« Saturn SC / サターン SC | トップページ | ポール フレールの世界 / 未発表傑作選:別冊CAR GRAPHIC »

2009年3月 9日 (月)

トヨタ ソアラ / TOYOTA SOARER

1981年に登場した初代ソアラは、第二回カー・オブ・ザ・イヤーを獲得。
1986年(~1991年)に、キープコンセプトの二代目ソアラが誕生。

Soara_img_1773二代目ソアラ、見かけるのは「24バルブ、ツインターボ」が多いです。

S_img_3483初代ソアラのカタログから

|

« Saturn SC / サターン SC | トップページ | ポール フレールの世界 / 未発表傑作選:別冊CAR GRAPHIC »

コメント

初代、2代目は、CGで小林彰太郎さんがベタ褒めしていた記憶があります。
実際に買い求めたオーナーの年齢層は、トヨタの思惑よりかなり若かったと思いますが、それでも「大人のクルマ」だったように感じていました。

「ツインカム24バルブ・ツインターボ」
懐かしいですね。新車当時、友人が買う一歩手前まで行きました。
そういう時代でしたね。

3代目はレクサスのパーソナルカーとなることを求められたために、がらっと性格が変わってしまいました。
もしも、3代目がレクサスブランドではなく、トヨタブランドのままだったとしたら、どんなクルマになっていたのでしょうか。

とはいえ、3代目の「得体の知れない」感じも嫌いじゃないんですけどね(笑)。

投稿: nan | 2009年3月 9日 (月) 00時31分

これがコンセプトカーで晴海の東モで出た際、こんなクルマが出来るのかと驚き、その後本当に発売され、感激しました。
同時期レパードもありましたが、ソアラのツインカム24バルブにやられた感がありましたね。
今話題の白洲次郎が絡んだとか、ドイツへ持っていったとか、ウンチク関係のソフトも充実し、その後訪れる“ハイソカー”ブームやバブルへと続く豊かな80年代の幕開けを象徴する車だったと思います。

投稿: シンちゃん | 2009年3月 9日 (月) 05時59分

初代を見たとき驚き、二代目のキープコンセプトにそうだろうなぁと。三代目、なんとも表現しにくい、別の車になりましたね。
レクサスとなってソアラよりよくなったことは事実です。

投稿: イノウエ | 2009年3月 9日 (月) 22時55分

シンちゃん

80年代を引っ張った車です。
2.8リッターの廉価版としてのツインカムターボですが売れましたね。

投稿: イノウエ | 2009年3月 9日 (月) 22時58分

最新号のAHEADに白州次郎さんの話が出てました。
http://www.ahead-magazine.com/top_homme.html
初代ソアラは買われたそうで、色々文句を付けた由。その幾つかは二代目に反映されたそうですが、発売数ヶ月前に御亡くなりになったとか。NHK「白州次郎」には911、ベントレー、ラムダも登場するのでしょうか。

投稿: gop | 2009年3月10日 (火) 18時08分

gop さん

NHKに乗った車、登場して欲しいですね。

白州次郎さんが乗ったといわれるTRIUMPH TR 2をアップしておきました。
私の聞き間違いだったらゴメンナサイ。
尚、この車輌は、親族の方が運転されていました。

投稿: イノウエ | 2009年3月11日 (水) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/44213397

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ ソアラ / TOYOTA SOARER:

« Saturn SC / サターン SC | トップページ | ポール フレールの世界 / 未発表傑作選:別冊CAR GRAPHIC »