« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

16th MASERATI DAY / マセラティ ディ (1)

第16回 MASERATI DAYが東京タワー周辺で開催されました。
日本を代表するデザイナー、写真家、イラストレーター・・多くの著名人が、新旧のマセラティを囲んで話が弾んでいました。

Img_5901ジウジアーロの3台
ギブリ、ボーラ、メラク

Img_5946クアトロポルテ、ミストラル、ギブリ

Img_6036ギブリ、ミストラル、クアトロポルテ、ボーラ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

Fairlady Z 40th Anniversary (6) / 240 Rally (S30)

240Zは、WRC、国内外のレースで大活躍。71年、73年のサファリラリーでは総合優勝、クラス優勝、チーム優勝と3冠を達成、さらに、72年の雪のモンテカルロラリーで3位に入賞しています。

0_img_2154_mobteモンテカルロラリー3位

0_p1010037_safariサファリラリー優勝

0_p1010047_safari   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

BMW Vision EfficientDynamics

センターにリチウムイオンと軽油タンクを配置、後輪の車軸上に1.3リッター3気筒ディーゼル・ターボとモーターを並列に配置したコンセプトカー。  

P1030542 

P1030547_2    

P1030549     

P1030554  
P1000140    
P1000141    

  

  

  

  

  

photo : autanacar

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

Fairlady Z 40th Anniversary (5) / 432R (S30)

日産用に20台、一般ユーザー用に30台の合計50台が製造された432R。当時、A級ライセンスを持っていないと購入できなかった。その敷居の高さが影響して売れ残り、最終的に大幅割引、通常の432より安くなったという。現在の市場価格はトヨタ2000GTより高額といわれている。

Img_1322432R

0_img_2004_432r

0_img_1949_432r S20 ENGINE

0_img_1951_432rCOCKPIT

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

街角の車 : オープンカー

街角のオープンカー。

見かけることが少ないと思われる3台、エクリプス、アストンマーチン、ベントレー。

0_img_5532_o三菱エクリプス

0_img_5537_oアストンマーチン
V8 Vantage

Img_5782ベントレー
コンチネンタルGTC

  

  

   

 

0_img_5534_o比較的、見かけることが多いベンツSLK。

0_img_5546_o_2見かけることが少なくなりつつあるアウディTT。  

0_img_5535_oコルベットの中では見かけることが少ないC4モデル。

0_img_5424_oマーチC+C
1500台の限定販売。

0_img_5543_o最新のアウディ、スタイリッシュです。

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

Fairlady Z 40th Anniversary (4) / 432 (S30)

ソレックス ツインチョークキャブレターを3基装備したS20型エンジンを搭載したフェアレディZ432。432は、4バルブ・3キャブレター・2カムシャフトを意味している。

0_p1010001_432 432

0_p1010003_432    

Img_1307    

0_img_4358_432gGノーズ、オーバーフェンダーを装着した432

0_img_4359_432   

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

COPPA DI TOKYO 2009 / コッパ ディ 東京(1)

11月23日、コッパ ディ 東京が東京都港区汐留イタリア街(汐留シオサイト5区西街区)を中心として開催され、約100台の希少な車両がヒストリックカー・ランを行いました。
大会名誉顧問の小林彰太郎さんもご子息と愛車ジュリエッタSZで参加されていました。

Img_5822   

Img_5737   

Img_5762   

Img_5725   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

Fairlady Z 40th Anniversary (3) / 240ZG (S30)

S30型フェアレディZの最上位モデル「240ZG」。

G(グランド)ノーズの装着で全長が190mm伸ばされ、FRP製オーバーフェンダーで60mm拡大されボディを持つ国内専用モデル。タイヤも初めてラジアルタイヤが(175HR14)が標準装備された。  

S20_240_img_1142 Gノーズとオーバーフェンダーが240Zを象徴するスタイル

S30_img_1075パトロールカー

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

Trabant nT

旧東ドイツの国民車「トラバント」が2009年フランクフルトショーで「EV」となって復活しました。

乗車定員は、5名(大人4名、子供1名)。軽量化のために4Drだったコンセプトを2Drに変更したそうです。

リチウムイオンバッテリーは、一晩の充電で160kmの航続するそうです。2012年までに量産を計画しており、そのための出資者を募っているそうです。市販価格は、約2万ユーロと予想されています。

0_p1030430デザイン担当は、ニルス・ポシュワッタ。VW、AlfaRomeoのインターシップを経てVWに入社。その後フリーランスとなり、大学で講師務める。
  

0_p1030433    

0_p1030434     

0_p1030435      

  

  

  

  

 

photo : autanacar

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

2009JR名古屋駅イルミネーション「タワーズライツ」

JR名古屋駅のイルミネーション「タワーズライツ」、きっと第一回から見ていると思う。
2009年のテーマは「夢の散歩道」、居眠りしている子供が夢の世界の四季を散歩するという設定。2階のタワーズテラスは、昨年までの「ベア」からTVの人気キャラクターに変わっていた。それは、地デジが垣間見えるシーンでもあった。

0_img_5453_n   

0_img_5442_n    

0_img_5450_n    

0_img_5461_n    

0_img_5456_n    

0_img_5463_n    

0_img_5506_n    

0_img_5477_nメーテレ「ウルフィ」(左)   

0_img_5499_n東海テレビ「わんだほ」    

0_img_5486_nTくん&トミカはイルミネーションではありませんでした。大きなトミカが魅力的です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

街角の車 : アルファロメオ

少しだけ時間がタイムスリップした瞬間。

坂を下ってくるスパイダー、通り過ぎた道路の向こう側には164が・・・。
90年代前半のアルファロメオなひと時でした。

0_img_2752_asスパイダー
シリーズ4

0_img_2769_al164

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

街角の車 : 三菱 i-MiEV

走り始めた電気自動車。
課題は多く存在するが、まず走り始めたことに意義がある。

三菱Gr企業の多い千代田区、港区では三菱i-MiEVを見る機会が増えました。

0_img_3136_imiev丸の内では地域の安全パトロールカー(青パト)が10月1日より走り始めました。

0_img_2836_imiev充電の後、フタを閉めることを忘れることが増えるのでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

Fairlady Z 40th Anniversary / 日産ギャラリーオリジナル 歴代フェアレディZポストカード

日産 グローバル本社ギャラリーで開催されていた「フェアレディZ誕生40周年」記念イベントも今日18日までとなりました。
今回のイベントは、日産ギャラリーオリジナルのポストカードがプレゼントされていました。10月31日までS30、S130、Z31とZ33のデザインスケッチ、11月1日からはZ32、Z33、Z34とZ34のデザインスケッチでした。

0_img_5423_z限定8種類のオリジナル・ポストカード

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

ホビーフォーラム2009

横浜・赤レンガ倉庫で開催されたホビーフォーラム2009。
ミゾロギさんが出展されていたレプリカンパニーを中心に見学してきました。
そして、モデラーの方々の力作に圧倒されました。

Img_5322ミゾロギさん(右)とひろっしさん(左)のディーノ。

Img_5327ひろっしさんのフルスクラッチの「イオタJ」。

Img_5329ミゾロギさんとグッドスマイルレーシングさん(右)のスカラブ。

Img_5350ミゾロギさんとイチヤマさんの紙のクルマ。
No.18は最新作のマスタング。 

   

   

 
会場で気になった「一台」

Img_5342バードゲージ75
タイヤは銅板で製作されています。

Img_5363フルスクラッチのバイオレットのWRC車両。とても希少な一台です。

Img_537689%引きで購入したエグゾト 1/18シャパラル(右)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

Fairlady Z 40th Anniversary (2) / S30

初代フェアレディZ(S30)
1969年10月に発表され11月より販売が開始され、アメリカで大好評、日本を代表する2人スポーツカーとして高い評価を得ました。

S30_img_5310S30型のスケッチ

S30z_a_270年代後半、ダート走行を楽しむ筆者。

0_s30z_2_274年、日産ショールで撮影した2by2。このディーラーは、73年モンテカルロラリーで3位に入賞したZのポスターを売って頂いた店舗です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

Alafa Romeo MiTo IMOLA Limited Edition

MiToの150台限定の「IMOLA」の市販が始まり、
アルファロメオ松戸 ↓ で実車を見てきました。
http://www.alfaromeo-matsudo.jp/

とても綺麗な「黄色」です。

MiToの試乗リポート ↓
http://cgc5081.cocolog-nifty.com/cgc5081/2009/04/post-b6ea.html

0_img_5269_mito   

0_img_5268_mito   

0_img_5266_mito    

0_img_5271_mito    

0_img_5274_mito    

0_img_5278_mito    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東京モーターショーで見たかった車 / MX-5 SLV (3)

未来からの贈り物。
このスーパーライトバージョンは、次期NDロードスターが目指す姿かもしれない。

フランクフルトショーが開幕して、ヨーロッパから「スーパーライトバージョンは限定販売される」という話が流れてきた。ラディカルとかクロスポウが市販されているのだから、このフロントウィンドのないスーパーライトバージョンが市販されても何らおかしくはない。

フロントウィンドが無くなり、ロングノーズ、ショートデッキという、クラシカルで伝統的なスポーツカーにも変身したMX-5。「乗りたい、欲しい!」と購買意欲をそそるオープンスポーツ、是非とも市販して欲しいと思う。  

Mazda_mx5_slv_stil1    

Mazda_mx5_slv_act05    

Mazda_mx5_slv_act08      

Mazda_mx5_slv_act01    

Mazda_mx5_slv_stil3    

 

  

   

 
photo : MAZDA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

東京モーターショーで見たかった車 / MX-5 SLV (2)

フランクフルト郊外のマツダ デザインセンターでデザイン、製作されたMX-5 スーパーライトバージョン。

フランクフルトショーで公開されたのは「白」ボディ。製作中の車両は、赤の左ハンドルと銀の右ハンドル。いったい何台のスーパーライトバージョンが製作されたのだろう。

右ハンドルのスーパーライトバージョンが製作されたことを知っていたので、東京モーターショーで「日本に来る」と思いプレスディで真っ先にマツダブースに駆けつけたわけです。サプライズを期待して・・・サプライズなく残念でした。

もしかすると、次期ロードスターのスタディモデルとして「世界の何処か」を走っているのかも知れませんね。

Mazda_mx5_slv_peop8Chief Designer
Peter Birtwhistle
Mazda_mx5_slv_peop5_2開発担当者の皆さん

Mazda_mx5_slv_dev04右ハンドル・・イギリス仕様? 

Mazda_mx5_slv_dev10   

Mazda_mx5_slv_dev20    

Mazda_mx5_slv_dev28この赤の左ハンドルが白となったのか、赤は赤で存在するのか疑問は深まるばかり。  

Mazda_mx5_slv_dev29    

  

   

  

  

photo : MAZDA

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

東京モーターショーで見たかった車 / MX-5 SLV (1)

10月21日 東京モーターショー マツダブース。

サプライズで「MX-5 SUPERLIGHT VERSION」が、展示されることを願っていたのですが、願い叶わず。

ということで、フランクフルト モーターショー マツダブースのMX-5 SLVです。

0_p1010281_mx5 MX-5
スーパーライトバージョン  

0_p1010283_mx5    

0_p1010284_mx5    

0_p1010290_mx5     

0_p1010292_mx5     

   

   

   

  

photo : autanacar

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

曙ブレーキ / 東京モーターショー

2007年からボーダォン・マクラーレン・メルセデスにブレーキを供給している曙ブレーキ。
東京モーターショー 曙ブレーキブースに展示されていたF1は、09年モデル唯一の一台です。
曙ブレーキは、ブレーキ専業メーカーとして創業80年の歴史を持つ会社です。国産車のディスクブレーキ用パッドの純正採用シェアは40%(08年)、新幹線のブレーキキャリパー・パッドのシェアは約50%。摩擦材のあるところ曙ブレーキありですね。

また、ヨーロッパメーカーの日本向け仕様には曙ブレーキのパッドが多く採用されているそうです。また、F1参戦以降、ヨーロッパで使用する車両にも純正採用が多くなり、最近では、ベンツEクラス、アウディA8などにも採用されているそうです。

余談ですが、私の乗っているロードスターなどは曙ブレーキの子会社ネオストリート http://www.neostreet.co.jp/ で「プレーキダスドは出るが落ちやすく、初期から制動力が立ち上がり、コントロール性の良いパッド」を作ってもらっています。(製造は曙ブレーキ)仕様が決まれば、納期は一週間程度です。ネオストリートでは、個人向けの特注製品は、日本車、輸入車の年式を問わずパッド(ディスク)、シュー(ドラム)を製造して下さいます。

0_img_4721_a09年モデル
マクラーレン

0_img_4727_aF1用ブレーキ

0_img_4729_aENKEI製F1ホイールの奥に見えるブレーキ

0_img_4730_aダクトはこのようになっています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

マツダ次世代エンジン / 東京モーターショー

マツダが公開した次世代内燃機関「SKY-D」、「SKY-G」。

ハイブリッド、電気が一世を風靡した今回のモーターショーで一番輝いていました。
清(KIYORA)は、1.3リッターエンジンでインサイトの燃費を超える10・15モード 32km/Lの実力を持つ。
実際には、デミオから100kgの軽量化、新しいミッション、エネルギー回生システム、アイドリングストップ、エンジン本体によるものです。
軽量化技術は目立たないですが、コツコツと小さい技術を積み上げる、凄いと思います。

SKY-Gには、マニュアル・ミッションも準備されていること。
広島で開催されたロードスター20周年記念で「次期ロードスターは小さくなります」という公式リリース。
筆者が想像すると次期ロードスターは、デミオクラスの大きさで1.3~1.5リッターのSKY-Gエンジンを搭載、車重も1トンを切る。もちろんマニュアル・ミッション。2011年のモーターショーが楽しみです。

0_img_4551_skygSKY-Gエンジン
2011年CX-5に搭載されてデビューする模様。

0_img_4549_skydSKY-D
2012年に日本に投入するという2.2Lディーゼル・ターボ。次期アテンザに搭載される模様。

0_img_4544_kiyora清、CX-5として登場する模様。

0_img_4635_kiyora   

0_img_4636_kiyora    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

Nicole BMW デザイン・カー・アート・コンテスト / 東京モーターショー

毎回、東京モーターショーのアルピナブースは、美しいミニチュアカーを展示してくださっています。
今年は「アート コンテスト」が開催されていて、使用したのは1/18スケールのBMW 1シリーズ(5Dr)です。

0_img_4538_alp入賞した作家さんの顔写真付きのプロフィールが添えてありました。   

0_img_4539_alp展示はこのようになっています。  

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

1/6 ムルシエラルゴ / 東京モーターショー

マニーロードのブースに素晴らしいワンオフのミニチュアカーがありました。

仕様:全長:768mm  全幅:343mm 全高:189mm 重量:7.2kg
ボディ:カーボン、窓:ガラス、ブレーキローター:鋳物、マフラー:ステンレス、ガルウイングドアはダンパー開閉、ホイール:アルミ削りだし、内装:本皮・・・など全て本物のムルシエラルゴと同じ材料を使用して作り上げています。

0_img_5150_lmb1/6スケールのミニチュアカー

0_img_5151_lab価格:15,750,000円

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

ベスト オブ ショー(バイク) / 東京モーターショー

2009東京モーターショー

ベスト オブ ショー バイク編

ホンダCB1100
空冷エンジンをリリースするホンダに感謝です。

0_img_4562   

0_img_4614    

  

  

  

   
気になったバイク

0_img_45072009鈴鹿8時間耐久の優勝マシン
ヨシムラ スズキGSX-R 1000

0_img_4625YAMAHA YZ450F
前方吸気、後方排気の2010年モデル

0_img_4623どんなオブジェが登場するのか、毎回楽しみなヤマハブース。今年はスーパー テネレ、パリダカで大活躍していました。

0_img_46072009トライアル世界選手権チャンピオン、モンテッサ コタ4RT。ライダーはトニー・ボウ。

0_img_47202009ロードレース世界選手権チャンピオン、YAMAHA YZR-M1。ライダーはV.ロッシ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

ベスト オブ ショー / 東京モーターショー

2009 東京モーターショー

ベスト オブ ショーを選ぶとすると
スバル HYBRID TOURER CONCEPT
だと思う。

最終日の閉幕時間
Thank you!が大型ディスプレィに表示されて静かに幕を閉じる。
素晴らしいコンセプトカーをありがとう。

0_img_5178     

  

  

   

  

スバルとは逆のベスト オブ ショーは
ニッサン カザーナ。

「デザインの崩壊」と言いたくなるが、
2010年にほぼこのデザインで市販するという。

0_img_4671   

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

モータースポーツ

小林可夢偉
スカッとした爽快感のあるF1を久しぶりに見た。
来シーズンは、レギュラーシートを!
と思ったら「トヨタ F1撤退のニュース」が流れた。
継続は力、続けなければ結果は出てこない!

日本ってモータースポーツが文化として根付かない国だ。

そんな中、明るいニュースもあった。
モータースポーツを細く長く続けているマツダ。
岡山で開催されたアジアン ルマン シリーズで、マツダの副社長がチェッカーフラグを振った。フランス・マツダチームがLMP2で勝利し、来年のルマン本戦のキップを手に入れた。
ワークス参戦していなくても細く長く続けているマツダのルマン。
欧米で認められているのは、トヨタでもニッサンでもホンダでもなくマツダなのかな。
http://www.mzracing.jp/ → マツダのモータースポーツファンサイト

可夢偉、フォーミュラ・ルノー、イタリア選手権での活躍。GP2で少し足踏みしたが来シーズンは明るい話題を提供して欲しい。

0_img_1135_kamui10月に開催されたモータースポーツ・ジャパン

0_img_3872_kamuiF1でデモランする可夢偉。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

街角の車 : アバルト 850TC コルサ/フィアット500

ラリーニッポン、皇居外周路を一周して首都高へと進みます。
信号待ちしているアバルト850コルサの隣のレーンに新型500が近づいてくる。一瞬、ドライバーの目と目があっていた。

0_img_4374安全基準の違いとはいえ、現在の500は大きい。
これでも小さい方なのだが・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

街角の車 : マツダ NBロードスター モディファイド

ラリーニッポンの朝、ロードスターは偶然の並走を楽しんでいるように見えた。

ロードスタークーペのフロントマスクを移植したNBロードスター。
スーパーオートバックス製の希少な一台と思います。

0_nb_1NBとAC ACE  

0_nb_2   

   

  

  

  
photo : inoue、murakami

  

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年11月 3日 (火)

街角の車 : BMW 2002 Turing

BMW 2002 Turing。
日本に正規輸入されていない希少なモデル。

0_2002_1    

0_2002_2    

0_2002_3     

   

   

  

 
photo : inoue、murakami

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

ベルコ 96A / アローS31

軽四輪のエンジンを搭載したフォーミュラ。
最初にFLのレースを見たのは中山サーキットです。

写真の2台は現在も現役のFLです。
赤:ベルコ96A 鈴木板金
黄:アローS31 オートルック

0_img_1014_fl500ベルコ96A (赤)
アローS31 (黄) 

0_img_3535_fl500ベルコはホンダ製エンジンを搭載しています。

0_img_3359_fl500    

0_img_3361_fl500   

0_img_3369_fl500アローはスズキ製エンジンを搭載しています。

0_img_3373_fl500    

0_img_3539_fl500    

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

カーマン アパッチ / スーパーオートバックスかしわ沼南

0_img_2050ジュニアZが愛車のMさんから

  

   

「カーマン アパッチ」が、スーパーオートバックスかしわ沼南に展示されていると、10月31日写真とともに情報を頂ました。興味ある方は是非ご覧下さい。希少なレーサーです。

200910231733000童夢の林みのるさんの従兄弟、林将一さんがホンダS1300のエンジンを搭載し製作したレーサーです。
この車両製作を支援したのがフジドライブショップ、後にオートバックスを創業する住野さんです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »