« トムス童夢セリカC | トップページ | MUSEO ALFA ROMEO / 2001 PACIFICO YOKOHAMA »

2009年2月17日 (火)

マクラーレン F1 GTR / McLaren F1 GTR

「Racing on」3月号は、マクラーレンF1の特集。
ゴードン・マーレイのインタビューもあり、内容がとても充実していています。

Mf1_scn_0038チームゴウのF1GTR

Mf1_22一ッ山のF1GTR

Mf1_55二社が合併し、AUTO SPORTは週刊として速報中心、Racing onは月刊として読ませる内容となっています。  

   

   

  

photo :  murakami , inoue

 

|

« トムス童夢セリカC | トップページ | MUSEO ALFA ROMEO / 2001 PACIFICO YOKOHAMA »

コメント

イノウエ様お早う御座います。昨日は有難う御座いました。
今回のこの本、買いました。出た当初、エンジンが自社製でないとか、今も整備に何百万掛かるとあるみたいですが、その手の話、出てきませんね。
ロジカルに考えるとこれは物凄いスポーツカーなのだと思います。

投稿: シンちゃん | 2009年2月17日 (火) 09時41分

マクラーレンF1の特集記事は、私も読みました。G.マーレイ氏の生き様みたいな車ですね。その前のロケットもユニークな乗り物でした。ロケットのステアリングはブラバムレプコ時代のF1ステアリングそのものでした。ブラバム時代もユニークなものが多かったですね。ファンカーやBMWエンジンを横倒しにした低重心のF1等々。マクラーレンF1のデザイナーはP.ステイブンス氏ですが、彼はロータスエリートのマイナーチェンジ、そしてインプレッサのラリー仕様へのモデイファイデザインと、ゼロからのデザインよりも、改良の方に才能を発揮する方でした。この記事の中で車のレンダリングの右側に立っているのがご本人です。

投稿: 大内 誠 | 2009年2月17日 (火) 13時14分

記事の中で「ホンダにエンジン供給を断られた後、いすゞと交渉した」とありますが、寡聞にしてそのいきさつは知りませんでした。モノは何だったのでしようね、F1用に開発していたV12だったのかな。

モーターファン・イラストレイテッドはシートの特集ですね。これから読むのが楽しみです。あ、寿福さんのマツダ787Bの透視画まで掲載されてますね。

投稿: akira isida | 2009年2月17日 (火) 22時01分

シンちゃん

どのような整備か分かりませんが、何処の高出力エンジンでもオーバーホール費用はとても高価ですよ。

投稿: イノウエ | 2009年2月17日 (火) 23時05分

大内さん

本当にマーレイの生き様ですね。
P.ステイブンスさんの情報ありがとうございます。
デザイナーも一からデザインすることを得意とする方、モディファイが得意とされる方がいらっしゃるということですね。
そういう意味では、マツダ757-787のデザイナーである、ナイジェル・ストラウドはリチャードロイド・レーシングでポルシェのモディファイを手がけていました。その結果、757-787はポルシェに似たレーシングカーとなっていましたね。

投稿: イノウエ | 2009年2月17日 (火) 23時25分

isida さん

いすゞのV12だとしたら、gopさん経由で調査が可能かも知れませんね。
gopさん、可能だったらお願い致します。

モーターファン・イラストレイテッド、15日に発売されていなくて、その後出張に行っていたのでタイミングが合わず、明日購入予定です。787の特集は先月号の予告で楽しみにしていました。シートの特集も楽しみです。

投稿: イノウエ | 2009年2月17日 (火) 23時32分

いすゞV12の噂って少ないですねぇ。

とりあえず「チタン製バルブ」のみが某プライベーターのエンジンに流用されたって話は聞きましたけど!?

投稿: 117おやじ | 2009年2月18日 (水) 16時50分

117おやじさん

貴重な情報ありがとうございます。

投稿: イノウエ | 2009年2月19日 (木) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/44086796

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン F1 GTR / McLaren F1 GTR:

« トムス童夢セリカC | トップページ | MUSEO ALFA ROMEO / 2001 PACIFICO YOKOHAMA »