継がれていることが凄いことであり、20年間世界中で愛されている秘訣であろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

ホンダ インサイト / Honda Green Machine 001

ハイブリッド インサイトの試乗(タイプG タイプコード 1S14E)

0_img_3196_2適度な重さのパワーステアリングは、オデッセイと同等の仕様と思われます。フィットの軽いパワーステアリングに慣れた方は、違和感があるかも知れません。
0_img_3195サイドミラーの面積が大きく確認しやすく、

0_img_3168後方視界もスモークドガラスで良いです。

0_img_3187_2モーターのアシストが十分にある2000回転強まではトルクフルで、とてもギビキビ走ります。0_img_3184_2         市街地の走行はともて気持ち良い。それを実現しているのが59:41の重量配分、サスペンションの適度の硬さ、しなやかであると思います。    

CVT+ATは一世代前の仕様です。
ですから少し急な上り坂でフットブレーキだけで止まって発進する時は、フットブレーキを離すと車が一瞬下がります。したがって、少し急な上り坂ではサイドブレーキを使う必要があります。

エンジンの停止は、ブレーキを踏むことにより制御が始まります。その結果、ブレーキを多用する低速域は、モーターとエンジンの連携がスムーズではない場合もあります。

上記の2点は、インサイトのオーナーが乗り慣れれば問題になることではありません。慣れの世界ですから。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

水素2ストロークエンジン

水素ロータリーが出来るなら、当然のこと似た燃焼構造の2ストロークに水素があってもおかしくはない。
そう思っていたら、トライアルライダーでもある井上ポーリングの代表取締役 井上莊太郎さんが、ヤマハTY250スコティシュの2ストロークエンジンを水素燃料に改造して走らせていました。これは凄いことです。

Hty_img_3165現在発売中の
Motor Fan illustrated
No.29
に掲載されています。    

Hty_img_3166   

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

ロータリー スピリット MPS : 1/5 RENESIS 

1/5スケールのRENESIS 13B-MPS型エンジン原理模型。
コスモスポーツの10A型と比べるとポート形状が全く異なることが分かります。

Mps_img_2501   

Mps_img_2496  

Mps_img_2504    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

サライネスのサイン

現在、週刊モーニングで「誰も寝てはならぬ」を連載しているサライネスさん。二ヶ月に一回の予定でCG CLUB NEWS LETTERで読むことが出来ます。

2001年3月、偶然にサライネスさんとお話しする機会に恵まれサインを頂きました。「本人よ利」ってノリが漫画家です。

0_si_2   

0_si_1   

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

MUSEO ALFA ROMEO / 2001 PACIFICO YOKOHAMA

日本におけるイタリア:2001年において開催されたムゼオ アルファロメオ。
高島鎮雄さんの解説で、貴重な25台の解説を聞くことが出来ました。
CG CLUBの方は、当時のNEWS LETTERでお届けしましたので覚えていらっしゃる方も多いと思います。

0_majヌボラーリの1750GS、ファンジオのGP159など希少な数々の名車に感動しました。

Alf_scn_00351923
R.L. TARGA FLORIO

Alf_scn_00321930
6C 1750 GRAN SPORT

Alf_scn_00331938
8C 2900 B SPECIALE 'Le Mans'

Alf_scn_00341951
GRAN PREMIO 159

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

マクラーレン F1 GTR / McLaren F1 GTR

「Racing on」3月号は、マクラーレンF1の特集。
ゴードン・マーレイのインタビューもあり、内容がとても充実していています。

Mf1_scn_0038チームゴウのF1GTR

Mf1_22一ッ山のF1GTR

Mf1_55二社が合併し、AUTO SPORTは週刊として速報中心、Racing onは月刊として読ませる内容となっています。  

   

   

  

photo :  murakami , inoue

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

トムス童夢セリカC

1982年10に開催された世界耐久選手権日本大会で5位に入賞した、国産初のグループCカー「トムス童夢セリカC」。

Td82_scn_00271982年、オートバックス土山店のオープンイベントにやってきた「トムス童夢セリカC」。筆者は、トライアルの朝練のあと開店準備中の店舗に到着

Td82_scn_0028 ドアが開いているのは、店舗内移動のため。

Td82_scn_0029 関係者の方の「座ってみます?」と言葉に甘えてコクピットに座らせて頂きました。

Td82_scn_0030 ニッパツのバネを使っているのがステッカーから判断出来ます。  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

GROUP C 地上の戦闘機

「グループC 地上の戦闘機」というタイトルのDVDが発売されました。
2枚組なので少々高いですが、グループC好きの筆者にとって貴重な映像ライブラリーとなりました。

解説は、トヨタ:関谷正徳さん、ニッサン:長谷見昌弘さん、マツダ:片山義美さんと小早川隆治さん、ポルシェ:高橋国光さんと千葉泰常さん。
「当時の貴重な話」、「今だから話せること」を聞くことが出来ました。

0_grcDisk1は
トヨタ、ニッサン
Disk2は
マツダ、ポルシェ

0_767b_2MAZDA 767B
1989 ルマン7位   

0_p1010003 MAZDA 787B
1991 ルマン優勝

MAZDA MXR-01
1992 ルマン4位 

0_962cPorsche 962C
チーム タイサン
1989 JSPCチャンピオン
 

0_rpPorsche 962C
1987 ルマン優勝   

0_wt ワコールトヨタ童夢85C
1985 鈴鹿500km優勝
1985 ルマン リタイア
        トムス85C 12位

   

0_010TOYOTA TS010
1992 ルマン2位
   

0_r85vNISSAN R85V
1986 ルマン16位

Ni_scn_0031_2NISSAN R91CP
1992 デイトナ優勝

0_nissanNISSAN R92CP
1992 JSPCチャンピオン

   

   

   

photo :  murakami ,  inoue 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

アルピーヌ A110

今年のモンテカルロラリーは、「IRC」と「クラシック」の開催。WRCの開催は来年です。
IRCは、S2000で戦われていて、次期WRCマシンのベースモデルです。

Img_2069初代WRCチャンピオン
アルピーヌA110   

0_img_2249   

0_img_2265    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

NC ロードスター 1/1000

マツダに注文していた「サンフラワーイエロー」のNCロードスターが届きました。
1000台の限定生産、1/1ではなく1/43です。

0_img_2481   

   

0_img_2484    

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

500系 のぞみ/こだま

ノイスマーさんデザインの500系新幹線。
昨年の12月から「0系こだま」のあとを継ぎ、誰にも騒がれることなく「500系」は、山陽新幹線「こだま」として走り始めました。

東海道を走る「500系のぞみ」は、来年春のダイヤ改正でなくなってしまう。以前から分かっていたことですが、カウントダウンが始まると寂しい。

500_1_img_3028現在、500系「のぞみ」は、東京-博多を2往復のみの運転です。

0_img_3029来春以降、500系に乗るには山陽新幹線「こだま」しかない。    

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

JR岡山駅 / 中四国へのターミナル駅

JR岡山駅は中四国のターミナル駅。
(瀬戸大橋は鉄道道路併用橋(上段が道路、下段が鉄道)となり、四国への移動は便利になりました)

0_or_img_3048マリンライナー
岡山と高松を結びます。

0_or_img_3067_2南風(なんぷう)
岡山と高知を結びます。
この車輌は宿毛(くろしお鉄道の終点)行きです。

0_or_img_3057やくも
岡山と出雲を結びます。

0_or_img_3074駅前には桃太郎の銅像があります。

0_or_img_3034今回は500系のぞみに乗車。理由は、500系が「こだま」になる前に乗っておきたかったということ。
色あせた、テレホンカードが運行の歴史を感じます。

500_1_img_3028

0_img_2489_2今日のお昼、倉庫から1989年のJR東海のカレンダーを探してきました。 

0_img_2487この水彩画が脳裏をよぎり、PCで写真をレタッチしました。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年2月10日 (火)

岡山の路面電車

車と電車が同居する街、好きです。

0_r_img_3097偶然、二代目コスモと遭遇しました。

      

0_r_img_3099    

0_r_img_3098    

0_r_img_3090    

0_r_img_3079     

0_r_img_3076_3    

0_img_3093    

    

0_img_3091   

0_img_3087    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

サントリーの天然水

トライアルバイクで山奥に入っている筆者、美味しい湧き水を飲んでいます。

あるときサントリーの天然水が中四国・近畿、九州、その他と違うことに気づきました。
植物と岩、砂などの質が違うので「ろ過」が異なる。当然のこと湧き出た水の味が違います。地域には地域の方に合った水が必要だと思う。サントリーの意向は分かりませんが、素晴らしいことだと思います。

0_st_img_3100サントリーの天然水、
筆者は現地で買っています。

0_st_img_3101左から
・阿蘇
・大山
・南アルプス
です。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2009年2月 8日 (日)

BNR32 スカイラインGT-R 生誕20周年

今年はR32 GT-R、生誕20周年です。

R32_img_20541989年8月、16年ぶりにスカイラインGT-Rが復活。
(2009年New year Meeting駐車場にて)

0_s_p1010019スカイラインの歴史は、このミケロッティから始まる。
0_s_p1010034S54Bがポルシェ904に破れ、
0_s_p1010008 KPGC10は、サバンナに敗れる。
0_s_p1010017そして、復活したR32GT-R、グループAで一度も敗れることなく全勝で使命を終える。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

ポルシェ904 / PORSCHE904 

ポルシェ904、この車輌は6気筒エンジンに載せ返られていますが、4気筒のエンジンも大切に保管されているそうです。

オリジナルの904は、ドイツ・ポルシェミュージアムにもありません。
式場さんが日本GPに出場した車輌は、オーナーが変わる毎に様々なモディファイが行われていました。(レースカーですから当然といえば当然です)
先月、その車輌のオリジナル化が終わりナンバーも付いたそうです。世界で唯一のオリジナルの904は日本にあります。

0_904_img_2205   

0_904_img_2219    

0_904_img_2224    

0_904_img_2231    

0_904m_img_2214     

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

スプリンター トレノ / Sprinter TRUENO

10型までは、カローラの派生モデルであったスプリンターですが、
20型からカローラから独立し、トヨタオート店で「トヨタ スプリンター」として販売されることとなります。

27型カローラLevinは、スプリンターTRUENOとなり、Levin同様レース・ラリーで活躍します。37型以降は、フロントとリアのデザインに差別化が図られます。
86型以降のモデルは、1995年からヤングマガジンで連載が始まった「イニシャルD」の影響もあり、「TRUENO」の人気が高くなっています。

St_img_211927TRUENO

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

カローラ レビン / COROLLA Levin

セリカ / カリーナに搭載されていた2T-Gエンジンをカローラに移植、レース・ラリーで大活躍する。武装したオーバーフェンダーが魅力的です。

27(ニイナナ)と呼ばれたレビンの後継モデルは、37(サンナナ)、71(ナナイチ)と2T-Gエンジン搭載モデルが続く。

27_l_img_2085   
27_g_img_2371    

27_l_img_2084   

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

フォード マスタング マッハ1 / Ford Mustang Mach1 

ギャランGTO、セリカLBに影響を与えたフォード マスタング。
なかでも1969年のマッハ1の影響は大きいと思われます。

Mus_img_2445写真は1969年から市販されたマッハ1の前期モデル。1971年からの後期モデルは、「バニシングin60」、「ダイヤモンドは永遠に」などの映画に登場しています。

  

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

トヨタ セリカ LB / TOYOTA CELICA LB

1971年のモーターショーに登場したSV-1は、1973年に登場するセリカLB(リフトバック)のコンセプトカーでした。
ダッグテールと大きいテールライトは、ライバルであるギャランGTOと共通するマスタングを意識したもので、違いはテールゲートを持つことでした。

Slb_img_1141クーペに比べ大きく重くなったボディのため2リッター18R-Gエンジンが搭載される。この18R-Gがトヨタ内製かヤマハ製かでユーザーの論議を呼んだ。

Lb_img_2056    

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

コルト ギャラン GTO / COLT Galant GTO

RX-500、MX-1600など走るコンセプトカーが登場したモーターショーにあって、
フォード・マスタングのヒットから始まったポニーカーブームが日本にも伝来、三菱がGTOで先陣を切った。

正方形の大きな4灯のテールライト、イエローとオレンジのショーカーの回りをグルグル回って見た記憶があります。

Mgto_img_2448 ノンレストアと思われるMR。下回りに錆が若干浮いていますが年式相応で良いコンディションです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

三菱FTO

初代とネーミングは同じでも意味が違う二代目 FTO(Fresh Touring Origination)。
(初代はFresco Turismo Omologare)
1994年に日本カー・オブ・ザ・イャーを受賞しています。

1998年に、リチウムイオンバッテリーを搭載、出力70kw、最高186km/h、航続距離150kmのEVが市販されている。

Fto_img_2053ホイルはランエボ用のOZ、綺麗に仕上がっています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »