« 日産グローバル本社ギャラリー (5) / ダットサン14型ロードスター | トップページ | 木漏れ日の中で / TY-175 »

2009年8月21日 (金)

カー・デザインの歴史 -NISSAN情熱と機能美-

日産自動車のカーデザインの歴史展が10月3日(土)より平塚市美術館で開催されます。
佐藤章蔵さんのデザイン原画も展示されるそうです。

「カー・デザインの歴史 -NISSAN情熱と機能美-」
日時 2009年10月3日(土)~11月29日(日)
    9:30~17:00
場所 平塚市美術館 (休館日:月曜日)

0_img_1464 60年代のカーグラフック誌にイミターシォ・セシリというペンネームで活躍されていた佐藤章蔵さん。

|

« 日産グローバル本社ギャラリー (5) / ダットサン14型ロードスター | トップページ | 木漏れ日の中で / TY-175 »

コメント

イノウエ様>セシリさん情報をありがとうございます。当時のカーグラは、こういう地味ですが、味わいのある記事が良かったですね。ご子息の潔人さんとは、お会いしてお話しした事がありました。アメリカでトランザムレースカー乗っていらしたと言う事で、左足のふくらはぎを見せて頂きました。極端に思いクラッチのためで、右足より倍くらいの筋肉が!。潔人さんは、当時ある大学の講師をなさっていたのですが、話が弾んでしまい、秘書の方が「先生、もうお時間が、、、。」「かまわん、今日は休講だ!。」と。もうずいぶん前のお話なので、時効と言う事で、お許しを。

投稿: 大内 誠 | 2009年8月21日 (金) 09時36分

今晩は。
日産ネタついでに1つ推理を。

ルノーと一緒になった頃、トヨタやホンダ始め、世界の主要メーカーがF1行きましたね。
ルノーと一緒になりそれまでのルマンを始めレース出来なくなり、ゴーンCEOが何処まで考えていたか?なのですが、
会社の士気・F1はゴーン出身のルノーがやっていて、それでも世界的インパクトある事を考え、レース出身の水野さんを立たせニュル狙わせたのでは。
しかもそれをあえてノーマルでやる事がミステリアスな可能性、インパクトが絶大な事になり、F1、だけでなく世界的なレースでの掛かる収支のバランス、トップ(表彰台)に上がらないとブーブー言われる世界と違い、それも若干の商品益も得られるとなり、GOとしたのでは。
これ、けっこうイイ線行ってると思うのですが!

投稿: シンちゃん | 2009年8月21日 (金) 20時57分

大内さん

日産のギャラリーの最後は、このデザイン展のアップと。
教えて頂いた、セシリさんのイラストと差し替えました。
ありがとうございます。

投稿: イノウエ | 2009年8月22日 (土) 00時18分

シンちゃん

日産ファンのシンちゃんらしい推論ですね。本当のところはどうなんでしょうね。

そうそう、ルノーF1は日産の技術も入っていて、エンジニアの方もチームに参加していましたよ。

投稿: イノウエ | 2009年8月22日 (土) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/45983983

この記事へのトラックバック一覧です: カー・デザインの歴史 -NISSAN情熱と機能美-:

« 日産グローバル本社ギャラリー (5) / ダットサン14型ロードスター | トップページ | 木漏れ日の中で / TY-175 »