« REUNION 青山絵画塾1961年度生同期展 | トップページ | 夕陽が雲に隠れて »

2009年3月23日 (月)

MAZDA 323 4WD

3月23日ということで「ファミリアの日」です。
筆者が最初に運転したフルタイム4WDが6代目BMFRのファミリア。1.6リッター、ターボ、4WDのコンパクトな3Drハッチバックです。
六甲山系を駆け回り、驚きの連続でした。筆者は、その後7代目BG8Zのファミリア フルタイム4WDをGT-X、GT-Ae、GT-Rの順で乗り継ぎました。

0_img_27561989年のスウェディシュに出場したキャメル・カラーの323 4WDです。

0_img_27551989年のスウェディシュは、323 4WDでカールソンが優勝しています。

0_p1010001帰省で神戸に帰ったとき、六甲山系を散歩します。市民にとっては、六甲山系は裏山ですから、といっても海抜は約1000mあります。

0_p1010007好きなのは、奥再度、西六甲などのコース。

|

« REUNION 青山絵画塾1961年度生同期展 | トップページ | 夕陽が雲に隠れて »

コメント

今晩は。
昔、知人と六甲山の話が出た際、片山サン(WGPの)が腕を磨いていたと聞いたのですが、それ程面白い所なんですか?

投稿: シンちゃん | 2009年3月23日 (月) 18時00分

シンちゃん

>>片山サン(WGPの)

シンちゃんの年齢だと、「敬済」さんを指していると思います。
WGPでランキング2位まで行ったのは義美さん。そう、六甲伝説の本人です。
片山義美さんは神戸木の実を主宰し、数多くの著名なライダー、ドライバーが生まれています。星野 一義、片山敬済、金谷秀夫、従野孝司、歳森康師、和田将宏、山本隆、清原明彦など数えるとキリがありません。

さて、六甲山系「とても面白い、楽しい」のあるところです。国立公園ですから風景は最高です。高低さ1000mのヒルクライム、ダウンヒルの複合コースです。

私は、バイク、クルマ、自分の足と縦走と楽しみました。自分の足といえば、塩屋から宝塚への56km六甲全山縦走も毎年やっていました。

投稿: イノウエ | 2009年3月23日 (月) 22時43分

二輪時代は芦有道路を愛してましたが四輪になると西名阪がメインステージでした。
 最初の頃はホンダの腐れSでしたが連敗につぐ連敗でRX3に乗り換えた挙句ガソリン代がままならずしかも上りではブッチギリなのに下りではブッチ切られ悔しい思い出が。
 

投稿: うんつく | 2009年3月23日 (月) 23時46分

うんつくさん

西宮だからそうなりますよね。
私は垂水だったから六甲山系の西となります。
バイクは藍那から太陽と緑と丘の道経由兵庫カントリー、頂上でした。オフロードの王道(笑)

投稿: イノウエ | 2009年3月24日 (火) 00時17分

CGASで「六甲」で検索すると面白い記事が出てきますね。シトロエンSMを六甲でテストしたとか。

筑波山は学生時代は暴走族が走る場所で、あるとき深夜に筑波スカイラインを登っていたら怖い目に合いました。
低い山ですが麓から登るとけっこう大変です。頂上からは富士山も見られるし、夕刻に登ったときは山の影が関東平野にくっきりと全容が落ちるのが面白かったです。それから夜道を下山するのは大変でしたけど。

八溝山系はクルマで登れるらしいですね。面白いオフロードみたいですが、私は足で登ったことしかありません。

投稿: akira isida | 2009年3月24日 (火) 23時12分

ishida さん

六甲山系の外れ「丹生山」は300m弱でしたが、バイクでアタックするにはキツイ山でした。

筑波山は、バイクではアタックしませんでしたが、隣の加波山は幾度と無く頂上まで登りました。キツイ山でした。

秋の野焼きの頃も、風情のある風景が見られました。
そうそう、仮面ライダークウガのロケは真壁のトライアル場(全日本の会場)でしたよ。

>>八溝山系はクルマで登れるらしいですね

福島側はオフロード多いです。
私は、八溝山の獣道から頂上まで登りました。ishidaさんの歩いた道かも知れないですね。


投稿: イノウエ | 2009年3月25日 (水) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/44416454

この記事へのトラックバック一覧です: MAZDA 323 4WD:

« REUNION 青山絵画塾1961年度生同期展 | トップページ | 夕陽が雲に隠れて »