« Trabant nT | トップページ | COPPA DI TOKYO 2009 / コッパ ディ 東京(1) »

2009年11月23日 (月)

Fairlady Z 40th Anniversary (3) / 240ZG (S30)

S30型フェアレディZの最上位モデル「240ZG」。

G(グランド)ノーズの装着で全長が190mm伸ばされ、FRP製オーバーフェンダーで60mm拡大されボディを持つ国内専用モデル。タイヤも初めてラジアルタイヤが(175HR14)が標準装備された。  

S20_240_img_1142 Gノーズとオーバーフェンダーが240Zを象徴するスタイル

S30_img_1075パトロールカー

|

« Trabant nT | トップページ | COPPA DI TOKYO 2009 / コッパ ディ 東京(1) »

コメント

240ZGのパトカーは日産に戻されて,いろいろなイベントに出ているようですね.

座間保管庫に戻った時点でオドメーターは37万キロを超えていたそうなので,凄い耐久性です.サファリで勝つんだから当り前か(笑).

投稿: akira isida | 2009年11月23日 (月) 08時50分

isida さん

このパトロールカーは、色々なイベントに登場しますね。

モンテ3位、サファリ優勝、凄い耐久力です。日産のグローバル本社の壁にはサファリの優勝シーンの写真がありますよね。

投稿: イノウエ | 2009年11月23日 (月) 10時23分

NYMの時にパトカー画像撮り溜めしました。
当時コレに追いかけられたら逃げ切れないでしょうね。

時間が出来たので過去の記事を遡って拝見しています。遅レスになりますが時々コメントも書きます。
このブログにもっと早く気がつけばよかったです。

投稿: 職人 | 2009年11月23日 (月) 11時02分

職人さん

240ZGの最高速はカタログデータで210km/hでした。高速で追いかけられると大半の車は逃げ切れないでしょうね。

備忘録のblogですが、宜しくお願い致します。

投稿: イノウエ | 2009年11月23日 (月) 20時16分

「Gノーズ」は松尾さんチームが発案して、試作品装着車を公道(どこだったかな)で走らせて効果を確認したというエピソードが残っていますね。今だったらいろいろな意味であり得ませんが、牧歌的な時代だったのカモ知れません。
さて。PCは30万km越えなんてざらのようです。
以前、お付き合いのあるクルマ屋さんに廃車手続きのために入庫したPCを、面白いから動態保存できないかと、乗ってみたらあっちこっちガタガタで無理だと判断した、なんて話を聞きました。
やはり日常の点検と訓練された乗員あっての運用のようです。

投稿: nan | 2009年11月23日 (月) 23時15分

nonさん

車も機械ですから、メンテナンスは必須です。最大のポイントはメーカーの部品供給ですよね。

投稿: イノウエ | 2009年11月24日 (火) 23時45分

>メーカーの部品供給

あ。一部情報によると、マツダがFD3Sの部品価格を改定した由。
えーっと、来年ウチ車検なんですけどぉ(爆)。
既に一部外装部品は欠品が出つつあるようです(汗)。

投稿: nan | 2009年11月28日 (土) 18時16分

non さん

価格アップ、欠品ですか・・私のロードスターも同様ですね。Jリミの黄色は出ないので白を買って黄色を塗るしかないのです。

投稿: イノウエ | 2009年11月29日 (日) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/46762961

この記事へのトラックバック一覧です: Fairlady Z 40th Anniversary (3) / 240ZG (S30):

« Trabant nT | トップページ | COPPA DI TOKYO 2009 / コッパ ディ 東京(1) »