« てんとう虫の聖地のカブト虫 / フォルクス・ワーゲン | トップページ | 街角の車 : フィアット プント カブリオレ »

2009年6月 3日 (水)

街角の車:日産ラシーン

B13型サニーの4WDをベースに作れたラシーン。
最近は見かける機会が少なくなりました。

0_img_07611993年10月の東京モーターショーで公開されたフルタイム4WDのコンセプトカーが始まり。

0_img_07641994年12月に市販開始。悪路は苦手、今のSUVの元祖かも知れません。

0_img_0880当時、niftyには専用の部屋がありました、懐かしいです。

0_img_0965Be-1と同じ色、懐かしいです。

|

« てんとう虫の聖地のカブト虫 / フォルクス・ワーゲン | トップページ | 街角の車 : フィアット プント カブリオレ »

コメント

こちら(函館)ではよく見かけます。
残存率が高いのでしょうか。

行きつけの床屋さんもこれをお持ちですが、潰れるまで手放すつもりは無いと仰ってました。
また、免許取得したての【副業先】の女性が真っ先に欲しいクルマに挙げていたのがこのクルマでした。
(結局、彼女はラパンを買いましたが)

こうして身の回りで起こっていることを見聞きすると、気に入ってしまうと案外代えの効かないクルマではないかとおもっています>ラシーン。

投稿: nan | 2009年6月 4日 (木) 00時21分

non さん

赤い方は、当時のナンバー、下の方は、最近入手したと思われる固体です。いづれも程度が凄く良いので、nonさんがおっしゃる通り「代えの効かないクルマ」なのかも知れませんね。
当時のnifty fnrasは熱かったですね。

投稿: イノウエ | 2009年6月 4日 (木) 01時18分

あんまり印象に深い車じゃ無いのですがコアなマニアが結構居るらしいです。
と言うのも小平あたりの五日市街道沿いにラシーンだけの専門店が有り結構強気のプライスが張られていてビックリしました。
 しかも通りかかる度入れ替わってるので結構売れてるのかな?

投稿: うんちく | 2009年6月 4日 (木) 05時38分

うちの近所にもフォルザの奇麗なのが1台生息しています。

クロスオーバーSUVの元祖なんて言われますが、出た当時は「なんか東ヨーロッパのクルマみたいだ」と思いました(笑)。

投稿: akira isida | 2009年6月 4日 (木) 05時57分

>うんちくさん
その筋の方にお聞きしたところ、ラシーンは「足が速い」商品の由。
ディーラーさんにも、時々問い合わせがあったりするそうで、根強い人気があるそうです。
日産の「パイク・カー」は全般にそのような傾向にあるようで、これはこれでよろしいのではないかと。
個人的にはキューブとラパンが、この辺りのニーズを上手くキャッチしているように思います。

投稿: nan | 2009年6月 4日 (木) 22時45分

うんちくさん

フロントグリルなどがオリジナルパーツで変更されたモデルもあるようですね。人気の高さ、初めて知りました。
ありがとうございます。

投稿: イノウエ | 2009年6月 5日 (金) 00時26分

ishida さん

私も雰囲気からロシアの車のパイクカーと思いました。

ラシーン、気づかないたでけで多くの生息があるのですね。ありがとうございます。

投稿: イノウエ | 2009年6月 5日 (金) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/45182399

この記事へのトラックバック一覧です: 街角の車:日産ラシーン:

« てんとう虫の聖地のカブト虫 / フォルクス・ワーゲン | トップページ | 街角の車 : フィアット プント カブリオレ »