« 東京コンクール・デレガンス 2009(Tokyo Concours d’ Elegance 2009) | トップページ | ロードスターの予備キー »

2009年3月 2日 (月)

Racing On 2009.4 / 幻のF1エンジン

日本の大半のメーカーがF1エンジン開発に走った時代があった。
それは「NA-3.5」が手の届くところにあったからだ。

F1_img_3309各社各様でアプローチが違う。
F1_img_3311_2その違いをレーシング・オン4月号は掘り下げている。

|

« 東京コンクール・デレガンス 2009(Tokyo Concours d’ Elegance 2009) | トップページ | ロードスターの予備キー »

コメント

イノウエ様>なかなかよい企画でしたね。しかし、時代とは言え、日本人の横並びパワーにはあきれてしまいます。スズキもやっていたのですね〜。見たいです。このような横並びパワーは、一時回転数が上がってもトルクを感じない何か圧縮漏れエンジンのように感じます。

RA302エンジンも、あのような事故がなければ、熟成されていって、なにかのきっかけになるようなよいエンジンになったと思います。当時99Sの仕事で、和光のHondaを訪ねた時に、佐野さんが受け答えして頂きました。初めてお会いして、あーあの佐野さんだ!と感激でしたね。

いすゞもロータスに積んで、ハッキネンが快走する所を見たかったですね。しかし、あの90年代のロータスは、地味でした。スポンサーもあまりなく、白いボデイが何かマイナーテイー厶に見えました。タミヤとメンズのフィル匕ガーがついていましたね。

投稿: 大内 誠 | 2009年3月 2日 (月) 10時46分

先月号から来月までレーシング・オンは、個人的に買う気がします。
昔、CGの阪さんがCGの別冊のモータースポーツ物企画し、結局は日の目を見なかった話、NLで読みましたが、きっと今のレーシング・オンみたいな感じなのだと思います。
来月は、人物で自身最も愛し熱狂した、舘内さんではありませんが“いとしのマンちゃん”ですから(車はモチロンN・R89C)、歳を重ね表裏解ってもなお、やっぱ多感な頃のヒーローは
輝いています。

投稿: シンちゃん | 2009年3月 2日 (月) 13時12分

大内さん

良い企画でした。FIAの量産メーカー狙い撃ちのようなレギュレーションに相乗りした横並びでしたね。
あの当時、あの回転数まで回せるのは、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキだけという話もありましたね。スズキは北米向けに現在作っていますから、あの当時のことが生きているのかも知れませんね。

回るエンジンのお陰で、バイクは大変でした。
騒音2次規制で、5000回転での騒音となり、オフロードバイクは製造中止に追い込まれた車種もありました。

投稿: イノウエ | 2009年3月 2日 (月) 20時55分

シンちゃん

随分と昔ですが、マンセルのレッド5に座らせて頂いたことあります。

投稿: イノウエ | 2009年3月 2日 (月) 20時57分

えーと、想像なんですが1.5Lターボの頃はコンピューター・シミュレーションが開発のキモだったはずで、年寄は口を出せなかったのでは。それがNAになって、俺でも分かるという会社動かせる立場の(心はワカモンには負けない)熱い人達に火が付いたのではないですかねえ。製図板から生まれた最後のF1エンジンかもしれません。

スバルの項の高岡さんの話が面白かったです。「童夢へ」を読んだ後だと、ああいう展開も林さんならアリかもね・・と思っちゃいますね(笑)。

昨年12月の国立のイベントにジラソーレも参加してました。
http://web.me.com/a_isida/Passegiata/Blog/エントリー/2008/12/7_国立のクラシックカーイベント その2.html
クルマの側で熱心に説明されていたのが高岡さんだったかも・・と思ったのですが、違ったようです。

八王子の倉庫にお宝があるんですねえ。もしもNewsLetterで取材されるときは教えてください(笑)。

投稿: akira isida | 2009年3月 2日 (月) 21時13分

ishida さん

NA3.5、おっしやる通りかも知れません。決裁権限を持っているから出来ますね。

私も「童夢」を読んだあとだったので林さんならアリだと思いました。

八王子、次回の編集会議で提案しようと思っています。どういう展開となるかな。
個人的には、匠シリーズの斎藤さんの連載があと2回続くので、そのあとには実現したいと思っています。

投稿: イノウエ | 2009年3月 2日 (月) 21時59分

イノウエさん

今月のRacing Onは大変興味深く読みました
去年のオートサロンHKSブースにて、今回取り上げられていた
エンジンが展示してあり、何気なく見ていましたが、当時は
色々なメーカーが、それぞれの思惑でF1エンジンに関わっていたのですね。
その中でもいすゞの考え方は、プロジェクトとしてとてもシンプルで、共感を覚えました。

投稿: sola | 2009年3月 5日 (木) 23時01分

sola さん

昨年のオートサロンにHKSのF1エンジンありましたよね。

いすゞの取組みはシンプル、
そして、技術はトップレベル。

凄いです。

投稿: イノウエ | 2009年3月 5日 (木) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/44212895

この記事へのトラックバック一覧です: Racing On 2009.4 / 幻のF1エンジン:

« 東京コンクール・デレガンス 2009(Tokyo Concours d’ Elegance 2009) | トップページ | ロードスターの予備キー »