« マセラティ カムシン | トップページ | スタンゲリーニ »

2009年12月12日 (土)

宇宙戦艦ヤマト 復活編

宇宙戦艦ヤマト
1974年に初回を見てから35年の歳月が過ぎた。
そして、今日12日から復活編の映画が公開される。

Img_648380年代前半(と思う)からあるヤマト1/900ダイキャストモデル。

Img_28569月に丸の内・丸善で開催された復活編のキャンペーンイベント。

   

Img_2878    

Img_2865    

Img_2867     

Img_2873地球防衛軍駆逐艦
冬月
フルスクラッチモデル
桜井信之

Img_2877     

  

|

« マセラティ カムシン | トップページ | スタンゲリーニ »

コメント

当時の映画版を観に行きました。
ジュリーのエンディング曲がお気に入りでした。

製作中の実写版は・・・ちょっとアレですけど。

投稿: 職人 | 2009年12月12日 (土) 07時14分

視聴率が全然伸びなかった当初のTVアニメ。
打ち切りの話まで出てたのに、今こんなに
なるなんて誰が想像したことか。

しかし、
今度のアニメの顔は苦手だ(笑)

投稿: 高橋@works | 2009年12月12日 (土) 09時05分

現在、書店の店頭に並んでいるこのムックで今回の「復活版」に至る道程の一端を知ることが出来ます。
http://www.modelart.jp/hw.2009.html

元々は1993年に始まった企画で、紆余曲折の末、やっと公開まで漕ぎつけた由。
#更にいうと、きっかけは1986年まで辿ることができるとか。

また、本書内でも触れられていますが、「ヤマト」に影響を受けた世代の作り手が大団円を創った、そこにも意味がありそうです。

投稿: nan | 2009年12月12日 (土) 09時55分

では続けて松本零士ネタで、
http://987.blog.so-net.ne.jp/2007-06-16-1
何故かコメントはCavallino Rampanteネタになってますが(苦笑)

投稿: gop | 2009年12月12日 (土) 10時21分

あ、コメント読むのスルーしたあたりだ。(笑)

投稿: 117おやじ | 2009年12月12日 (土) 11時25分

職人さん

さらぱ宇宙戦艦ヤマト、「ヤマトより愛をこめて」ですね。

私も実写版はちょっと・・です。

投稿: イノウエ | 2009年12月12日 (土) 18時10分

高橋@works さん

あのときは、「アルプスの少女ハイジ」とと強敵がいましたからね。

ヤマトがあったから銀河鉄道999、ガンダム、エバンゲリオンなどが後に続いたのではないでしょうか。

投稿: イノウエ | 2009年12月12日 (土) 18時15分

nonさん

情報ありがとうございます。
書店に行ってみます。

投稿: イノウエ | 2009年12月12日 (土) 18時17分

gopさん

ヤマトから999、ガンダム、エバンゲリオン、トランスフォーマー・・続きますね。
その結果、変な形のクルマは、ちょっと・・ですね。

投稿: イノウエ | 2009年12月12日 (土) 18時25分

117おやじさん

コメントすると止まらない!?
続きは19日にでも(笑)

投稿: イノウエ | 2009年12月12日 (土) 18時26分

ガンダム、エヴァンゲリオン、トランスフォーマー…と来ているのだから、マクロスも入れてくれませんか?
ひょっとして、今の『F』のイメージが強すぎるのでしょうか?(『F』でオズマ・リーがランチアデルタ(インテグラーレエヴォルツィオーネ2?)に乗っています)

投稿: レーサー三笠謙二郎 | 2009年12月14日 (月) 11時01分

レーサー三笠謙二郎 さん

はい、マクロスを入させて頂きます。
「F」とは無関係です。

投稿: イノウエ | 2009年12月15日 (火) 00時15分

> あのときは、「アルプスの少女ハイジ」とと強敵がいましたからね。

「猿の軍団」の事も忘れないであげて下さい。

投稿: Capitano | 2009年12月18日 (金) 23時46分

Capitano さん

はい、しっかりと覚えています。
追加致します。

投稿: イノウエ | 2009年12月19日 (土) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123371/46996478

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト 復活編:

« マセラティ カムシン | トップページ | スタンゲリーニ »