« MOTOBI 48 sports | トップページ | 子安の風景 »

2009年7月30日 (木)

街角の車 : トヨタ MR-2

1984年、フィアットX1/9と同じ手法で作られた
日本初のミッドシップシップ、MR-2が誕生した。

0_img_0531    

0_img_0537

|

« MOTOBI 48 sports | トップページ | 子安の風景 »

コメント

以前、初代CR-Xを購入したとき、最後まで迷ったのが、初代MR2です。
スタイル面では、好き嫌いが分かれるようですが、車全体を見渡してみると、極端なスポーツ性を追うのではなく、スポーティなランナバウトであるという明確なコンセプトを貫き、トヨタらしい割り切りもしっかりしている、佳作だと思っています。
こちらでもたまに見かけますが、やはりこの位のサイズの低く座らせるランナバウトというのは魅力的です。

と、いうことで、噂のiQベースのアレには、ちょっと期待していたりして(笑)。

投稿: nan | 2009年7月30日 (木) 01時30分

最初に運転したときに鼻の軽さやステアリングに対する応答の敏感さに驚きました.それだけ当時の国産車のハンドリングが全体にダルだったということでしょう.

初代なら,あえて1.5L OHC版のほうがシティコミューター的なキャラクターで面白い気がします.

撮影場所は子安ですね,2枚目はあの歩道橋の上ですか.

投稿: akira isida | 2009年7月30日 (木) 08時55分

うちの父が1.5Sと1.6G-L.T.D.SC乗ってました。
初代ロードスターも乗ってました。
因みに、現在はMR-Sです。

投稿: KEiTH | 2009年7月30日 (木) 09時02分

non さん

スポーツカーの形をした普通の車というと失礼だが、トヨタらしいスポーティな提案車でしたね。
私は当時37レビンに乗っていました。ある意味、MR-2は37より良かったです。あっ!比べちゃだめですね。

アストンのiQ、気になりますね。

投稿: イノウエ | 2009年7月30日 (木) 21時50分

ishida さん

MR-2、AW10の1.5のSOHCの方が面白かったですよね。

写真、ピンポンの子安です。
背後からいい音した車が近づいてきたので何かと思ったらMR-2でした。マクドの先で右折レーン渋滞につかまったMR-2を徒歩で追い抜きました。そして「あの歩道橋」上で右折するMR-2とタイミングが合いました。

投稿: イノウエ | 2009年7月30日 (木) 22時18分

KEiTH さん

親子でライトウエイト・スポーツ・オープンのオーナーって凄いですね。
ホンダのSとMR-S、どちらが楽しいかな?どちらも楽しいでしようね!羨ましてです。

投稿: イノウエ | 2009年7月30日 (木) 22時22分

某雑誌でMR2を企画された方のインタビューを読みましたが、なかなか面白かったです。
X1/9に触発されて、北米市場でトヨタのイメージを変えるべく企画した、ということでした。
足回りのチューニングは噂通り当時提携関係にあったロータスの手も入っていたそうですが、トヨタのチューニングのシャープを「もっと扱いやすくしたにした方がトヨタの顧客向けでは」というロータス側からの提案を受けて、チューニングを決定した、なんて面白い話もありました。

>アストンのiQ
確かに「ファニーカー」ではありますが、あまり興味無かったりして(^_^;)。
個人的に気になっているのは、登場が噂されるiQベースのスポーティーカーの方だったりします。

投稿: nan | 2009年7月30日 (木) 22時22分

non さん

ロータスの足ですね。でも、本物のロータス乗ると別の足なんてすよね。最後は依頼主の「足」となるわけですね。

失礼しました、私もレーシーなiQに興味ふります。
アストンのiQがどのように変化するのかも楽しみなんですよ。

投稿: イノウエ | 2009年7月30日 (木) 22時49分

FFユニットをひっくり返してRR(Mid)にする手法はメラックでも採用されてますね。
 ご近所に住まう知人がそのメラックをレストアしてましたがミッションごとシトローエンに載せ代え様としてフト気がついた。
 そのまんまだと前進1速の後退5速になっちゃうんですね。
 単にデフギアの山が逆なだけなんですけどね。

投稿: うんちく | 2009年7月31日 (金) 23時02分

うんちくさん

バックは1速でも、CVTのように走れるように思いますが・・・。

エンジンを2stのように逆回転させれば問題ない、と考えます(笑)


投稿: イノウエ | 2009年8月 1日 (土) 00時51分

>最後は依頼主の「足」となるわけですね。

結局そこが「エンジニアリング」が生き残り「カーズ」没落した原因ではないかと。
ロータスを主張するのもアリですが、SW10系のように万人への軽量スポーティランナバウトというコンセプトを、よく理解した上での判断でしょう。しかも成功していますし。
今年の東京ショーで発表が噂されるFRスポーティクーペも、トヨタらしい「ちょいユル」を期待してます。
ハード路線は富士重のお客さんが喜んで受け入れるでしょうから、トヨタ版は、その「ユルさ」でいろんな人を振り替えされて欲しいところです。
iQ「スポーツ」は、当初は現行iQのコスメティックチューンド、その後はクーペかロードスターなんていってますので、ちょっと期待してます。

#それにしてもBC最新号の「ミニ・ロードスター」って、本当ですかね。
 本当だったら、かなり魅力的かも。

#実はCR-ZX(!?)には、あんまり期待していないカモ。

投稿: nan | 2009年8月 3日 (月) 02時40分

non さん

トヨタと富士重工と両方から市販されるので、走りに振ったは富士重工、ちょっとユルいのがトヨタとなるのでしょうね。

iQスポーツ、どのような派生車なのか楽しみですね。
楽しみといえぱBC誌の「ミニ・ロードスター」本当なら嬉しいですね。
通常モデルは1.3、モア・パワーは小型タービンのターボとか。

投稿: イノウエ | 2009年8月 3日 (月) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/45749477

この記事へのトラックバック一覧です: 街角の車 : トヨタ MR-2:

« MOTOBI 48 sports | トップページ | 子安の風景 »