« SpringMeet2009 (21) : 三車三様のスピットファィヤ | トップページ | SpringMeet2009 (23) : オースチン・ヒーレー スプライト »

2009年7月 6日 (月)

SpringMeet2009 (22) : トライアンフ TR4/TR4A

ジョバンニ・ミケロッティ デザインのトライアンフTR4/TR4Aです。    

0s_img_2038TR4A/TR4  

0_img_1985 TR4  

0_img_1986TR4

0_img_2039TR4A
0_img_3362TR4A
地球儀がエンブレム

0_img_2041TR4  

 

    

   

|

« SpringMeet2009 (21) : 三車三様のスピットファィヤ | トップページ | SpringMeet2009 (23) : オースチン・ヒーレー スプライト »

コメント

イノウエ様>TR4は、好きでしたね。グリルの中にライトを配して、そのフレアーがボンネットに残って、見事にTR3をモダナイズしました。フォルム全体のデザインも切れがあって、リヤのテールもピンと張っていますし、一分の隙もない!と言う感じがします。4Aからのトライアンフのマークは、イギリスだけにとどまらずに世界を目指す!と言う心意気の現れでは無いでしょうか?。

4Aになって、サイドのウインカーが大きくなったのは、対米規制なのでしょうか?。

投稿: 大内 誠 | 2009年7月 6日 (月) 00時57分

ミケロッティのこのシリーズのデザインは,ホイールアーチの後半部を直線的に斜めに流したのが効果的ですね.スピード感を表現できていると思います.

セダンのヘラルド/ビテスも同じ処理ですね.以前ビテスが近所にありましたが,サイズの小さめなスポーツサルーンとして魅力的でした.

拙Blogにも記事あげてましたね.
http://web.me.com/a_isida/Passegiata/Blog/エントリー/2008/9/28_トライアンフ.html
これも「がばっと」系でした(笑).

投稿: akira isida | 2009年7月 6日 (月) 17時00分

大内さん

4Aはアメリカの保安基準と思います。
今もそうですが、「アメリカ基準で車はカッコ悪くなる」と思っている筆者です。

4Aの地球、イギリスが中心で日本は切れて存在がありません。

基本TR3ですが、ミケロッティが上手にスポーティに仕上げていて見事と思います。4Aからセミトレになり生産量の大半が輸出されました。
偶然にも、マツダ・ロードスターが同じように生産量の大半が輸出されています。

投稿: イノウエ | 2009年7月 6日 (月) 23時45分

ishida さん

TRシリーズって、小さい車なんですよね。

blog、覗いてきました。
あぁ、あったあったと昨年秋の記憶が蘇りました。

おっしゃる通り、直線的な斜めの線でスピード感が表現されていて、旨いですね。

投稿: イノウエ | 2009年7月 6日 (月) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/45479958

この記事へのトラックバック一覧です: SpringMeet2009 (22) : トライアンフ TR4/TR4A:

« SpringMeet2009 (21) : 三車三様のスピットファィヤ | トップページ | SpringMeet2009 (23) : オースチン・ヒーレー スプライト »