« Spring Meet 2009 / NEWS No.1 | トップページ | Ferrari 250 GTE 2+2 400SA / フェラーリ250GTE 2+2 »

2009年3月31日 (火)

Ferrari 166 Inter Coupe by Vignale / フェラーリ166インテル

ジョヴァンニ・ミケロッティがデザインを担当した、フェラーリ166インテル。

マセラティA6Gとデザインの共通性があり、とても興味深い。↓
http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2009/03/post-5fa1.html

166_img_2931     

166_img_3004      

166_img_3010       

|

« Spring Meet 2009 / NEWS No.1 | トップページ | Ferrari 250 GTE 2+2 400SA / フェラーリ250GTE 2+2 »

コメント

イノウエ様>これをヴィニアーレのマセと並べたT氏は、それを十分に分かって、対比するように並べたのだと思います。アストンとランボがわざわざお尻どうしで並んでいたのもうならされました。今回のコンデレ東京は、ジウジアーロ以前のモデルが多かった。スカリオーネ、フルアそしてミケロッテイ全盛の頃。それぞれの方が、自分のマークを持たず、一介のデザイナーさんとして、有名カロッツエリアを渡り歩いていた。売名よりも、描いていて楽しくてしょうがない頃だと思います。特にミケロッテイデザインの点数は一番多いと思います。晩年に近くなってやっと自分の工房を持ちました。日野コンテッサスプリント900は彼一番の傑作だと思います。

1950年代Ferrariは産まれて間も無く、知名度は圧倒的にマセでしたでしょうね。しかし、この車赤でなくて渋い!。エアーインテーク前のえぐりはツーリングのそれを思い出します。

投稿: 大内 誠 | 2009年3月31日 (火) 23時57分

大内さん

Tさんの配慮(計算)された展示に驚くばかりです。
トップクラスのデザイナーが描きたくて、作りたくてという心意気が感じられます。
シチタリアを引き継いだアバルトもちゃんと真ん中にあり、まさに50年代です。

マセラティも激動の時代、その変わり始めた時を見せて頂いたことに感激しました。

投稿: イノウエ | 2009年4月 1日 (水) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/44492735

この記事へのトラックバック一覧です: Ferrari 166 Inter Coupe by Vignale / フェラーリ166インテル:

« Spring Meet 2009 / NEWS No.1 | トップページ | Ferrari 250 GTE 2+2 400SA / フェラーリ250GTE 2+2 »